カテゴリー「大阪府」の9件の記事

2013年7月21日 (日)

幻の中華そば 加藤屋 大阪にぼ次朗@西中島南方

Image

キャプテン、福知山の花火師、パタゴニア・レッド・Tシャツ、アンチエイジングな57歳と大阪セッション。

※飲み会です

最終電車あるし、眠いし、途中離脱。

梅田からふらつきながら新大阪へ。

新大阪についたらなんだかお腹すいてきたので、有名な行列店、時屋に行ってみた。

が、パッと見、20名ぐらい行列してたので、即諦めた。

近くに、にぼ次郎なる店があったので行ってみた。

鰹、煮干しの二種類のつけめんがあったので、煮干しを選択。

「つけ麺にぼ三郎(300g)野菜増し750円」。

にぼ一朗(100g)、にぼ一朗半(150g)、にぼ次郎(200g)、にぼ三郎(300g)全て同額。

にぼ四郎(400g)+100円。にぼ五郎(500g)+200円。
野菜増し、脂増し、タレ増しが存在する。

店のネーミングから二郎インスパイアと思いきや、これは新潟県燕三条市のご当地ラーメン、燕三条系ラーメンだね。

燕三条系とは、煮干し醤油スープに背脂を投入したラーメン。

ステンレスの街、燕三条の工場のオッチャン達のソウルフード。

熱心なつけつけ日誌読者ならば、何度も読んだorスルーしたであろう、どっかんと同系統のつけめん。

スープは煮干しの苦味をバキッと効かせた濃いめの醤油スープ。

麺に添えられた黒炭のような煮干しは、ただただ苦いだけなので、物好きでなければスルーすべし。

麺は茹で前300gだな。コシがあってなかなか良いけど水切り悪いのが残念。

具はスープ内のチャーシュー3枚、別皿のもやしキャベツ。

ボリューム満点な一杯。


◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市淀川区西中島5-7-25
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜22:00
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:3点 CP:4点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

ラーメン人生 JET@福島(大阪)

ラーメン人生 JET@福島
仕事後、今回の出張最後の一杯。

またまた福島。食べたのはラーメン人生JETの数量限定メニュー「鶏煮込みつけ麺830円」。

鍋でフツフツと煮込んだ鶏白湯スープ。
味濃いめ。粘度高め。
今回の出張で食べた3杯の中で一番好み。

麺は全粒粉入り平打ち麺。麺単体で食べられるようなインパクトあるものではないが、スープとのバランスを重視しており、スープと絡めたときに一番美味しく食べられる麺。

具はやたらとかたいチャーシュー、メンマ、ネギ。

味は悪くない。

ちなみに麺量は目測200g。

大阪ではこの量がデフォルトという店が多い。少なくとも、昨日・今日回った3軒は全て200g。

都内は250〜300gで750円って店が多いので、物足りない感は否めなかった。

あ、いろいろ回るにはちょうどよい量、という考え方もできるか。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市福島区福島7-12-2
営業時間:11:00〜15:00/18:00〜24:30(売り切れ次第終了)
定休日:水

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

つけ麺 みさわ@福島(大阪)

つけ麺 みさわ@福島
晩飯に食べた楼蘭の麺量が少なく腹ぺこだったので、久々に連食。

さらに太るなー。土日にしっかり運動せねば。

さて、2杯目に選んだのは大阪の隣駅、福島にあるみさわの「梅干しつけ麺(200g)850円」。

つけめん本体は、残念ながらレベル低め。麺はツルッとしたタイプのもので、味はほのかに素麺ぽい。

スープは甘み強めの豚骨魚介。いい素材使っているみたいだが、バランス悪いかな。

チャーシュー小さめ。普通。

そして薬味系トッピング。

これこそ、この店の真骨頂。思わずニヤニヤしてしまう。

というのは、つじ田をベースに、六厘舎、TETSU、やすべえの食の工夫を一杯に集約していたためだ。早い話しパクリ(笑)

まず、玉ねぎ。多くの店が採用してる薬味だが、やすべえが古くから用いてる薬味。
辛みないし、いいよ、やすべえより。

次に麺上の魚粉オンザ海苔。つけめん好きなら誰でも見たことがある六厘舎スタイル。

そして食べ方の大半を占めるのは、つじ田。
1/3食べた時点で麺にすだちを搾りかけ、2/3食べた時点で黒胡椒を投入せよ、とのこと。

何も麺を食べ進める割り合いまでパクらんでも(笑)
ちょっと笑ってしまった。

で、最後はスープ割後の焼き石。TETSUですね。

なぜかスープ割は卓上のポットで行うという謎仕様。
店の人がスープ注いで焼き石投入でいいと思うけどな。

ちなみに、梅干しはペーストされたものが大葉の上に盛られていた。
麺に絡めながら食べるのだが、甘味・酸味がありおいしかった。

きびのパクリかしら?はたまたオリジナルか?

