カテゴリー「東京都練馬区」の6件の記事

2014年3月 1日 (土)

羊風ラーメン シェパード@上井草

Image

羊風らーめんシェパードの「羊風つけめん(並)800円」。

曜日によって異なるスープのラーメンを提供している、らーめん三獣使のサードブランド。

羊骨と羊の肩ロースを炊いて作った珍しいラーメン・つけ麺を、月に一度、第一土曜日のみ提供している。

セカンドブランド、最凶煮干しそば獣煮使には行ったことがある。

煮干し好きなので、期待し過ぎてガッカリした記憶がある。
なので、物珍しさに惹かれながらも、味に関してはさほど期待をせずに訪問。

自転車で行けなくもないものの、面倒なのでバス&電車を乗り継ぎ上井草へ。

駅の改札を出て左を直進すれば店に着く。迷うことはない。

店に入り、食券を買い席に着く。店内は静まり返っており、客の麺をすする音だけが響き渡っていた。

待つこと10分弱でつけめん到着。

早速、麺をスープにつけ、ひとすすり。

羊独特の癖のあるスープ。獣的な香りながら、マイルドに仕上げられており、食べやすい。

とはいえ、食べ手を選ぶメニューだろう。

麺は平打ち麺。最凶煮干しつけめんと同じ麺とみた。

チャーシューは羊を期待していたが、豚だった。まあ、仕方ない。

おもしろいけど、生活圏にないから再訪はきびしいな。(辛口すみません)
でも、珍しいつけ麺を食べられてよかった。

ラーメン、つけ麺好きなら一度は食べてみるといいと思う。


◆店舗情報
所在地:東京都練馬区下石神井4-12-10
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜翌1:00(スープなくなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:15点(25点満)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

ラハメン ヤマン@江古田

引越し前に東長崎のきんに行く。が、3/1~3/6頃まで休業とのこと。ちょうど引越しの日までなので、しばらくの間きんには行かないことになりそう。残念。


チャリでここまで(家から10分)来て引き返すだけじゃ往復20分の無駄になる。
ということで、「塩つけ750円」食いに江古田のラハメン ヤマンに遠征。

ブラジル国旗が飾ってあるように、店内はレゲエ流れている。

でも、つけめんは愚直なまでに日本(ニッポン)の味。
なんつってもこのスープの粘土がたまんねぇ。

麺に絡む塩スープ。はっまっちゃいます、これ。

かなり久々に食べたけど、変わらぬ旨さだった。
(肉とか水菜もいい感じで、グ~)

◆店舗情報
所在地:東京都練馬区栄町22-1
営業時間:11:00~20:00(スープなくなり次第終了)
定休日:木

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:3点  量:3点  +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

和風汁そば じゃんず@練馬(3)

来週、4年間住み続けた部屋を出て新しい部屋に引っ越すため、この界隈(自転車15分圏内)で好きな店を巡っておくことにした。今日は私的に都内最強の麺を出している店、じゃんず。


11:30に行ったら既に満席&10人待ち。流石は練馬の人気店。

先客のサラリーマン軍団(六人)が一度に出てくれたおかげで以外と早く「特製つけそば900円」にありつくことができた。

この時間帯にきたのは数量限定の極太麺(ビール酵母入り)を食べるため。

この麺の特徴はポロッポロッと噛み切れる食感と味わい深さ。こしのある麺以外は認めない、という方にはスルーしていただきたい麺だが、原価高騰中の小麦を堪能したい方にはかなりオススメ。

麺をズビズバッと啜り入れた瞬間に口内がホワッとした幸福感で満たされる。言葉では形容しきれない思わず笑みがこぼれるような、そんな感覚。
そして、咀嚼すればするほど口の中に旨味が広がる。もう、たまらない。何故大盛りにしなかったのか後悔するほどいい。

特製にすると170円で味玉、小さめのチャーシュー2枚、長細いメンマが追加されるのだが、70円で大盛りにした方が純粋に麺を楽しめてよい。
特製のコストパフォーマンスが悪いわけではないが、口の中に同時に麺と具を入れる回数が多くなるため、十分麺を堪能できなくなるからだ。
麺、肉、麺、玉子、メンマ、麺…では忙しい。
つけめんを楽しむなら、麺、麺、麺、麺、肉、麺…ぐらいの比率がちょうど良い。


◆店舗情報
所在地:東京都練馬区豊玉北4-21-3
営業時間:11:30~14:30/17:00~22:00(スープなくなり閉店)
定休日:火・水

◆評価
麺:5点  汁:4点  具:4点  量:2点  +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

らあめん 一心軒@江古田

今週は大勝軒系→豚骨醤油→魚介→醤油→豚骨魚介と偏った系統になることなくつけつけしてきた。なので、今週食べてない系統のつけめんにしようと考え、味噌を今週の〆にした。

