« らーめん桜梅桃季@木屋瀬 | トップページ | 入船食堂@渡辺通 »

2011年4月16日 (土)

ちゅるるちゅーら@永犬丸

ちゅるるちゅーら@永犬丸
04/16 12:57
こっちの地名は難しいな。永犬丸と書いて“えいのまる”と読むそうだ。

永(え)、犬(い)、の、丸(まる)ってことだろう。読めんよ、これは。

さて、木屋瀬(こやのせ)にある桜花桃季に続いて、永犬丸にあるちゅるるちゅーらで「冷つけ麺<小:1玉>660円」。

中:2玉は830円、大:3玉は1000円。

注文前に店員のネーチャンに1玉どれくらいの量か問い掛けてみたが、わからない、ごめんなさい、とのこと。

正確な数字を知りたかっただけで、桜梅桃季からの連食のため、どんな量で小にする予定だったので、気にせず小を頼み配膳を待つ。

待つこと5分程度、かなりスタイル出してるつけめんが運ばれてきた。

が、麺量が尋常じゃないほど少ない。
目測する限りでは1玉120gといったところか。

二食目の自分にとっては胃に優しい量だが、これ一食に命を懸ける男子諸君は、中:2玉以上にすることをオススメする。

味は魚介豚骨つけめん。魚粉が魚介スープを補強し魚感を強めている。また、柚子によりこってりスープに一瞬の爽やかさが演出されている。
若干の酸味が気になる。
味はかなり濃いめでそのまま飲むにはキツイレベル。まさにつけめんのそれ。

麺は細めのストレート麺。温めの水で締めている。個人的にはもうちょい固めに茹で上げるか、冷水でしっかり締めてもいい気がした。

スープと麺はまあまあのレベル。が、特筆すべきは、小ぶりだが分厚いチャーシュー。
スープ内に投入されたキャベツの上に柚子の皮をお供に連れて鎮座している。

見た目からしてこのつけめんの王者たる貫禄十分。

表面をカリッと焦がすことで、食感と焦げの苦みを出し、味の幅を広げている。
このチャーシューを噛み締めると中からジューシーな肉汁が溢れ出す。素材の良さもあいまって、思わず笑みがこぼれ落ちる。
表面を固めて旨味を閉じ込めていたようだ。
いい仕事し過ぎ。

量の割に強気の値段設定だな、とも思ったがちょっと納得。

◆店舗情報
所在地:福岡県北九州市八幡西区里中1-6-10
営業時間:月〜金11:30〜15:00/18:00〜22:00(LO21:50)
日祝11:30〜22:00(LO21:50)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:5点 CP:1点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

|

« らーめん桜梅桃季@木屋瀬 | トップページ | 入船食堂@渡辺通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/39754006

この記事へのトラックバック一覧です: ちゅるるちゅーら@永犬丸:

« らーめん桜梅桃季@木屋瀬 | トップページ | 入船食堂@渡辺通 »