« 入船食堂@渡辺通 | トップページ | 背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(47) »

2011年4月18日 (月)

ラーメン凪@新宿三丁目(4)

ラーメン凪@新宿三丁目(4)
今日、ゆうじ軍団にずんだ枝豆先輩が帰ってきました!!

まさかまさかの、今日、オワタ\(^O^)/

根っからの、こちら側の人間なんですよ。傷を舐めあわざるを得ないんです。ペロンチョ。

枝豆先輩の帰還を皆で祝う(慰める?)ため、ゆうじ軍団(殿、ガダルカナオ・ヤス)と偉大なる人間のクズ(グランド・マスター)と、沼田で酒を飲み交わし、最後の〆につけめん屋へ。

結構お気に入りだった我竜冥心が閉店しててショック。しょうがないのでゴールデン街のラーメン凪へ。

鉄砲玉として店内を偵察。バラバラに4名しか入れない。

先に諸先輩方を案内。そして二言三言。
“つけめん旨いっすよ。ラーメン食ったことねぇっす。旨いかわからんです。”

枝豆先輩はこの発言意図を汲み取り、ラーメンをオーダー。
殿とらっきょとカスはつけ男の発言意図を汲み取れず、「つけめん(300g or 400g)800円」をオーダー。

自分でオーダーしときながら文句言われる筋合いはないですわ〜。だって店名“ラーメン”凪ですよ!?

売りはラーメンに決まってるでしょうに。

確かにラーメンスープは旨かった。つけめんスープからは想像のつかない、上品な煮干しダシ。エグミなく◎。

けど、軍団の皆様、ラーメンとつけめんとでスープの系統が違うことの意味、Tの意志を理解していただきたい。

ラーメンスープは一期一会のお客さんを重視した無難な着地点をみている。万人に受け入れられることを考えたバランス系。

片や、つけめんスープはインパクト重視のヤミツキ系。
クセのある味わいではじめて完成される。冒険心と遊び心溢れるものでこそなのだ。

我がフェイバリットつけめん(どっかん@幡ヶ谷)がそうであるように。

苦みの強いスープだからこそ、頭にも舌にも記憶に残り、また食べたくなるのだよ。

一杯だけでジャッジメントするとは素人どもめ。

なんで錦にハマるのか?
それはアノ甘ったるいスープが忘れられないから。
そうじゃないですか?キャプテン!?


◆店舗情報
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10-2F
営業時間:11:30〜15:00/19:00〜翌4:00
定休日:日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

|

« 入船食堂@渡辺通 | トップページ | 背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(47) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/39822509

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン凪@新宿三丁目(4):

« 入船食堂@渡辺通 | トップページ | 背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(47) »