チャリで江古田まで行き、一心軒で「みそつけめん700円」を食す。

200711041744

麺は自家製麺の中細麺。これがなかなかレベル高く、コシがあり旨い。

残念なのは、スープがこの麺を殺してしまっていること。

味噌に酢はないんじゃないかな?酸っぱくてスープがNGでした。
麺にも全然合ってないし、ライスにも合わない感じ。

このため、追加ライスや割りスープはしてない。

具の中でおすすめはチャーシュー。分厚いのが一枚入ってて、旨かった。
あとは焦がし葱とかもやしが入ってるが、特筆するようなものでもない。(当たり前か)

スープが変わればレベル高い一杯になれると思う。

◆店舗情報
所在地:東京都練馬区旭丘1-77-15
営業時間:11:30~~15:00/17:00~20:30

(スープなくなり次第終了)
定休日:火、第2,4,5金

◆評価
麺:4点  汁:1点  具:4点  量:3点  +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

和風汁そば じゃんず@練馬(2)

高円寺でつけめん食べようと思っい自転車に乗っていたが、気まぐれで“魚っぽいつけめんが食べたいからじゃんずに行こう”と思い自転車のハンドルを練馬方面に向ける。

12時半到着で4組待ち(カップル×3、4人家族×1)。嬉しいことに、ちょうどよいタイミングだったらしく、注文待ち時間含めて20分後には「梅塩つけそば(細麺)800円」にありつくことができた。

200709231251

麺は平細麺(もち米入り)をチョイス。去年初食時は極太麺を選らんだのだが、このスープには平細麺の方が合いそう、と思いながら今まで試していなかったので今回その組み合わせを試してみた。

睨んだとおり、この麺は地鶏出汁と焼魚ダレを合わせ揚げネギ、揚げニンニクを散りばめた塩スープによく合う。

このスープの特徴は、なんといっても後から口内に広がる焼魚の味わい。
そして、南高梅。梅肉を少しとり、麺といっしょに啜るとこれがまた違う味わいで◎。

具の柔らか短冊切りチャーシュー(短め)も、甘めのメンマもおいしく大変満足できる一杯。

◆店舗情報
所在地:東京都練馬区豊玉北4-21-3
営業時間:11:30~14:30 17:00~スープがなくなり次第終了
定休日:火・水

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:4点  量:2点  +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月16日 (月)

和風汁そば じゃんず@練馬

今日は朝から極太麺が食べたい気分だったので、昼飯にらー麺きんに行くつもりでいた。家出る前に店がやっているか不安になり、念のため定休日でないか調べたところ月曜定休だった。危うくシャッターが閉まった店の前まで行くところだった。近所で新規開拓する店を考えていなかったので、家から自転車で15分程度のところにある、じゃんずに久々に行くことにした。
(帰宅後、撮り貯めているつけめんの写真を見たら、ちょうど1年前の7月15日、16日に連続で食べに行って以来の訪問だということがわかった。)

12時20分頃に店に到着。さすがに人気店だけ6人行列してて20分待つことになった。
今回食べたのは「つけそば(極太麺)730円+とんがりごはん180円」。

200707161254

麺は細麺、平打ち麺、極太麺(限定)から選べる。つけそばのスープは濃い豚骨魚介スープなので、極太麺がベストマッチ。ただし、限定なので夕方にはなくなっている。
ちなみに、もうひとつのメニュー、梅塩つけそばには細麺が合う。

ここの麺は間違いなく自分の食べた麺のなかでも1、2を争う美味しさ。小麦の旨味・甘みを感じることができる凄い麺。歯ごたえはモチモチとモサモサの中間という、あいまいな食感だが、それはそれでなかなかいける。
何よりも麺の旨味がずば抜けていて、最近食べた頑者の極太麺を軽く凌駕していた。何で1年も訪問していなかったのか不思議なくらい美味い。

また、この麺には健康によいと言われるビール酵母が練り込まれているらしい。ただし、それが味に変化をもたらしているのかは謎。ビール酵母だけで食べたことないから何とも言えないが、とりあえずそれらしき味はわからなかった。

豚骨魚介スープは麺との相性もよく、バランスもとれていて優秀な一杯。スープ割りしても最後まで楽しめる味わい。

具は味はいいのだが、残念ながら量が少ない。短めの短冊切りチャーシュー(4,5本程度)、固めのメンマ(3,4本程度)、白菜の切れ端(2,3切れ)という内容。味にバリエーションが欲しい場合は、ちょい高いが+170出して特製(味玉、炙り焼きチャーシュー、メンマを追加)にした方がよい。

限定のとんがりごはん(端チャーシュー+刻みミョウガ+1/4味玉がのったごはん)はまあまあ。チャーシューはタレの味が強すぎてイマイチだが、チャーシューのタレが絶妙に絡んだごはんが甘く、とても美味しかった。

麺のおいしさを再認識したので近々再訪したい。

◆店舗情報
所在地:東京都練馬区豊玉北4-21-3
営業時間:11:30~14:30 17:00~スープがなくなり次第終了
定休日:火・水

◆評価
麺:5点  汁:4点  具:4点  量:3点  +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)