« まりお流ラーメン@新大宮 | トップページ | 無鉄砲 つけ麺 無極@野方 »

2011年11月20日 (日)

ふれんちラぁ麺 GASPARD@烏丸

西ノ京(奈良)の無心SHABATONに行ってみた。

が、つけめんなかったので店の中に入りながらも、店を後にする。ラーメン、まぜそばなんざ食べたくありません。

まあ、西ノ京にきた目的は、薬師寺&唐招提寺だったからあんま気にしない。
つけめん目的だったら発狂してた。間違いなく。

ふたつの寺院でひととおり観たいもの観て、そこから淀に移動。

目的は言わずもがな混戦模様のマイルCS。

ダノンヨーヨーがもうちょい頑張ってくれれば最高だったんだけど、パドックみて単勝購入を決めたエイシンアポロンのお陰で、つけめん代を生み出すことができた。

で、その泡銭を握りしめながら京都市街にあるフレンチらぁ麺ガスパールへ。もともとフレンチのお店でランチのみラーメンやってたらしいが、ラーメン一本に切り替えた店だそうだ。

ちなみに関西のラーメン本情報。

烏丸駅を出て京都駅を背に烏丸通りを歩いた右手にある。

ビルの地下一階なのだが、行列があるのですぐわかるはず。

客層は女子比率がかなり高い。

カップルor夫婦と、女子二人組が大半。ラーメン屋顧客のド定番、野郎一人は、この店では一握り。

自分の前後の客を計40人くらいみたが、野郎一人客は、自分ともうひとりしかいなかった。

店の一階入口から並んだのだが、1時間強待つことになった。

理由はふたつ。
ひとつは女性客多いから食べるスピードが遅く、回転が早くない。
もうひとつは行列の長さ。外からは階段降りきったところが店の入口に見えるのだが、実際は折り返してさらに階段を下る。よって、1階入口に列を成しているということは、20人近く並んでいるということ。
(ちなみに入口より後ろの待ち客は烏丸通りの歩道沿いに並ぶ)

その大行列の先にある店内は、女子率が高いことも頷けるおしゃれな内装。
厨房に背を向けたカウンター、テーブル席、という構成。

4種類あるメニューのうち、2つがつけめん。オニオンスープのつけめんも気になったが、選んだのはオマール海老を使った「スープ・ド・ポワソン らあめん880円」。

ここの全メニュー、なんと、つきだしがある。

ハムのムースとプチパン。

ふれんちラぁ麺 GASPARD@烏丸

ほんとプチ。小さい。スーパーボール(いまあるのかしら?)ぐらいの大きさ。

フレンチとか食べないので、ハムのムースは初体験。ほどよい塩加減でおいしい。

続いてメインのつけめん。

ふれんちラぁ麺 GASPARD@烏丸

裏ごしした魚、オマール海老、トマト、バジルなどを使ったスープ。
そのまま飲めるくらいの濃度のおいしいスープ。

見た目どおりの上品な味わい。

具は一切なく、水ぎょうざ3個100円、6個200円を追加するシステム。(食べてみたが、皮厚めなので、好みが分かれると思う)

麺は国産小麦を使った全粒粉入り細麺。

サラっとしたスープに合うように細麺にしたのだろう。よい選択。

配膳の際に、店員さんが麺に冷凍レモンをその場で削り降りかけてくれる。

このレモン、酸味と涼感がプラスされてイイ。

麺を食べ終えた頃、カニクリームコロッケごはんのっけが運ばれてくる。

茶碗に1/3くらいのごはんに、小さなコロッケがちょこんと乗っている。

そこにスプーン(レンゲでなく、あの銀色のスプーン)で余ったスープをかけて食べるスタイル。

ふれんちラぁ麺 GASPARD@烏丸

カニ×エビの甲殻類コラボレーション。いいね。
コロッケ好きも納得のおいしさ。

おいしいものを少しずつ楽しむフレンチ的なつけめん。並ぶけど、面白い趣向でいいと思う。

◆店舗情報
所在地:京都府京都市中京区烏丸蛸薬師下る東側 四条烏丸スタービルB1F
営業時間:11:30〜16:00(LO)/17:30〜22:00(LO)  土日11:30〜22:00(LO)
定休日:木

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:4点 CP:1点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

|

« まりお流ラーメン@新大宮 | トップページ | 無鉄砲 つけ麺 無極@野方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/43578194

この記事へのトラックバック一覧です: ふれんちラぁ麺 GASPARD@烏丸:

« まりお流ラーメン@新大宮 | トップページ | 無鉄砲 つけ麺 無極@野方 »