« 咸亨酒店@神保町 | トップページ | 本格つけ麺 たれ蔵 銀座店@東銀座 »

2011年6月 3日 (金)

神保町 可以@神保町(24)

神保町 可以@神保町(24)
本日の晩飯は、リニューアルオープンした可以。

可以ファンである会社の先輩が今日の昼過ぎに食べに行き旨かったと行っていたので、期待値高めで訪問。

以前は味噌ラーメンと味噌つけめんの二本立ての店であったが、完全なるつけめん屋として生まれ変わった。

ラインナップが減ったのかというと、そんなこっはない。

以前は味噌、醤油、辛味噌の3種類だったが、リニューアル後は醤油、味噌、海老醤油、海老味噌、辛醤油、辛味噌、カレー、トマトの8種類に大幅増。

二色つけめん850円はこの中からニ種類、三色つけめん950円はこの中から三種類のスープを選べ、複数の味を同時に楽しめる趣向。

麺ニ種類は何度か経験しているが、スープ二種類は我がつけめん人生初。のはず。

さらに!

並盛り300g、中盛り400g、大盛り500g全て同額。
小麦高騰の時代にまさかの大盤振る舞い。

チャーシュー、メンマ、葱の素材を変え、そこで単価を落としたように見受けられる。

スープでも単価落としてるかもしれないが、そんなことを詮索する必要のない一杯、否、二杯に仕上がっている。

本日は無難に「二色つけめん(中盛り・味噌・海老醤油)850円」をオーダー。

2つのスープに合わせる麺は、以前と異なり太麺。

スープに負けないよう麺自体にインパクトをもたせたのだろう。
この判断は正解。

次にスープ。

味噌は動物系濃厚味噌。フルボディなドロ系味噌。
以前は花椒の痺れと八丁味噌のド濃厚味噌辛さ咸が病み付きになるマニアにはたまらない一杯だったが、もう少し広い範囲の客に受けそうな味に変えたようだ。

個人的には、グレードダウンした感が否めないため残念なスープ。

限定かつ高めの 価格設定でいいから、昔の八丁味噌&煮干し&花椒つけめんを復活してほしいな。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町2-2-12 サンエスビル1F
営業時間:11:00〜20:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:4点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

|

« 咸亨酒店@神保町 | トップページ | 本格つけ麺 たれ蔵 銀座店@東銀座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/40320478

この記事へのトラックバック一覧です: 神保町 可以@神保町(24):

« 咸亨酒店@神保町 | トップページ | 本格つけ麺 たれ蔵 銀座店@東銀座 »