カテゴリー「東京都世田谷区」の26件の記事

2013年5月12日 (日)

666@駒沢大学

666@駒沢大学
「コンデンス煮干つけ麺800円」なる、魅力的なつけめんを提供している666。

開店当初から気になっていたが、とうとう訪問。

駒沢大学駅の駒沢公園口を出て、玉川通りを駒沢大学方面に直進し、500mくらい先の信号を渡り、さらに少し直進した左手にある。(右隣がセブンイレブン)

開店3分前に着き、開店待ち7名。席が8席なのでギリギリ座れた。

そして着席15分後、コンデンス煮干つけ麺にありつけた。

このつけめんのスープは見た目からしてインパクト大。

2日目のカレーのような、いや、それ以上にドロドロしたスープ。分量どおり作ったフルーチェぐらいの固さ。(味は全然違うけど)

スープの上に麺を置けるほど固まっている。

ネットで調べたところ、サバの味噌や肉をミキサーにかけたものをスープに加えているらしい。

このドロドロ感は凄いんだけど、味は正直微妙。

理由は二点。

・コンデンス煮干と言うには、煮干しが弱すぎ(他の味に埋もれてる)
・肉くさい

自分はニボニボを期待してたので、かなり肩透かしを食らった印象。
見た目でニボニボ感ないことはわかってたけど、一番残念なポイント。

あとはスープの肉の臭み。苦手な人は無理だと思う。

ネット見てても気になる/気にならないの声があるので、人によるのだろう。


臭みを消してくれる玉葱がもっと入っていたら気にならないなだが。

具は、スープ内に甘く煮た豚肉とメンマが入ってる。なかなかよい。

最後にスープ割りをしたが、当然ながら煮干しダシ割だった。
多めに注ぎ、ニボスープにして〆。

自分以外の客はラーメン(醤油煮干しor塩)を食べてたので、ラーメンがメインの店だと思われる。


◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区駒沢4-19-11
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜翌14:00 日11:30〜15:00
定休日:月

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

鶏そば つけそば そると@下北沢

鶏そば つけそば そると@下北沢
下北沢の新店、そるとを訪問。

阿佐ヶ谷にある三ツ葉亭の姉妹店らしい。

あまり期待はせず、「つけそば(1.5玉)730円」をオーダー。

鶏白湯スープらしいが、わりとシャバシャバ。

わりと、というのは、勝手ながらもっとトロリとしたスープを期待していたためだ。

チャーシューはハムっぽい。ちょい量が少なくさびしいかな。


◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区代沢5-36-13 1F
営業時間:11:30〜翌2:30
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

ラーメン ガレージ@千歳烏山

ラーメン ガレージ@千歳烏山
行こうと思ってた新店シリーズ。

千歳烏山にあるラーメンガレージ。

ガレージの由来はよくわからんが、「ガレージつけ麺(S)780円」を食す。

ちなみにSサイズ、Mサイズともに同額で、Sは麺225g+味玉1/2、Mは麺270g。

味玉付きでお得に感じたのと、たるんだ腹まわりが気になり、Sを選択。

濃いめの豚骨魚介系スープだが、以外とサラっとしている。スープだけで飲めるくらいの濃さ。

全粒粉入りの麺、チャーシュー、キャベツ、味玉。

もうワンパンチほしいかな。


◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区南烏山6-4-20
営業時間:11:30〜15:00/17:00〜22:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

博多一風堂 明大前店@明大前

博多一風堂 明大前店@明大前
2204
会社の帰りに寄り道して、一風堂で「博多つけ麺(大盛り300g)850円」。

一風堂のつけめんは、福岡の薬院店以来かしら。

冷水でしっかりしめ、冷やした器に盛られた太麺に、節系の魚感が強い豚骨魚介スープ。

スープ内には、あげたまがはいっている。珍しい。

トッピングは薄くスライスされた豚バラチャーシュー、味玉半分。〇。

もやし、高菜、紅生姜が取り放題、食べ放題。


◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区松原2-46-6
営業時間:11:00〜翌2:00 金土日・祝前日11:00〜深夜1:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