みさわさんのみぞ知る。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市福島区福島5-6-11
営業時間:11:30〜14:30/17:00〜24:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 楼蘭@北新地

麺屋 楼蘭@北新地
岡崎→名古屋→大阪。

あわよくば岡崎でつけめん、と思っていたが、疲労困ぱいで朝起きできなかったため潔くあきらめた。

で、まともに昼飯食べる時間もなく大阪20:00。

空腹感MAXな状態で、大阪駅界隈で人気の楼蘭へ行き、「柚子しおつけ麺780円」をオーダー。

ブルターニュ(仏)、福建(中)、沖縄(日)の天日干塩を使っているらしい。

そのままスープを飲んでみると塩気強めのスープだが、麺を浸して啜ると程よい優しい味わいになる。

柚子?ん〜〜、入っているかわからん量。

あとは、スープの温さが残念。チャーシュー、ほうれん草、メンマ、湯葉、ネギ、と具だくさんであるが故の温度低下だろう。

麺は200g程度と少なめ。

少し期待し過ぎたかな。悪くないけど評価は中の中ってところ。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市北区梅田1-2 大阪駅前第2ビルB2F
営業時間:11:00〜21:00  日祝11:00〜20:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

麺元素@天満

ラーメンデータベースで大阪No.2の群青にいったが、昼で完売しており夜営業なし。。

このため天神橋筋六丁目近辺にあるつけめん出してる店、必死に探しましたよ。
で、見つけました麺元素。

天神橋筋六丁目(天六って略すっぽい)から天満に行く途中にある、すごい大阪っぽい?商店街にある店。結構新しい店みたい。

注文したのは、「つけ麺(魚系しょう油)760円」。

Rimg0817

魚系は、うおけい、と読む。

ちなみに他に鶏辛みそもある。

味は名前のとおり。魚介強めの醤油スープ。小ぶりの煮干し、干し海老がまるまる数匹入っているのが面白い。

麺はなかなかイケてる、全粒粉入りの細麺。強い弾力があり、良い食感。

肉や玉子も旨い。

平均よりちょい上の優良店。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市北区天神橋5-2-16
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜21:00  日11:00〜19:00
定休日:月

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮田麺児@心斎橋

大阪出張帰りにアポなし訪問2件。

訪問先はもちろん…つけめん屋!

行き先告げたのは、お客さんと飯食いに行く先輩のみ。

つけめん開拓は一人行動がベストなため、東京に帰るだけの他の方々には一切行き先を告げなかった。

なぜなら、旨い/まずいを気にせずフラッといけるから。仮に一緒に行ったとして、まずかった時のガッカリ感漂う感じがイヤなわけです。

同じ志しを持つ、つけめん開拓者ならまだしも、つけめんに興味ない人に食べてもらうのなら尚更。

まぁ、それ以前に一緒に行く、という人が皆無なのだが…(泣)

前置きはこれくらいにして、1件目、宮田麺児のレビュー。

つけ麺王子こと、お笑い芸人のシャンプーハットてつじがプロデュースした店。

今年の大つけ麺博@浜松町に出店しつた店でもある。関東圏でのネームバリューの無さからか繁盛してなかったが、個人的には好評価だった。

なので、結構期待して訪問。

この店のコンセプトは“麺を楽しむ”

てつじ考案のオリジナル麺「T2G」、内麦平内麺「JF」、麦芽香太麺「NB50」の3種類の麺がある。特徴的なのは麺単品注文。350円で追加でき、一度に複数の麺を楽しめる。

食べたのはスタンダードな「T2G(並)850円」のみ。

Rimg0815

喉越しを楽しむタイプの麺だが、小麦の風味もありなかなか良い。

大つけ麺博のT2GDの方がおいしい麺だったが、オリジナルのT2Gも十分うまい。

スープは野菜比率の高い、トロミのあるスープ。大つけ麺博のときに、やるね!と思ったのだが、本日食べたコレはトマトの酸味が強めに出ててバランスを欠いていた。もったいない。

具は穂先メンマに半味玉。肉はなし。

…これは驚いた。麺180gと少なめで、肉なし。

実店舗の一杯が、大つけ麺博と同等のコストパフォーマンスの悪さとは…。

味もよく、コンセプトも素晴らしいのに、この金儲け主義的なスタイルには嫌悪感を覚える。

肉をつけるか、150円引きにすべし。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-13-5
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

らーめん弥七@中津

8月の名古屋・大阪出張時に弥七のつけめんを食べ逃してから、大阪出張の今日を心待ちにしていた!

