カテゴリー「奈良県」の3件の記事

2013年7月20日 (土)

中華そば ひのき屋@新大宮

Image_2
仏像とつけ麺を求めて、奈良県遠征。

近鉄線、新大宮駅にある、ひのき屋に行ってみた。

昼の営業終了間際にギリギリ滑り込み。

食べたのは、「煮干し塩つけ麺750円」と、ランチ限定の「ごはん食べ放題100円」。

ごはん食べ放題は、ごはんだけでなく、漬け物、生卵、カレーなんかも楽しめる。

カレーを食べたが、結構旨い。これだけでランチできるデキ。
ココイチなんかより全然いい。

カレーを食べ終えたところで、ちょうどよくつけめん着丼。

麺、目測300g、味玉1個、大きめのチャーシュー、メンマ、葱、水菜とかなりのボリューム。

麺は、氷水でしっかりしめられたコシのある細めの平打ち麺。

丼の底には水切り用の簀の子。

丁寧な仕事で◎。

スープは、丁寧にダシをとった煮干しと、豚骨スープを合わせたもの。

煮干し独特の苦味はなく、上品な味わい。

塩ダレでビシッと味をまとめており、なかなか旨い。

チャーシューは濃いめの醤油ダレ味。ロースかな。塩スープとアンバランスな味付けではあるが、悪くない。

近所にあったら嬉しい店だろう。


◆店舗情報
所在地:奈良県奈良市三条栄町4-8
営業時間:11:30〜14:00/18:00〜22:00
定休日:日祝

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:4点 +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

鯛だしそば・つけめん はなやま@富雄

鯛だしそば・つけめん はなやま@富雄
昼に食べた春日の表の顔、はなやまで「鯛だしつけ麺750円」。

麺はわりと細めの平打ち麺。しっかりとしたコシがあり旨い。

その麺を鯛だしスープに浸けて食べる。
スープは醤油。甘酸っぱい。

お蕎麦感覚のつけめんといえる。

チャーシューはホロホロ崩れるバラ肉チャーシュー。

メンマ旨い。

昼もそうだったが、けっこう小さな子供をつれ家族で来店する客もいるようだ。

子供用の小皿を用意しているあたり、なかなか気の利く店だなと思った。

そんな気配りもあり、地元民に愛されている店なのだろう。

◆店舗情報
所在地:奈良県奈良市鳥見町1-1-4 広徳マンション1F
営業時間:18:00〜24:00
定休日:水

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和つけめん 春日@富雄

大和つけめん 春日@富雄
思い付きで奈良旅行。

でも、雨。

夏に行こうと思って台風に行く手を遮られたことを思い出した。

また雨か。

ついてない。

そこで、考え方を変えてみる。

外出る人少ないから、つけめん屋の行列や、観光地の黒山の人だかりもないだろう、とポジティブ・シンキング。

で、旅行決行。

まずは昼飯。

奈良の有名店といえば、無心。無心→超こってり。超こってり→春日。無心→中野に支店あり。春日→奈良のみ。いうことで、春日へ。

この店、夜のみ営業している、はなやまという店の二毛作店。

はなやまは鯛だしを売りにした店だが、土曜昼限定の春日は、こってり豚骨。

メニューは「超こってりつけめん800円」のみ。大盛りやトッピングなども一切ない。

だから、注文せずとも席につけば「超こってりつけめん800円」が配膳される。

麺はもっちりめの太麺、目測200g。

スープはこってり豚骨スープ。なんだろう、自然な酸味がある。
個人的にはちょい苦手。
豚骨か、脂かの影響で、粉感のある一杯になっている。

チャーシューはなかなか旨い。いい味付け。
他にメンマが入ってる。

最後はスープ割りでなく、雑炊〆。

スープを割り、ごはん投入、生卵落とし、レンジでチン。最後に葱を散らして完成。

卵がかたまり過ぎだが、いいサービス。

◆店舗情報
所在地:奈良県奈良市鳥見町1-1-4 広徳マンション1F
営業時間:土11:30〜14:30
定休日:日〜金

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)