« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の12件の記事

2013年1月31日 (木)

我武者羅@幡ヶ谷(9)

今月4回目の我武者羅・どっかん。

未食の油そば(中国)にしようと思ったが、3秒後には「生姜塩つけ麺(中盛り)700円」を選んでた。

シコシコ麺×生姜の辛さ×甘く煮た豚バラ肉の奏でるハーモニーが最高。

すりおろし生姜が大量に入ったスープで体がポカポカ。


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:11:30〜15:00/17:30〜24:00
定休日:月土日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:4点 +α:4点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

つけ麺 六@神泉

つけ麺 六@神泉
「つけ麺(大盛り)800円」
平打ち気味の太麺(目測300g)×煮干豚骨スープ。

“煮干”を売りにしているがニボニボはしていない。甘みが強く、スープのボディも重ため。

トッピングは別皿に盛られており、チャーシュー、メンマ、カイワレ大根の3種類。

チャーシューは煮豚に味をしみこませ表面を焼いたもの。

なかなか良い一杯ではないでしょうか。


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区円山町16-8
営業時間:11:30〜23:30
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

麺恋処 き楽@御成門

麺恋処 き楽@御成門
代々木にあるいそじの系列店、き楽で「つけめん740円」を食べた。

いそじの麺が美味しかった記憶があるので、期待して訪問。

麺はコシ、風味ともに申し分なし。かなりコシ強い。

スープは、塩気は強いがつけめんとしては味薄め。鰹(魚粉)が若干強め。

おいしいけど、ライトなつけ汁なので、麺との相性がイマイチかな。おしい。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ナルト。これらは全て旨い。

丁寧に作られた一杯で、麺・スープのバランス以外は◎。実におしい。


◆店舗情報
所在地:東京都港区新橋5-24-5
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜22:00 土11:00〜15:00
定休日:日祝

◆評価
麺:4点 汁:2点 具:4点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(71)

二週連続で「背脂煮干しつけ麺(300g)700円」。

これ以上の至福なし。


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:月11:30〜15:00/17:30〜24:00
定休日:火〜日

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:5点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

福の神食堂@秋葉原

福の神食堂@秋葉原
食べログ上で秋葉原界隈一番のラーメン屋、福の神食堂へ。

ラーメンの方が評価されている店(店もラーメンをメインにしてる)なのだが、「つけ麺(300g)750円」をオーダー。ツケメニストとして、ここは譲れない。

コシのある全粒粉入り太麺。盛りも美しく、よい。200g、300gいずれも同額なのは嬉しい。

スープは動物魚介スープ。まろっとした口当たりで、酸味が主張してくるタイプ。

スープ内には大きめの角切りチャーシュー1個、短冊切りチャーシュー数本、メンマ。

全体的にまとまっていて旨い。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区外神田3-4-1
営業時間:11:00〜21:00 土祝11:00〜20:00頃(スープなくなり次第閉店)
定休日:日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(70)

今年初どっかん。今日は寒いからか、ラーメン売り切れ。自分には全く問題なし。

初どっかんということで、奮発して「背脂煮干しつけ麺(300g)700円」に「味付玉子100円」を付けて食べた。

旨い。つけめん・ラーメン好きは皆、一度食べるべし。


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:月11:30〜15:00/17:30〜24:00
定休日:火〜日

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:5点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

鶏そば ムタヒロ 2号@国分寺

鶏そば ムタヒロ 2号@国分寺
めったに行かない国分寺まで足を延ばしたので、もう一杯。

北口にあるムタヒロの2号店だ。

1号店は煮干しメインだが、こちらは鶏メインの店。

一時期、どっかんでよくみた愛想&割腹のよい方が3名の店員とともに店を切り盛りしてた。いやぁ懐かしい。会話したことないけど(笑)