なぜか?

それは2005年に弥七のことを知ってから今まで行く機会をうかがっていた店だから。

関西方面は見たい競馬のレースがあれば日帰りでも行く。しかしながら、弥七は土曜・日曜・祝日休み、かつ、16時までの営業というハードルの高い店。

有休を取らねば、まず行けない。

ならぱ仕事と絡めて(不謹慎!)…といきたいところだが、大阪は自分の担当範囲外で会社の先輩が担当している。

奇跡的に大阪近辺の府・県の出張が入っても、仕事前、帰り際に立ち寄ることが不可能。

そんな訳で前回の出張は千載一遇のチャンスだった。そのチャンスを逃したものだから、くやしーです!(ザブングル風に)としかいいようがなかった。

このため、今回の出張には並々ならぬ弥七のつけめんへの思いが溢れていた。

「業務時間の前だし、他の人より早く集合場所着くし、不謹慎さは一片もないと思います、むしろ時間前行動、よくできました、だと思います。」と自分の行動を肯定し、のぞみで大阪を目指す。

15時からのイベント開催のため、13時に大阪某所に集合だったが、弥七のために10時半に大阪上陸。

電車を乗り継ぎ中津で下車、11時ちょっと前に弥七に到着。

そこには既に10名前後の人の列。2ロット目を覚悟したが、幸運なことに1ロット目最後の一人だった。本当は前にカップルがいたのだが、残り一席だったため譲ってくれたのだ。

お二方に感謝し、席につく。

店の奥の客から順に注文したメニューが渡されていく。その都度、あと3人、2人、1人…と指折り数える。
そして、自分の番。スープ→麺→ごはんの順に「つけ麺850円+中盛り70円+へためし350円」を手渡された。

200810161121

眼前に恋い焦がれた弥七のつけめん。三年ごしの悲願達成。感無量。カメラに絵をおさめるだけでニヤニヤが止まらない。

そういうどうでもいい話はさておきレビュー。

見た目からして風格漂う。

麺は中太でこしがあり旨い。おいしいつけめん屋のそれ。
が、この麺は弥七のつけめんという一大叙事詩のほんの序章に過ぎない。

第二章、スープ。

東京で大フィーバー中の豚骨魚介系スープ。

ではない。

鶏白湯スープ。

時系列的にはフィーバー前にこの味が誕生しているのだが、新しい味に出会った。ありがとう。っていうのが一口目の感想。

二口目、スープを飲みながら麺を啜る。口に含んだ瞬間、少しまろやかさを感じさせるが、すぐに本質は濃いめの鶏白湯だとわかる。旨い。しかも、ちょいづけ、ぢゃぶづけ(*)、どちらもいける。

(*)ちょいづけ:麺のスープ浸水率50%以下、浸水時間3秒以下(ぐらい)
   ぢゃぶづけ:麺のスープ浸水率100%、浸水時間3秒以上

これだけでも十分満足なのだが、このスープはこれだけでは終わらない。

第三章、へためし。
麺完食後はごはんもの。タレのかかった炙りチャーシューごはん。タレがスープと混ざってしまうため、純粋なつけライスを楽しめないのが残念だったが、そのまま食べてもスープに浸しても旨かった。

最終章、スープ割り。
素ライスでなく、へためしにしたため、つけライスをあまりやらなかった。よって、スープがいっぱい残った。

たまたまとはいえ、これが大正解。

当然スープ割りしたのだが、つけめんのスープとは全く別のスープに変身したのだ。スープで目をかっぴらくほど感動したのは久々。
味というより、この劇的ビフォーアフターに衝撃が走った。

乳化スープで割るため、クリーミーで口当たりまろやか。
こんな簡単でありきたりな表現しかできないのが悔しい。それくらいオススメのスープ割り。

スープをじっくり堪能し、完食。
大満足で店を後にした。

外には大きな鞄を持ったサラリーマン(恐らく自分と同じ出張)や学生らしき風貌のグループが行列を作っていた。

やはり、大阪の実力なんだな、と再認識した。

そして、再認識したことがもうひとつ。
つけめんは東京最強という事実。

この店が東京の店に劣っているという意味ではない。むしろ、東京だったらもっと行列が長くなる店だと思う。

なぜ東京最強かというと、この店が東京の人形町から移転してきた店だから。
東京つけめんのDNAを引き継ぐ店が全国に広がり、独自に進化し続けてくれることを願うばかり。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市北区豊崎3-4-8
営業時間:11:00〜16:00
定休日:土日祝

