カテゴリー「神奈川県」の10件の記事

2013年11月16日 (土)

中華そば うづまき@本厚木

Image_4

紅葉でも観ようかなあと思い小田急ロマンスカーで大山へ。

ライトアップ、来週かららしいが、結構色付いてた。

日が落ちるまでフラフラした後、メシ屋を探す。

が、大山界隈の飲食店は既に店じまいしてしまっていた。

ということで、本厚木まで出てつけめんを食べることにした。

選んだのはそこそこ評判のよい、うづまき。

食べたのは「つけ麺(大盛り)790円」。

並盛り200g、大盛り300gともに同額。
らしいのだが、経験値上、明らかにOver 300。
350〜400gぐらいある気がする。

量は多いが、スープが浅いかな。悪くはないけど、大盛りだと飽きる。

スープの底にでっかいバラ肉チャーシューが入っていてお得感は〇。

◆店舗情報
所在地:神奈川県厚木市旭町1-24-25
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜22:00 月11:30〜15:00(スープなくなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

鶏と魚だしのつけめん哲@溝の口(2)

鶏と魚だしのつけめん哲@溝の口(2)
「淡麗弱火炊きつけめん750円」

細麺200g。コシがあり喉越しもよい。

スープは淡麗というほどあっさりはしてない。
チャーシュー、メンマ、刻み白菜、刻み油揚げ。

あと、鳥のからあげ。

とても食べやすい味なので、近くにあったら重宝しそう。


◆店舗情報
所在地:神奈川県川崎市高津区溝口2-8-12
営業時間:11:00〜翌1:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

鶏と魚だしのつけめん哲@溝の口

鶏と魚だしのつけめん哲@溝の口
本日最後の外出が溝の口だったので、つけめんTETSUの新店、鶏と魚だしのつけめん哲にいってみた。

待ち3人。

本店と同じく、食券を先に買い行列に並ぶのがココのルール。

席の片付け待ちだったようで、並んで注文を確認された後にすぐ店に入れた。

「濃厚強火炊きつけめん800円」。

こしのある平打ち麺(200g)に、ボコボコ沸騰させた濃厚な鶏魚介スープ。
甘みがあり、まろやか。

スープは熱々なので麺をどっぷり浸けても全然冷めない。むしろ麺が熱々になる。
浸ける時間は短めにした方がよい。

具はスープ内の厚切りチャーシュー、メンマ、白菜。
そして鳥のからあげ。
そのままだとイマイチだが、スープに浸して食べると美味しい。

〆はスープ割りより、ライスをレンゲですくってスープに浸す、つけライスがよい(かなり合う)。

ちなみに、お店のオススメは、ぞうすい(150円)。

◆店舗情報
所在地:神奈川県川崎市高津区溝口2-8-12
営業時間:11:00〜翌1:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:2点 +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

つけめん 玉@浜川崎

つけめん 玉@浜川崎
先週実現できなかった川崎最強コースを完遂するべく、川崎駅から扇町行きのバスに飛び乗る。

で、大島三丁目で下車し、2009年につけめん界に現れるや否や、新店として高い評価を得た玉(ぎょく)へ。

待ち人数は予想に反して3名。10人弱は覚悟してたので嬉しい誤算。

まあ、場所が場所なので、地元民ぐらいしか来店しないからなのだろう。

ちなみにグループ店の三三七と同じく食券を先に買い、並ぶルール。

カレーつけめんみたいなのもあったが、選んだのは当然スタンダードな「つけめん(中)750円」。

極太平打ち麺は、柔らかめの歯ごたえだが味はよい。スープが濃厚なベジポタなのでジャブジャブ浸けてしまうと、たちまち器が干からびるので、要注意。

でもって、スープ内のチャーシューのごつさがハンパない。味もいい。

スープが濃厚なので、毎日食べるのはきつそうだが、家の近くにあったら高頻度で訪問しそう。

◆店舗情報
所在地:神奈川県川崎市川崎区追分町6-12
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜21:00  土日祝11:00〜21:00頃(スープ終了時閉店)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三三七@八丁畷