炭火焼だいにんぐ わたみん家 明大前店@明大前

炭火焼だいにんぐ わたみん家 明大前店@明大前
ペルーサ最悪!!
ペルーサも自分もJC惨敗…。

青葉賞の圧勝は頭から消し去ろう。

あれは最強馬になれない器だな。リーチザクラウンみたいな難しい馬。

ガッカリしながら、帰り道、キャプテンと明大前のわたみん家で飯。

いろいろ飲み食いした後に「豆乳ゴマだれつけ麺418円」を。

中華麺×ダシの効いてない豆乳スープ。おそらくダシなし。あるいはお湯に近いダシ汁。

具はメンマ、味玉。肉なし。

十分食べられるレベルだけど、いまいち。

◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区松原2丁目27-14山下ビルII 2F
営業時間:17:00〜LO翌2:30  金土祝前日17:00〜LO翌4:30  日16:00〜LO翌2:30
定休日:無休

◆評価
麺:2点 汁:2点 具:2点 CP:3点 +α:3点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

東京 大八車@桜新町

東京 大八車@桜新町
本日2杯目は大八車。

「特濃つけ麺750円」

ライ麦を練り込んだ極太平打ち麺は見た目インパクト大。そして食べ応えも◎。ライ麦は味というより栄養価に重きをおいているように思える。

唯一残念なのは、プツンプツンと歯切れが良すぎる悲しい食感であること。
極太であるが故の弱点。

悪くない一杯だけど、期待し過ぎたが故のマイナス補正入ってるかも。


◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区駒沢3-18-2
営業時間:11:00〜15:00/18:00〜23:00(スープなくなり次第終了)
定休日:月

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮎ラーメン@二子玉川

鮎ラーメン@二子玉川
鮎を使ったラーメンを出すお店。

自分が大学生の頃にはあったはずだから、開店してからかなり経つはず。

思い出があるのかと思わせながら、まったくなし(笑)

二子玉の河川敷で野球して、帰りに駅近辺にあるラーメン屋いったけど、黄色い軒の店だった気がする。鮎の要素がまったくなかったから、絶対鮎ラーメンじゃない。

で、ここ鮎ラーメン。扉や引き戸なんかはなく、かなりオープンな、外からまる見えな店構え。

風で揺れた風鈴がチリンチリンと鳴り、店員さんがねじり鉢巻きをし、パタパタパタと遮二無二なって内輪を鮎に向かって扇ぎ続ける様子は、夏、って雰囲気が漂っていていい感じ。

店構えもあいまって、風情のある趣の中での食事となった。

食べたのは、夏限定の「鮎涼ラーメン1000円+大盛り100円」。

メニューだけでなく、この店が昼に営業するのも夏限定。

ハードルが高い。

そして料金も高い。

が、それだけの手間隙かけた逸品。

まず見た目。竹の器や、笹の葉など、緑を散りばめ涼やかな印象。

そして見た目だけでなく、つけめんそのものも夏を意識した作り。

ぼこぼこ細麺を冷たい鮎の煮こごりにつけて食べる。

麺は味の特徴はないが、氷水でしめてくれるのが嬉しい。近年、つけめん屋が増えたが、ここまでしてくれる店はなかなかない。

スープはかなりあっさりとした上品な味わい。そのまま飲めるレベル。そしてよく冷やされているのが嬉しい。

麺とスープは、涼を楽しむ食ととらえた方がいいだろう。

そしてメインともいうべき、鮎の一夜干し。その場で焼いているのでホクホク。白身の魚なので淡白な味わい。塩加減がよく、焼き加減もちょうどよい。そして、香ばしい。

そえられた赤カブと何気によく合うし、スープに入れる九条ねぎとも合う。

そして〆は、鮎節でとった出汁と、鮎フレークごはん。

ジャスミン茶をかけて鮎茶漬けにもできる。

これは旨い。冷たい茶なのでスルスル食べられる。

夏のつけめんとして、素晴らしい一杯。

◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区玉川3-15-12
営業時間:2011年7月〜9月頃 土日祝11:45〜15:00
定休日:月〜金

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:4点 CP:1点 +α:5点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

麺屋 狢〜むじな〜@八幡山

麺屋 狢〜むじな〜@八幡山
八幡山の改札口の向かい側にある 狢で「つけ麺(並)750円」。

ラーナビで、つつじヶ丘近辺ではそこそこ得票数があったので訪問してみたかった店。

ちなみに並で220g。中で300g(+50円)。

麺は、かために茹で上げたエッジのある太麺。
芯残るか残らないかの絶妙なかたさ。
かため好きにはたまらないと思う。

この麺に合わせるのは、豚骨魚介系スープ。
ありきたりタイプだが、酸味(たぶん)強め。
最初、なんかスープ以外の何かが濃い、醤油かな?と思ったけど、酸味系統の味が主張してくる気がした。

