カテゴリー「★★★★:21~18点」の88件の記事

2011年12月17日 (土)

NOODLE SHOP 大金星@南熊本

NOODLE SHOP 大金星@南熊本
九州縦断旅行、3日目。

2日目は天草の奴寿司(激ウマ!)食べて指宿の旅館に移動するだけ、とほぼ移動だけだったので、ノーつけめんでフィニッシュ。

今日は、朝飯を旅館でガッツリ食い、鹿児島の川久で昼飯を腹八分目まで食べた。

鹿児島から熊本に戻る途中、晩飯まで時間あるし、つけめん屋へ行くことに。

選んだのは、南熊本の大金星。

が、カーナビによると、到着時間が15:00過ぎ。
そこでキャプテンの出番。車ぶっ放して大激走。

車線変更を繰り返してトロトロ運転の軽自動車を追い抜いたり、トラックとトラックの狭い隙間ついて抜け出したりと、生きた心地のしないドライビングでギリ15:00に目的地住所に到着。

しかし、店が見当たらない。そこでお店に電話してみると、場所が違うとのこと。
ここで諦めるわけにはいかないので、お店の人に10分ほど店閉めるのを待ってくれないか頼み込んだ。

結果、OKとのこと。

なんていい人!!

店に到着し、席に着き、三人揃って「鯖カレーつけ麺(200g)800円」をオーダー。

坦々麺のタレにカレー粉、鯖は魚粉か何か?を合わせたモノ。これが鯖カレー。
これを麺にかけ混ぜ、スープに浸けて食べるというスタイル。

まずはカレーをかけずにノーマルつけめんを食してみる。

つけ汁は流行の豚骨魚介。麺はちぢれ極太麺。

旨い!

この手のつけめんでは、高いレベル。東京の激戦区でも勝負できる。

具はスープ内にチャーシュー、メンマ(至って普通)、麺上にキャベツ、もやし(シャキシャキ感を残したベストな茹で加減で◎)。

これだけで全然イケるが、鯖カレーを麺にかけてみる。

辛っ!!

辛いもの苦手な自分にはNGな辛さ。。

が、旨い!坦々ダレが旨い。辛旨。

調子のってワシワシ食べ、麺完食。

さらに調子のって、無料ライスをスープに浸け、鯖カレーライスでスープも完食。

香辛料によって尋常じゃない汗が噴き出していたが、満足感でいっぱいに。

店の人に待ってくれたお礼をいい店を後にした。

…ここまではよかったが、無理して辛いもの食べた代償は大きかった。

辛いもの食べ過ぎにより、完全に胃腸を壊し、その晩は寝込むことに。。

楽しみにしてた晩飯後の〆のつけめん、大金豚を食べ逃がすという、残念な展開。(さらに次の日も尾を引き、まともな昼飯を食べられなかった。)

やはり辛いものダメな体なんだな、と痛切に思い知らされた一杯。

◆店舗情報
所在地:熊本県熊本市本荘2-15-11
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜23:30(LO)(スープ終了時閉店)
定休日:不定休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:4点 +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

麺道 はなもこし@薬院大通

麺道 はなもこし@薬院大通
もっと食べたかった咲きまさのつけめんを並盛200gにおさえ、はなもこし連食。

この店も咲きまさと同じく今年の新店。

出張1日目に1軒しか行けなかったし、ココ食べてみたいけど、明日はタイト過ぎるスケジュールでつけめん開拓不可能なので、行くことにした。

薬院大通駅のA1出口を出て右手にある道を右折、ロイホの隣にあるマンション1階に店がある。

カウンター6席のオシャレな店内。

フォトアルバム活用したメニューをパラパラめくり、「鶏つけめん650円」をオーダー。

程なくして、麺、スープ、塩が配膳された。

店主が食べ方を説明してくれる。

麺はスープに浸けるのはもちろんのこと、塩だけで食べてもよい、とのこと。

相当麺に自信があるとみて、まずは麺だけでいってみる。

む!塩が効いている。この塩が小麦を引き立たせていてイイ。
しかも、コシがあり食べていて楽しい麺。

次に鶏白湯スープに浸けて食べてみる。これまたド濃厚なスープだこと。
かなりフルボディ。
クセのあるスープなだけに、好みわかれそう。
が、中毒性がありそうな味なので、数回食べて急にハマりだす可能性あり。