先週、睡魔に叩きのめされ遠征できなかった川崎へ。

川崎の街を歩くのは人生初。まー、遠征した街はほとんど初なのだが。。

しかし、ラゾーナ川崎(ショッピングモール)とか、なんかこんなに発展してる街とは知らなかった。

電車乗り継いでやってきて、つけめん食べて帰るだけ、ていうのも悲しいのでブラブラ歩いてみることにした。

が、その前に一食目。

今日は2009年に開店するやいなや、いきなりブレイクした玉と、その二号店である三三七に行くことにしていた。

まずは営業時間が短い三三七から。

既に人気店とわかっていたので、5名が行列を成していても動じず並ぶ。

「一番搾り(中)750円」。
全粒粉入り太麺に塩気が強い鶏スープ、トロトロのサイコロチャーシュー・メンマ・海苔・ナルトという内容。麺は300g、具材は量少なめ。

期待し過ぎていたため、若干物足りなさを感じた。とはいうものの、濃厚スープの煮番搾りも試してみたい。

◆店舗情報
所在地:神奈川県川崎市川崎区小川町9-7
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜23:00頃まで  土日祝11:00〜スープ終了時閉店
定休日:不定休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

仁鍛@白楽

先日、川崎方面の方々と話しをした際に、オススメできる店がなく敗北感を味わった。

川崎なら玉とか三三七とか知っている店はあっても、食べたことがない。

ネットや雑誌で評判だったとしても、実食していないのではオススメできない。

そもそも、最近、生活圏内でしかつけめん食べてないので、この敗戦を機に普段行かない地域のつけめん屋を攻めてみることにした。

L社の方からも、神奈川方面の情報を充実してー、ってお願いされてたので、暇な休日はしばらく東京南部〜神奈川北部を開拓することにした。

まず手始めに、六厘舎の系譜、仁鍛へ。

待ち10人。さすが一時代を築き、絶対王者として君臨し続けている店がバックボーンなだけに凄い人気。

しかし、待ち時間は並んでから配膳まで30分強と以外に早い。
事前にオーダーをとり、先客の麺捗状況を確認して茹ではじめているのだろう。麺投入のタイミングがうまい。

さて、ここの「つけめん800g」だが意外なほどライトな豚骨魚介でビックリした。

201007191455

六厘舎といえば、濃厚で重ためのスープが代名詞だからだ。

完全に麺を主役に据えたメニューである、という心意気が伝わってくる。

事実、麺を口に頬張りよく味わうと、小麦が口の中にほのかに広がり嬉しくなる。

さらに、ゆるもちっとした、ユルユル(悪くいうとフニャフニャ)とモチモチの中間ぐらいの食感がオモシロイ。

スープ、具在は平凡だが、生活圏にあったらちょいちょい使ってもよい気がする。

◆店舗情報
所在地:神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜21:00
土日祝11:30〜18:00
定休日:火

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

つけめん あびすけ@日吉

城ヶ島(神奈川の右下)に行ったついでに、家系ラーメンが幅を利かせているこの神奈川の地で、つけめん専門店として気を吐いている、あびすけを訪問。神奈川でつけめん食べるのはこれで生涯5度目。

このブログの神奈川のカテゴリーにある過去訪問した3件(全て同日に訪問)と、ラー博に昔入っていた春木屋(たしか2004年)。それが食べた神奈川つけめんの全履歴。

いかに自分が東京都内しかウロウロしていないかがよくわかる。

この店では「味玉つけめん(大)750円」と「白めし100円」をオーダー。

200708151453

オーソドックスな魚粉をふんだんに使った豚骨魚介スープのつけめん。ここに太麺を浸けるわけだが、この麺がうどん的な食感、味。このため、好き嫌いが別れそう。

具は柔らかチャーシュー2枚、歯ごたえのあるメンマ数本。黄身がとろりとしたオプションの味玉を含め、至って普通。

追加で100円出した割にごはんの量が少ないなと感じたが、麺が300gあったので結果的にちょうどよい量だった。

ちなみに、つけライスが旨かったことは言うまでもない。

◆店舗情報
所在地:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-1-10
営業時間:11:00〜翌1:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:3点  量:4点  +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

