« 麺屋 狢〜むじな〜@八幡山 | トップページ | ラーメン にぼいち@西泉 »

2011年5月16日 (月)

冨單@西泉

冨單@西泉
今日から北陸出張。図らずして午前中のアポが入らなかったので(午後はハードに4件)、早めの昼飯を金沢市、いや、石川県一のつけめん屋、冨單(ふうたん)でとることに。

この店、六厘舎で修行した店主が開いた店ということで、味の想像はできていた。
あとはどれほどのクオリティかを堪能するのみ。

最寄りを西泉にしたものの、駅から徒歩20分くらいはかかる。

金沢から行くなら、東口8番、9番バス乗り場から有松経由のバス(有松で降りるから行き先はなんでもいい)に乗った方がよい。

バスに乗ること20分強、有松のバス停で降り、さらに歩くこと5分弱。
いいスープの香り漂う方向に歩を進めていくと、プレハブ的な外装の店舗に辿り着く。

店に入り、食券を買い、案内された席に着席。

あっさり、ってメニューもあったが、レベルを測る意味でもスタンダードな「つけめん800円」を選択。

麺量は並で300g。+100円で大盛りにすると、なんと450g。
両脇の男性(ガテン系兄ちゃん、近所の人と思しき中年オッサン)が大盛りを食べていたが、まさに男の丼。

久々にあんな麺の山を見た。

自分はかわいく?並を平らげた訳だが、極限の腹ペコでなければ並で十分足りる。

あわよくば2軒連食、とか思ったけど、量だけでなく内容的にもなかなかのものだったので、完食後、即バスに乗り香林坊へ。

どんな内容だったかは以下のとおり。

麺は太麺。見た目から、もちもち系の麺かと思ったらその真逆。固めで噛み応えのある麺。小麦をギュ〜っと固めました、って感じ。茹でたりなかったのか、狙いなのかは不明。合わなくはないのでいいと思う。
少し水切り悪かった点のみがマイナス。あとは〇。

スープは六厘舎系の、濃厚豚骨魚介スープ。
本場で修行しているだけに、この系統ではハイレベル。うまい。

東京の流行りの味を地方で提供している店に何軒か行ったが、その中で一番のデキ。比べることに何の意味もないが、福岡の有名店(6店舗くらい出してるとこ)は、凌駕されている。

完成度の高いスープ、ということを言いたかっただけ。

スープにはチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト。そして、魚粉。オンザ海苔スタイルではなく、最初からスープに入れられている。

つけめんの本場、東京でも十二分に戦える力を持っている。満足。

◆店舗情報
所在地:石川県金沢市有松2-5-40
営業時間:11:00〜16:00
定休日:水

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:4点 CP:3点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

|

« 麺屋 狢〜むじな〜@八幡山 | トップページ | ラーメン にぼいち@西泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/40169704

この記事へのトラックバック一覧です: 冨單@西泉:

« 麺屋 狢〜むじな〜@八幡山 | トップページ | ラーメン にぼいち@西泉 »