« つけ麺 弐☆゛屋@日進 | トップページ | 新橋つけ麺場処 大関@内幸町 »

2012年1月12日 (木)

カラシビつけ麺 鬼金棒@神田

カラシビつけ麺 鬼金棒@神田
カラシビの元祖、鬼金棒へ。

辛いのは嫌いだが、痺れは神保町可以でハマった味覚。

辛さを売りにしてる店には近寄らないようにしているのだけれど、この店は辛さの調整ができるので立ち寄ってみた。

食べたのは「カラシビつけ麺(大盛り・冷もり・カラ少なめ・シビ普通)850円」。

まず、システムを説明します。

食券を店員さんに渡すと、麺の量→麺の温かさ→辛み痺れの調整の順に質問されます。

麺の量は、並盛り(160g、半味玉or半もやし付き)、中盛り(240g)、大盛り(320g)の三段階。

麺の温かさは、冷もり、あつもりの二択。

カラシビは、抜き、少なめ、普通、カラ増し(シビ増し)、鬼カラ(鬼シビ)の五段階。

以上、システムの説明でした。


カラシビを調整すると、結構表情の違う味を楽しめる気がする。

昨年、辛いつけめんに体を破壊された恐怖から、辛さを抜こうと思ったが、カラシビじゃなくシビになってしまうので、辛みを少なめにしてみた。

痺れが前面に出た、濃厚味噌スープ。風味のある花椒のシビれがヤミツキになる。

そして肝心の辛み。


全然ないじゃん!やったね!!


少なめにしてよかった。

…と思っていたが、食べ終わり近くで結構汗が噴き出してきた。

痺れでカモフラージュされてるだけで、しっかりスパイスが入っているのだな、と思った。

麺は太麺。濃厚スープなので相性◎。

スープと並んで、具がイイ。ヤングコーン、もやし、そして、バラ肉チャーシュー。チャーシューというか肉塊。

厚さ7〜8cmはあるであろう円柱のチャーシュー。

よく煮込められていて、柔らかい。味もよい。

はじめ、850円は高いな〜、と思っていたが、そんなことはない。

妥当な価格設定。

再訪するな、ここ。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区鍛冶町2-10-8
営業時間:11:00〜16:00/17:30〜21:00 土祝11:00〜16:00(材料終了時閉店)
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

|

« つけ麺 弐☆゛屋@日進 | トップページ | 新橋つけ麺場処 大関@内幸町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/43741366

この記事へのトラックバック一覧です: カラシビつけ麺 鬼金棒@神田:

« つけ麺 弐☆゛屋@日進 | トップページ | 新橋つけ麺場処 大関@内幸町 »