イツワ製麺所食堂@北久里浜

本日三杯目は北久里浜のイツワ製麺所食堂。

ここに着くまでかなり遠い道のりだった。中野→鳥浜(横浜ベイサイドマリーナ)が1時間、そこからさらに、鳥浜→北久里浜で1時間弱ぐらい。関東圏とはいえ、よほどのことがない限り来ないと思ったので「つけ麺(350g)690円」を選択。ちなみにここでは麺の量を200g,250g,300g,350gから選べる。

200705051807

酸味の強いエスニックなスープにパスタっぽい麺、それとスープ割り用のそば湯。

まずは半分ぐらい麺を浸して食べてみるが、麺があまりスープを引っ張ってこない。今度は完全に浸して啜ってみる。しかしスープとの絡みがいまいち。

そこでハッと気付く。
ここの売りは店名からもわかるとおり、麺なのだと。メニューの下の方にも「粉、水、塩にこだわり、熟成させて製麺している」と書いてある。
確かによく噛むと味わい深い。

ただし、スペアリブっぽい味がするチャーシューは申し訳程度にしか入ってないし、もやし、ナンプラー、キクラゲもそんなに入っているわけではないので飽きがくるのが早い。味玉などを追加オーダーすれのがベターと思われる。

◆店舗情報
所在地:神奈川県横須賀市森崎1-1-9
営業時間:11:30~14:30 土・日11:30~14:30/17:30~19:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:月

◆評価
麺:4点  汁:2点  具:2点  量:4点  +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺創 桜花@神奈川新町

レベルの高い大勝軒のスープを飲むのを我慢し、歩いて100M先にある桜花で連食。間違えて訪問した大勝軒でなくこちらが本日の本命。

大勝軒で食べる前は空腹感がなかったが、もりそばを胃袋に納めることで胃が活動しだし、いい感じでお腹が空き、ほぼベストコンディションになった。

ここも人気店らしいが30分程度の待ちで済んだ。。

そして、これがオーダーした「つけそば700円」。

200705051250

見てのとおり麺は、ほぼ うどん で目測200g。こういう麺も悪くはないが、つけめんとしては異端。

ただ、この店はこの自家製異端麺を活かしきれていない。スープが見た目ほどインパクトのなく、麺に絡みづらい鶏系魚介スープなためだ。

チャーシューでなく肉団子にしたり、メンマをしゃきしゃきした食感のものにしたりと工夫しているようなので、もっと頑張ってほしい。

◆店舗情報
所在地:神奈川県横浜市神奈川区浦島町3-1
営業時間:11:30~14:30/17:30~21:30 土日祝11:30~スープがなくなり次第終了
定休日:月・火

◆評価
麺:3点  汁:2点  具:3点  量:2点  +α:3点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大勝軒@神奈川新町

桜花行こうと思ってたのに、何故か食券を購入したら横浜大勝軒だった。
店を間違えたのは人生初の珍事。遠くから「軒」の文字が見え、店構えが事前リサーチのものと違ったのに。。
いやはや恥ずかしい限り。

でも換金はせず「特製もりそば650円」を注文。もう連食覚悟、行列待ち×2も覚悟。
待つこと30分してもりそばが到着。

200705051206

行列ができているのに茹で置きしてないあたりに好感がもてる。
しかも、これでもかっ!ってくらい水でしめ、しっかり水切りしているため、とてもおいしい。それが目測300gもあるのだから大満足。

麺を飽きさせないように、昔ながらの固めのチャーシュー2枚、茹卵半分、海苔2枚、メンマ2枚が脇を固めている。

近所にあったら、ちょくちょく行ってもよさそうなお店だった。

◆店舗情報
所在地:神奈川県横浜市神奈川区浦島町1-1
営業時間:11:00~21:00
定休日:無料

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:3点  量:4点  +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)