数回、スープに浸けて啜り、若干スープのくどさを感じてきたところで、少量の水を飲み、口の中のスープを洗い流す。

そして、箸で塩をひとつまみし、麺と塩だけで啜ってみる。

爽やか。

はじめに麺だけでいったときよりも、さらに旨く感じる。

これはよくできてる。麺とスープの組み合わせが素晴らしい。

トッピングは鶏チャーシューのみ。これがまた旨い。鶏の臭みは一切なく、旨みをしっかり閉じ込めている。

ココ、現時点で私的博多No.1のつけめんです。

◆店舗情報
所在地:福岡県福岡市中央区薬院2-4-35
営業時間:11:30〜14:00/18:00〜22:00(売り切れ次第終了)
定休日:日

◆評価
麺:5点 汁:3点 具:4点 CP:4点 +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

ジョニーの味噌@三ノ輪橋

ジョニーの味噌@三ノ輪橋
珍しく仕事で荒川区方面にきたので、都電荒川線の三ノ輪橋駅そばに今年できた、ジョニーの味噌で昼飯を食べた。

「味噌つけ麺780円+サービスライス」

ごわごわした極太麺。
角張っており、かつ、ねじれているのでスープがよく絡む。
歯ごたえがあるので、モグモグしっかり食べる麺。

前述のとおり、ねじれがあるので、思い切り啜るとスープが飛ぶので要注意。

スープは独特な風味のある、濃厚味噌スープ。
生姜だろうか?苦みが少し強い。

そのスープの中にはチャーシュー、キャベツ、キクラゲ、もやし。

最後はごはんをスープイン。米×味噌は日本人の心。

◆店舗情報
所在地:東京都荒川区南千住1-18-7
営業時間:11:45〜15:00/18:30〜23:00  日祝11:45〜16:00/17:30〜21:00
定休日:月、第1・3火

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:4点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

つけ麺専門店 あかむぎ@新御茶ノ水(2)

つけ麺専門店 あかむぎ@新御茶ノ水(2)
最近、我が生活圏内で一番ホットなお店、あかむぎ。

今日は「炙り野菜と鶏つけ麺800円+味玉100円」を試してみた。

味玉は数量限定らしく、自分が最後だった。ラッキー。

炙り野菜は種類が豊富。
まいたけ×2切れ、エリンギ×1切れ、パプリカ×1切れ、ナス×3切れ、おくら×1本、ミニトマト×1個。

炙り鶏の部位はササミ。これが2切れ。

下味に塩をふっているようだが、つけ汁に浸すことを大前提にしているので控えめな味付け。

が、カボスを回しかけるとそのままでもいける。
スープが濃厚なので、箸休めに野菜のみ食べるのもいい。

極太麺とまろやか、かつ濃厚なスープの組み合わせは合わない訳がない。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田小川町3-28-13
営業時間:11:00〜15:00
定休日:不定休
◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

つけ麺専門店 あかむぎ@新御茶ノ水

つけ麺専門店 あかむぎ@新御茶ノ水
今週平日は大つけ麺博に行けないことが確定的に明らか。

でも、つけめん食べたい。

なので、新店開拓兼ねてつけめんランチ。

新御茶ノ水が最寄りだと思うんだけど、なかなか微妙な場所にある、あかむぎへ。

スキー・スノボグッズで賑わう靖国通りとは対照的な、人通りの少ない道の半地下ににポツンとある。

道端に道案内のやじるし書いた黒板が置いてあるので迷わないと思う。

店内はカウンター6、7席程度とこじんまりしてる。

先客は一人。

早速、「海老香る つけ麺750円」をオーダー。

並300g、中450g(+50円)、大600g(+100円)とのこと。茹でる前のグラム数な気がするので中でもよかったかも。

先にいっておくと、この店目的で新御茶ノ水にくるのならば、なんかトッピングした方がいい。後悔する。

というのは、このつけめん、具の量が少ない。けど、旨い。という一杯だから。

ガッツリ堪能しないと後悔しますよ、ということ。

麺は全粒粉入りの極太麺。明らかに茹で置き疑惑だったが、自分の食べたものはしっかりコシがあり旨かった。

そしてスープ。その名のとおり、海老が香るスープ。海老が主張してくるのだが、海老系スープにありがちな殻の味は弱め。あの味が嫌いな人がちらほらいることを考えるといい作り。

濃度はかなり高く、ドロドロ。極太麺にマッチしている。

前述したが、残念ながら具は少ない。穂先メンマにチャーシューのカスみたいなの。
が、どちらも味がよい。ここが後悔したポイント。
絶対、ここのトッピングは旨い。

最後にスープ割りをしたのだが、思わずニヤリとしてしまうサプライズ。
なんと、カレー味に味変されるのだ。

しかも、粗みじん切りのズッキーニがプラスされてた。

昼しかやってない(夜は居酒屋らしい)お店だが私的にはオススメ。

次回、トッピングのついた別メニューに挑戦しようと思う。

可以と33は会社の皆様に教えてしまったけど、ココはしばらく自分だけの店にしよ(笑)

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田小川町3-28-13
営業時間:11:00〜15:00
定休日:不定休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:2点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

中華そば 田むら@青森

中華そば 田むら@青森
青森駅からバスに乗り、サンロード青森で下車。

サンロード、イオン、というスーパーを中心に形成されたような住宅街だ。

目的は言わずもがな、つけめん。

鬼煮干しなるラーメンを売りにした店、田むらへ。

店内はかなり広い。座敷、テーブル席、カウンター。50人は軽く入れそう。

入口右手にある食券機で「つけ麺(中)650円」買い、店員さんにオーダー。

待つこと5分強、つけめんが配膳されてきた。

麺はちょいユルッとした茹で加減でギリギリセーフな食感。

麺上のチャーシューは甘辛いタレで味付けされており、そのままいける。

ここまでは普通のつけめん。凄いのはスープ。
鬼煮干しと名乗るだけあって凄まじいニボニボ感。

上品な風味と煮干し特有の苦みを兼ね備えた煮干し好きにはたまらないスープ。

動物系スープでこってりさを補強しており麺との絡みや、胃にドンッとくる食べ応えもしっかりある。(ただしサラっとしたライトなスープ。ドロ系ではない。)

青森駅からは遠いが、バス乗って行くだけの価値はある一杯。

※評価には遠征補整が入ってます。たぶん。

◆店舗情報
所在地:青森県青森市緑3-4-12
営業時間:11:00〜16:00
定休日:水曜(祝日の場合営業)

◆評価
麺:3点 汁:5点 具:3点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長尾中華そば 西バイパス店@新青森

長尾中華そば 西バイパス店@新青森
青森に来た最大の理由、青森煮干しつけめん。(当然ながら!?ほんとはラーメンがご当地メニュー)
まずは、朝ラーならぬ朝つけを食べに、現在、青森一有名な店と思われる、長尾中華そばへ。

新青森にあるのだけれど、駅から結構歩く。バイパス店というだけにバイパス沿いにある。

店内はかなり広く、小綺麗な大衆食堂のような作り。

テーブル席に座り、「つけ麺(中200g)600円+ライス・お新香」を女子店員さんに注文。

ちなみに、ライスとお新香は7:00〜10:30の間は無料。なので、観光前に朝くるのがオススメ。

中太ストレート麺に醤油煮干しスープ。スープ内には細切りチャーシューとメンマ。

麺。

旨いなぁ〜。

しっかりしたコシがあってスルスルいける。

スープ。

さらに旨い!!

煮干しのエグミが一切ない、上品な煮干しダシ。シンプルな醤油スープだけに、朝昼晩いつでもイケる味。

あと何気にやられたのが、ごはん。かために炊き上げられており、スープ割りした煮干しスープと相性バツグン。

東京から新幹線で新青森まで来たら、ぜひ味わってほしい。

◆店舗情報
所在地:青森県青森市三好2-3-5
営業時間:7:00〜22:00  金11:00〜22:00
定休日:不定休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

麺屋 一鶴@城川原

麺屋 一鶴@城川原
05/1718:46
元々は埼玉県ふじみ野市で営業していたのだが、店主の地元である富山に2011年4月15日に移転オープンした店。

自分のいった時に、ちょうど店主の地元友達と思われる客がきており、「あ、来てくれたんだ」的な会話をしていた。
本当に最近移転したばかりの店なんだなー、と思いながら、麺を啜った。

なんか話してるけど、内容は耳に入ってこない。なぜなら、目の前の麺に夢中だったから。

全粒粉入りの小麦の風味が強い中太麺。歯切れがよく、咀嚼する度にプツッ、スパッという食感を楽しめる。
茹で過ぎというわけではなく、なかなか面白い麺。

続いてスープ。

これもなかなか面白く、オリジナリティがある。

見た目、流行りのWスープだが、複雑な中にも何かホッとするような優しさを感じる一杯。
何だろう?野菜の効果だろうか??