偉そうなコメントしながら、バカ舌なので自信なし(笑)

でも、悪くはないんだけど、何か若干の違和感を覚えたのは事実。

スープ内にはチャーシュー、メンマ。これはケチつける必要はない。

◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区上北沢4-36-23
営業時間:11:30〜16:00/17:30〜22:00(スープ終了時閉店)
定休日:不定休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

遊々亭 Kotetsu@桜上水

Kotetsu@桜上水
ウイングアローから12年連続で現地観戦しているフェブラリーS。個人的に勝率の高いレースでもある。

オーロマイスターを軸にすることを前々から決めていたが、まさかの+18kg。明らかに太いでしょ。数字見たせいもあるが、パドックを周回するオーロがまんまるした体つきに見える。
単複は買うが、残念な結果が予見できてしまうので、実力馬に絞った馬券(トランセンド、フリオーソ、シルクメビウス、バーディバーディ)も購入。

結果、トランセンド、フリオーソ、バーディバーディの頑張りで保険馬券的中。オーロは惨敗。当たったのは嬉しいが何だか複雑。

レース観戦後、京王線沿線の桜上水駅で下車してつけめんを食べて帰ることにしていたのだが、全くお腹が空かない。

行きたい店はKotetsuというお好み焼き屋。
お好み焼き屋でありながら、昨秋からけいすけとコラボして麺メニューを提供しているとのことで、かなり前から気になっていた店。

空腹で挑みたい一杯だったため、間に映画(ソーシャルネットワーク)を挟んでみた。この映画、前評判どおり面白い。

20:30頃府中を出、21:00頃に桜上水到着。

映画を挟んだのは英断だった、と思うほどの空腹感を持ちながらKotetsuへ。

オーダーしたのは、「つけ★焼きラーメン780円+生ビール580円」。

つけめん102から取り寄せた麺をキャベツ、もやしと炒め鉄板に盛り、鉄板焼きチャーシューをさらにその上に乗せ、刻み海苔を散らし、紅生姜が添えられている。見た目、焼きうどん。

そのまま食べてみると、極めて薄味。どうやらこのまま食べるのはNGのようだ。

麺を3本ほど掴み、スープに仕切り直しのひとつけ。

うまっ!これは旨い。

自然な甘みのある豚骨ベースのドロ系スープが麺に絡み、かなりうまい。

あつもり否定派だが、こういう熱々の麺はアリ。焦げが+αのおいしさをもたらすので、麺を弱体化させる温め直しのあつもりとは違う。

たぶん、麺のみで食べたときのイマイチ感からのおいしいつけめん、という食べ方をしたのも味覚に影響を与えたと思われる。

近所にあったら絶対足しげく通うことになるレベル。久々に掘り出し物発見。超オススメ。

◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区桜上水4-7-4
営業時間:11:30〜15:00/17:00〜翌1:00  土日祝12:00〜翌1:00
定休日:火

◆評価
麺:4点 汁:5点 具:3点 CP:2点 +α:5点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

もちぶたラーメン 利田商店@下高井戸

代田橋の世界の龍ちゃんラーメンよしき坊でつけめんを食べたが、訪問1時間前に敢行したランニングの影響で空腹が治まらない。

これは困った。

食欲に素直に従い、二駅先の下高まで移動し、前々から気になっていた利田商店へ。

ラーメン屋というものの、酒、つまみ、が揃っているため、軽く飲んでいく人が多いようだ。

頼んだのは「まかないつけめん(大盛り)750円」。

Rimg1607
かために茹でたストレート細麺に酸っぱ辛い動物系醤油スープ。

もちぶたチャーシューは冷たくて本来の力量は計れず。メンマはうまい。

スープが少ないので、チャーシューを浸け続けると急速にスープが冷めるという罠に陥る。

ここのチャーシューはラーメンでこそ真の実力を発揮するのだろう。

◆店舗情報
所在地:東京都世田谷区松原3-42-1 小谷ビル1F
営業時間:18:00〜24:00
定休日:水日

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)