この1年ちょいで2店舗のオーナーとは凄い。それだけの腕があるのは、「ザハハ鶏つけ(300g)750円」を食べればすぐわかる。

つけめん、ラーメンともに醤油と塩の2種類あるが、メイン?と思われる醤油を選択。

また、薬味も生姜かゆずこしょうを選べる。ここは迷わず生姜を選択。

1号店と同じく、こちらもなかなかハイレベルな一杯。

全粒粉入りの平打ち麺に、シンプルで奥の深い清湯スープ。

この組み合わせがまたいい。

麺がスープをしっかり絡み、おいしくスルスル食べることができる。

スープに生姜を入れることで、生姜のピリッとした辛さがアクセントになりさらに美味しくなる。

低温調理の鶏チャーシューも美味〜〜〜。

スープ割りは、薄め、濃いめの好みを聞いてくれる気の利きよう。
薄めであっさりしたスープにしてもらったが、これまたグイグイいける。

当然、完飲。そして、店員さんからの“完食いただきましたー!”“ありがとうございました!”という感謝の言葉。

これ、どっかん時代に聞いたなぁ。完食したお客様に必ず言うようにしてるのだろう。

心も胃袋も大満足で店を後にした。

国分寺には、煮干し&鶏のムタヒロ以外にも、紅葉というかなり麺にこだわっているつけめん屋もある。国分寺市民はうらやましい。


◆店舗情報
所在地:東京都国分寺市本町2-3-6 タリホービル1F
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜23:00
定休日:不定休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば ムタヒロ@国分寺

中華そば ムタヒロ@国分寺
凪、我武者羅(弥彦、どっかん)で修業した方がオーナーの店、ムタヒロ。

凪も我武者羅(主にどっかん)も好きな店なので、ず〜っと気になっていたが、場所が場所なだけに、今までいけてなかった。

2012年の大つけ麺博で食べ、実店舗への思いが強くなり、その3ヶ月の今日、とうとう訪問することができた。

路地裏にある店だが、ポップでカラフルな看板と、行列が目印になるので迷うことはないだろう。

土地柄か、高校生も行列に並んでいる。

外で待ち、しばらくして店内へ。

おそらく昔はスナックであったであろう店内。壁にはフジテレビアナウンサー、ミオパンのサインがあった。

さて、ここで食べたのは「アハハつけ麺750円」。

大つけ麺博で食べて認識はしていたが、自分の好みど真ん中ストライクで思わずニヤニヤしてしまう。

凪とどっかんのハイブリットつけめん。

凪テイストな煮干し醤油に、どっかん的な要素をプラスした(背脂を浮かせた)スープ。

ニボニボ感を前面に出しながらも動物系スープで深みをだし、醤油ダレでキリッと、そして甘め

麺の上にはモヤシ・背脂・一味。これは、どっかんインスパイア。
チャーシュー・三ツ葉はオリジナル。

チャーシューはほどよく柔らかく旨味がありおいしい。

あと、大きめの海苔。

煮干し醤油をしっかり染み込ませた海苔は最高。

スープに麺をほとんどつけずに海苔と麺だけで食べる行為こそ正義。ジャスティス。

当然ながら最後のスープ割りも旨い。

帰り際の、店員さんによる、完食いただきましたー!あざーす

完全に凪だ、コレ。

国分寺に住みたくなる、素晴らしい一杯。


◆店舗情報
所在地:東京都国分寺市南町3-15-9
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜23:00(スープ終了時閉店)
定休日:不定休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

喜元門@研究学園

喜元門@研究学園
2013年1月現在、茨城No.1と言われている喜元門で昼食。

昔から人気だったらしいが、つくばに店を移転してからさらに人気になった店。

メインはラーメン系とわかりつつも「つけそば760円」をオーダー。

チャーシューを炭焼き、バラ肉、炭火焼き、低温調理、の4種類から選べる。

店のオススメは炭焼きとバラ肉とのことだったので、炭焼きを選択。

スープは流行りの豚骨魚介系。味のバランスがいい。

麺は冷水でしっかりしめていて、旨い。

そして、なんといってもチャーシュー。炭焼きチャーシュー以外にデフォルトで薄くスライスされたローストポーク?もついていた。

どちらも肉の旨みを閉じ込めつつ、丁寧に調理されている。ボリュームもあり◎。
これは人気なわけだわ。

研究学園には他に気になる店が二店舗あるが、はたして行けるのだろうか?
たまにしかつくばに行かないので、また喜元門にしてしまいそう。


◆店舗情報
所在地:茨城県つくば市苅間1223
営業時間:12:00〜14:00/18:00〜21:00 水12:00〜14:00(材料終了時閉店)
定休日:木

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:5点 CP:4点 +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