麺上の味のしっかりした大きなチャーシュー、ラー油を効かせた穂先メンマもハイ・クオリティ。

埼玉でも人気店だったようだが、確実に人気店となる資質を持ち合わせている。

是非、富山の地でつけめんの素晴らしさを広めてほしい。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町2-2-12 サンエスビル1F
営業時間:11:00〜14:30/18:00〜20:00  土日祝11:00〜15:00(材料なくなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:4点 +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

麺や 庄の@市ヶ谷(4)

麺や 庄の@市ヶ谷(4)
「つけ麺780円」。

久々に仕事でドキドキした。いい意味で。

だから興奮抑えるために、鎮静剤が必要な訳です。

庄のの「つけ麺780円+白飯100円」という薬を。

結果、しゃけつけ飯くらい刺激的でないとダメだったようだ。

旨いが鮭の方が上。

魚介系(節系の味が強い)濃厚スープに自家製モチモチ麺。

スープがもう一歩だな〜。

あと、チャーシューがもっと熱々だったら最高だった。前回きたときも同じこと思ったけど。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区市谷田町1-3 クレセントビル1F
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜21:30  日祝11:00〜16:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:5点 CP:3点 +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

とろポタラーメン 大美屋@沼袋

とろポタラーメン 大美屋@沼袋
昔、我王というラーメン屋があったところに、居抜きでそのまま店を構えている大美屋で晩飯。

未訪問店に行くのはかなり久々。

我王の店主はがチューハイ飲みながらラーメン・つけめんを作る中年のオッサンだったが、大美屋の作り手は人の良さそうな兄ちゃん。

これは我王より期待できそう。

我王キライじゃなかったけど、酒のみながら調理とか、仕事の仕方としてありえないと思ってたわけです。
まともな兄ちゃんがやってたら、そりゃあ期待度もあがりますわ。

さて、ここのメニュー、店名にもあるとおり、ベジタブルポタージュスープの店。
系統は大きく分けて和風、洋風の2種類。

和風→かつお醤油、味変用にゆずおろし付き。
洋風→えび塩、味変用にトマトソース付き。

初訪問だが特徴のある「とろポタ洋風つけめん750円」を選択。

さらに「無料サービスライス」も注文。

ここのつけめんのコンセプトは最後の一麺、最後の一滴まで飽きさせない、だと思う。その理由は以下を読まれたし。

麺は太ちぢれ麺、極平打ち麺の2種類盛り。
違う食感、味の麺を楽しめるのはつけめん好きにはたまらない。
交互に食べることで食感・味に変化をつけられ○。

スープはえび塩ポタージュ。もはやラーメン・つけめん系の味はしない。まさに洋風。
濃厚ドロドロをイメージしていたがそんなことはなく、ほどよい粘度のスープといった感じ。(サラサラでもないってこと。)多くの人が思い描くであろう、スタンダードな豚骨ラーメンの粘度。

これはこれでよいが、トマトソースを追加することにより、ほのかな酸味が追加され味の変化を楽しむことができる。

トッピングにもこだわりが感じられ、炙り焼きチャーシューは、焦げが絶妙。旨い。面白いのはレタス・エリンギ添えられていること。

特にレタスはヒット。

そのまま生で食べても味気ないだけだが、スープに浸すことで劇的ビフォーアフター。かなり合う。麺より合ってるんじゃないか、というレベル。

そして最後はライスをスープイン。

シチューだとか、そういう洋風なライスものを食べている感覚。

沼袋の民は、ぜひ訪問するべし。

◆店舗情報
所在地:東京都中野区沼袋4-31-1
営業時間:11:30〜14:30/18:00〜24:00
定休日:水、第1火

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