◆評価
麺:4点 汁:5点 具:4点 量:1点 +α:5点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

にぼしらーめん 玉五郎@天満

昨日今日と名古屋・大阪出張。

名古屋は初上陸だったので、かなり楽しみだった。
本気でつけめんプラン(連食・滞在3時間半!)を立ててみた。

しかし、名古屋ではお客さんと急遽ご飯をご一緒することになり、つけめんプラン白紙→不得意なワインのお勉強。

基本中の基本、飲み方から指導いただきました。

名古屋はいいぞー(夜のお店的な意味で)、と某愛知人から聞いてたけど、宿が大阪だったのでスルー(最初からその予定だったけど)、大阪の街も不慣れなワインでクラクラ&明朝早くから仕事、という理由によりスルー。

(唐突に)プレボを買い、読む。見る。

キン肉マンⅡ世のマンモスマンの活躍に幼少時の記憶が蘇る。

ペンチマン→レオパルドン→ゴーレムマン→キヤノンボーラーの四人抜きに衝撃を受け、前述の噛ませ犬と同じくらいのコマ数でウォーズマンを闇討ちしたことに更なる衝撃を受け、いつしか自分中では最強超人になっていた。
悪魔将軍?ネプチューンマン?何ぞそれ??って感じで。

一番好きだった超人、ロビンマスクとの死闘が特に印象的で、あの散り際に涙した。まさに、七年間の感動をありがとうって感じだった。(元ネタはキン肉マンを御一読してお確かめいただければと)
そのマンモスマンと人気No.1ながら噛ませ犬でⅡ世になって格段に扱いが改善されたウォーズマンがタッグを組むなんて…

数年ぶりにキン肉マンが楽しい展開になってきた。

ちなみにノーズフェンシングとかビッグタスクとかよりもパワフルノーズブリーカーが好き。
なぜ、鼻で持ち上げて膝にたたき付けるだけで胴体が綺麗に真っ二つになるのか?…とは思わなかったけど、初戦のインパクトだと思う。好きな理由は。

とか思いを巡らせてるうちに意識が遮断され、気づくと朝になっていた。

朝、10時にひと仕事終える。

次のアポまで時間あるので有名店の弥七で早めの昼飯。

…といきたいとこだったが、今日締め切りの資料が完成にはほど遠い状態だったので、断念。

午後の仕事を終え、帰り際にやっと一件訪問することができた。

食べたのは、にぼしらーめん玉五郎の「つけ麺730円+ゆずみつ葉20円」。

200808191441

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市北区天神橋5-6-33 タニイ建物ビル1F
営業時間:11:30〜23:00
定休日:月

◆評価
麺:2点 汁:2点 具:2点 量:3点 +α:3点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

麺乃家@上本町

兵庫&大阪に日帰り弾丸一人旅。昼は兵庫(仁川)でスポーツ観戦、夜は大阪(上本町)でつけめん。スケジュールに余裕なかったので、観光&買い物時間はゼロ。

朝から夕方までスポーツ観て、大阪に向かう。

遠出した時は二食つけつけするのが通例なのだが、今回は一食入魂。
12/16までのラーナビ限定、夜5食のみ、と敷居の高い麺乃家の「全粒粉鴨つけ麺1,100円」。

200712021844

通常のつけ麺、ひやあつ十八番700円、一日限定15食のつけ麺、丹波黒豆つけ麺800円も気になるが、このタイミングでしか食べられないものを食べない手はない。

鴨そばをイメージしたつけ麺らしいが、スープの味はまさにそれ。甘辛く鴨の旨み(脂)がほんのり感じられる。

ラーナビによると麺は“全粒粉をまぜ、3.6ミリの幅広の平打ちで厚みもあり加水率42%というモチモチの多加水麺”とのこと。
若干フニャっとした感じがあるが(加水高めだからか、茹で加減の問題なのかは判断できず)、旨みのある麺。

具は鴨のローストが美味しい。麺上に添えられている白髪ネギを巻いて食べるのが正解。
金曜にドイツワイン屋さん(ドイツ料理屋でない)で食べた鴨のローストには劣るが、それを食べていたからこそ、なかなか頑張っていい仕事していることがわかった。

やっぱり、つけめん以外の美味しい食べ物も食べておくべきだなと思った。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市中央区上本町西5-1-6
営業時間:11:30〜14:30/18:00〜23:30(売り切れ時閉店)  日祝11:30〜14:30/18:00〜23:30(売り切れ時閉店)
定休日:月、第3火

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:4点  量:1点  +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)