我武者羅@幡ヶ谷(8)

今年初の我武者羅・弥彦・どっかん。

我武者羅では油そばばかり食べてた(よってブログ記事なし)から、つけめんはかなり久々。

「生姜醤油つけ麺(300g)680円+味付玉子100円」をオーダー。

スープが気持ち甘くなったような気がする。酔っ払ってたから、舌がバカになってたのかもしれないけど。

味の主体は生姜であることにかわりはない。

…たぶん、甘めの味付けで煮た豚肉の甘みだな。


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:11:30〜15:00/17:30〜24:00
定休日:月土日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:4点 +α:4点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

ラーメン アキラ@本川越

ラーメン アキラ@本川越
つけめん界の大物、頑者。そのお膝元の川越で未開拓店舗訪問。

川越はたまにしか行かないので、ついつい頑者に行ってしまいがちだが、日曜は頑者の定休日なので、迷いなく他店にいけた。

選んだのは川越一の観光スポット、蔵造りの街並み近くにあるアキラ。

重要文化財に指定されてる川越商工会議所の建物の向かいに店を構えている。

基本メニューは二郎インスパイアだが、月替わりで限定メニューをやっているそうだ。

ここは注文の仕方が変わっていて、注文用紙にペンで丸をつけるスタイル。

つけ麺(二郎系ではなく魚介豚骨らしい)をオーダーしたが、既に売り切れとのこと。

仕方がないのでスタンダードな二郎系メニューのつけめん、「ザルラーメン780円」をオーダー。

ニンニク、ヤサイ、アブラ、カラメをコールできるが、お腹と相談しノーマルを選択。
食べログの写真を見る限り爆盛りっぽいので。

ノーマルはなかなか控えめで、麺200g弱+野菜は丼1/3くらいだった。

スープは二郎系にしては薄め。けど、全然おいしく食べられる。

そのスープ内に3〜4cmのブロックチャーシューがポーンと1つ入ってる。

このつけめんで評価したいのは麺。

ワシワシ麺というだけに、食べ応えのある食感。まさにワシワシ。
麺自体の味もなかなかのもの。

二郎系にしては味薄めなので、濃い味を求めてる人はカラメコールはマストかな。

行列してなかったら、食べられなかったつけ麺も試してみたい。


◆店舗情報
所在地:埼玉県川越市仲町2-2
営業時間:11:30〜14:30(LO)、17:00〜21:30(LO) 土日11:30〜16:00(売り切れ次第終了)
定休日:不定休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

初代 風見鶏@神保町

初代 風見鶏@神保町
北かま跡地にできた風見鶏で「濃厚鶏白湯つけそば(大盛り)780円」を食べた。

麺は並300g、大400g、同額。

最初にいっておくと、多くの人が想像するような濃厚トロトロのスープではない。どっちかというとシャバシャバより。

“濃厚鶏白湯”っていう名前じゃなきゃ、悪くはない。

スープだけでなくて、この店は風呂敷広げ過ぎで残念。

店構え→家紋つきの看板、リッチでキレイな店内だが、丸椅子が固定。カウンターとの距離&隣席との間隔が狭く成人男性にはストレスが溜まる造り。ターゲット顧客なのにね…。

真空調理の鶏チャーシュー
→スープ内にマイクロSDカードサイズの肉片が2切れ。

数十回試作しスープに合うよう改良したコシのある麺
→麺との絡みが悪いお世辞にもコシが強いとは言えない水道水を纏った麺。

がんばんないと、数ヶ月の命。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-24
営業時間:11:00〜22:00
定休日:未調査

◆評価
麺:1点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:1点
合計:11点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »