« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の19件の記事

2011年1月30日 (日)

釜炊き豚骨ラーメン きら星 満天@中野

釜炊き豚骨ラーメン きら星 満天@中野
中野駅前にある濃厚な豚骨の店。

本店であるきら星@武蔵境のつけめんは数年前に実食済み。ドロッとした豚骨が衝撃的で旨かったイメージがとても強い。

そして二号店である満天。開店したばかりの、つけめんをやってなかった頃に訪問して、ラーメン食べたが、イマイチだったイメージがある。

で、本日。「つけめん(中)750円」を食べてみた。

バイトと思われるおねーちゃんに聞いてみたところ、並(1.5玉)、大(2.5玉)とのこと。

なぜ0.5玉刻み?中盛りが一番でるから中を2玉にして麺を分ける手間を減らした、とかそんな理由なのかしら?

あと麺の量をグラムで教えてほしかったけど、何玉としか言ってこないということは、知らないのだろう。

並を200gと考え、中=2玉≒300g弱と勝手に計算。

結果、不的中。もっと多い。350g〜400gって感じ。いい意味で期待を裏切る量と言えるだろう。

肝心の味はというと…

なんだこれ?

スープに浸けてるのに、ほぼ麺の味しかしない。

スープだけ飲んでみるとそれなりに味はあるのだが、何か浅い。

自家製麺だったり、羽釜で炊き出した豚骨スープだったり、こだわって作っているであろう一杯だけに残念感が非常に大きかった。

◆店舗情報
所在地:東京都中野区中野3-34-24
営業時間:11:30〜22:00
定休日:木

◆評価
麺:3点 汁:1点 具:3点 CP:4点 +α:2点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

豚骨つけめん屋 わっぜ@赤羽

豚骨つけめん屋 わっぜ@赤羽
埼玉でアポ後、赤羽のわっぜで「濃厚豚骨魚粉つけめん(中)750円」とラーナビの半熟味玉サービスクーポン。

ちなみに麺は茹で前で並250g、中375g、大500g、全て同額。なかなか気前がいい。

塩辛さが強い豚骨スープ(マー油入ってるらしいが、若干の香ばしさしか感じられず)に、エッジのある太麺、という内容。メニュー名にある魚粉は、麺上にあるノリの上に盛られているほか、卓上の壺の中に入れ放題の魚粉がある。

以下、店主さんが見てくれるかはわからないが改善ポイントをいくつか。(たぶん見てくれない、そもそもこのブログ知らないはず)

■しっかり麺の水気を切ること。

→水切り不十分のため麺が水でコーティングされててスープとの絡みが悪いため。

■スープの器を一回り小さくした方がよい。

→器が大き過ぎてスープが水深1cmぐらいしかなく麺を浸けづらい。スープにごはんを入れ、卓上のIHで温めるリゾットセットを意識して大きめの器にしているのだろうが、メインはつけめんであることを忘れないでほしい。

■オーダーをメモる

→クーポンの味玉が入ってなかった。食べおえてから気付いた&タダだから大目にみるけど…

◆店舗情報
所在地:東京都北区赤羽1-2-5
営業時間:11:30〜翌4:00
定休日:日(連休の場合、最終日)

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:2点 CP:4点 +α:2点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

うぜん@中野新橋

うぜん@中野新橋
我が家の側にあるお客さんのもとへ訪問。

直帰できたらサイコーなのだが、残念ながら帰社せざるをえない状況…。

今現在、生きている大半の時間を過ごしている神保町で晩飯を食べるのもなんなので、新中野界隈で飯を食ってから帰社することにした。

訪問したのは、中野新橋駅近くにある、うぜん。毎週末走っているマイ・ランニングコース上にあるため、存在は知っていた。
しかし、走っている途中に汗だくで行くわけにもいかないし、下車しない駅なので一度も訪問したことがなかった。

狭そうなことは見ていてわかっていたが、訪問しドアを開けてみるとカウンター5席、とイメージ以上にこじんまりしていた。

先客はひとり。作り手はなんと女性一人。これはビックリ。好日@東中野とか、うえだ@志木とか、桃の木@新宿御苑とか、女性が店主としてスタッフたちと切り盛りしている店は稀にあるけれど、一人ってのは記憶ない。

料理人って佇まいではなく、主婦的な佇まいの方なので、はたして完成度はいかほどのものなのか?と興味津々で「鶏塩ポタージュつけ麺(並)790円」を待つ。

200g弱の平麺に、茹でキャベツ、豚バラ肉、半味玉が盛られている。
そして、真っ白なスープ。青葱の緑とのコントラストが美しい。

見た目、かなりスタイルだしてる。おいしそう。

写真におさめて、いざ実食。

なんといってもここの売りはスープ。丁寧にこされたベジタブルポタージュスープ。つけめんのスープだけに塩気は強めで、ほんのり鶏の旨味が感じられる。

流行りの濃厚豚骨魚介とは異なるベクトルの、ほっこりする味わい。

麺が少なめなので、腹ぺこ男子は大盛りにするか、リゾットセットを追加した方がいいかもしれない。

トッピングの豚バラ肉は薄めの味付け。麺×肉×スープではじめて完成された味になる。

そしてキャベツ。驚くほどに甘みがある。ナチュラルな甘さで、たまらない。

玉子も半熟で優等生な出来栄え。

中野近辺はやはりつけめん天国。クオリティーの高い一杯を提供する店が多い。

胃袋と心がが満たされ、このあとの仕事も頑張れそうだ。

◆店舗情報
所在地:東京都中野区本町3-12-13
営業時間:11:30〜15:00/17:00〜スープなくなり次第終了
定休日:

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:4点 CP:2点 +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋武蔵 巌虎@秋葉原

麺屋武蔵 巌虎@秋葉原
秋葉原にある武蔵系列店で、「つけ麺(中盛・魚介)750円」。

麺の量(並210g、中300g、大420g)と、油(魚介、柚子)を選択して注文するスタイル。

塩気と動物的な甘みが強く、こってりとしたスープ。煮干しを使っているようだが、前述の素材感が強く、あまり強調するところではない。

スープ内にはチャーシューとメンマが少量入っている。

トッピングありのメニューはドカ盛りだが(まわりがそうだった)、スタンダードメニューは普通のお店レベルの量。

ちなみに、麺はオーション入り(たぶん)のかたい麺。味はよい。かたさは好み。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区外神田1-3-9
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:3点 CP:3点 +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

ラーメン凪 炎のつけめん@西新宿

ラーメン凪 炎のつけめん@西新宿
後輩と外出。思いの外時間がかかり、お客さんのところを出たのが18:00過ぎ。時間帯に直帰コース。

近くのバス停からバスに乗れば家まで10分という好立地だが、会社にたまりにたまった仕事があるため、帰宅でなく帰社せねばならないという残念な現実。

腹が減っては仕事はできぬ、ってことで、ラーメン凪 炎のつけめんへ。
※一階は特級煮干そば凪という系列店(親)なので注意。外の細い階段を上り、二階に店がある。

この店は超ド級のニボニボ感を誇る煮干しラーメン・つけめんが売りの凪の系列店。

ここもおそらくニボニボなのだろう、と勝手に思いながら訪問。というのは、ネットで特級煮干しそば凪の2階がつけめん屋になったという情報しか見ずに訪問したため。

頼んだのは、「つけめん(300g)750円+一反も麺50%盛り50円」。

一反も麺とは何かというと、3Cm幅くらいのひらべったい麺。
通常は2、3枚ついてくるらしいのだが、+50円の50%盛りで麺の半分を、+100円の100%盛りで麺全てを一反も麺に変更できる仕組み。

ここの売りは完全に麺。強い跳ね返りのあるデフォルトの普通の麺は、味もよく食べ応えがある。
これだけでもつけめんとして満足いくのだが、さらに一反も麺があるわけだ。
ツルツルッとした食感で楽しい。しかも旨い。

食楽。

雑誌名みたいな感想。

スープはまさかの甘辛酸を兼ね備えた、昭和な味わいの醤油スープ。個人的にはあり。

ただ、後輩の口には合わなかったようで、スープ割しながら9割9分残してた…。

好みの味ではなかったようで、ごめんねごめんねー!

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区西新宿7-13-7(2階)
営業時間:11:30〜15:00/17:30〜22:30  土11:30〜15:00
定休日:日祝

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

裏りょうま@新井薬師前

裏りょうま@新井薬師前
咳が3週間とまらない。流行りのマイコプラズマだったらやだな。

あと、花粉。2月上旬から昨年の6倍以上飛散するらしい。そう聞いただけで鼻がムズムズする。

てことで、不安で不安で仕方ないので、中野区内にある耳鼻咽喉科へ。花粉症の薬一週間分と、普通の咳止め薬一週間分、強力な咳止め薬を3日分もらった。
なんとか本格的に花粉が飛ぶ2月に入る前に咳を完治せねば…。二重苦だけはイヤ。

そんなこと思いながら、頭では次のことを考え出す。遅い昼飯につけめんを食べることを、だ。

中野の北側に来たついでに、大美屋(ベジポタつけめんの店)かうさぎちゃん(せたが屋店主の前島氏プロデュース)に行こうと思ったが、どちらも中休みの時間帯。

超ラーメンナビで調べたら、昔ちょいちょい通ってたRYOMAにて、裏りょうまという2ndブランド店を曜日限定でやっていることがわかったので、行ってみることに。

RYOMAは鶏×鰹の塩スープの店だが、裏りょうまは特選煮干し醤油を売りにしている。

煮干し醤油、と聞いて、勝手にサラッとした甘辛酸を兼ね備えた醤油スープを連想していたが、ちょっと違った。

ここの「つけ麺(780円」は、豚?×煮干しで酸味を強めに効かせたタイプの物だった。

これにコシのある太麺を浸けて食べる。麺は旨い。

スープ割りをしても酸味の強い薄いスープになるだけなので、スープ割せずにごちそうさました方が満足感あり。

器やレンゲはモダンだが中身は一昔前のつけめんって感じ。

◆店舗情報
所在地:東京都中野区上高田3-19-6 DolcheVita1F
営業時間:月水土11:00〜24:00
定休日:火木金日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

麺屋33@神保町(16)

麺屋33@神保町(16)
今年二杯目の33。本日二杯目ともいう。

「つけめん33(塩・極太麺・中盛り)750円+小松菜100円」。

当然、昼間とは別の味・麺。

麺。

数ヶ月前に食べた極太麺とは明らかに別の麺になっていた。

以前は流行りの極太麺(断面が丸く、ちぢれたもの)だったのだが、通常の平打ち麺をさらに太くしたものに変えたようだ。

いやー、これは恥ずかしい。

何でかというと、それは数日前、後輩がひとりで33に極太麺のつけめんを食べに行った時の話。

帰ってきた後輩に麺の感想を聞いてみる。

味やスープとの相性についてのコメントはなく、むしろ通常のものと何が違うのかわからなかった、との感想。

そこで、知ったかぶって、そもそも見た目から違うだの、小麦の風味がいつもより強いだの語ったのだ。
で、今日、自分が話していたことが、後輩からしたら意味不明な発言だったことがよーくわかった。

いやー、恥ずかしい。小ばかにして失礼しました、と言いたい。まだ言ってないけど…。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-44
営業時間:月〜金11:00〜15:00/17:00〜24:00(スープなくなり次第終了) 土日11:00〜15:00/17:00〜21:00(スープなくなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:5点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋33@神保町(15)

今年初33。

食べたのはスタンダードに「つけめん33(醤油・中盛り)750円」。

やはり旨い。スープが素晴らしい。この店を通い続け、世の中で旨い店として格付けされてる店と比較し、今日、確信に変わった。

スープを最高ランクに格上げ。

間違いない。判断遅かったくらい。

いろんな旨味が凝縮された、フルボディなスープこそがこの店の主役。麺を美味しくたべるためにはなくてはならない存在。

可以も捨て難いが、神保町最強。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-44
営業時間:月〜金11:00〜15:00/17:00〜24:00(スープなくなり次第終了) 土日11:00〜15:00/17:00〜21:00(スープなくなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:5点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(43)

最近、年始からずっと会社出るのが24時過ぎ。

疲れたー。

薬切れ!

昼に摂取した常陸屋@新橋の豚しゃぶつけめんなんかじゃ、この疲れはとれない。

てことで、やらなきゃいけないことをほったらかして、薬注入。

「背脂煮干つけ麺(300g)700円」。

これであと一日頑張れそうだ。


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:17:00〜24:00
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:5点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

つけめん 常陸屋@新橋

つけめん 常陸屋@新橋
コートを羽織らず外出。

なにボケてるんだろう…クソ寒い。。

こんな寒い日はつけめんに限る。冷水でしめられたつけめんは格別。最高。最強。

今回訪れたのは新橋にある常陸屋。

オススメの「豚しゃぶつけめん880円」をオーダー。

全粒粉入りの丸麺(断面が丸い麺)。

全粒粉独特の香ばしさが弱いが、こしがあり、かつ丁寧に水切りされたいい仕事っぷりが光る麺。

スープは丸鶏ベースで、道産昆布、椎茸、玉ねぎ等の野菜を使用し、じっくり煮込んだスープとのこと。

ほのかに酸味があるスープ。捕え所のない味だが、悪くはない。

麺上には豚しゃぶ、水菜、もやし、メンマ、味玉。

水菜ともやしの評価は華麗にスルー。

味玉はちょい味濃すぎ。

メンマはゴマ油を効かせたものでサックリとした歯ごたえが好印象。好みの味付け。

そしてメインのトッピング、豚しゃぶ。

無難。

当然ながら茹で置き。

しかし、茹で置きでなく都度茹でた方がいい気がする。せめて昼時・晩飯時以外だけでもやっていただけないものだろうか。

高望みか…。

◆店舗情報
所在地:東京都中央区銀座8-11
営業時間:11:00〜23:30(LO)
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

我武者羅@幡ヶ谷(4)

我武者羅@幡ヶ谷(4)
未食だった我武者羅の「辛生姜つけ麺(300g)720円」

これで現在の我武者羅・弥彦・どっかんのつけ麺を実食したことになる。

コンプリートはおまけなようなもので、本日の目的は我武者羅の麺をどっかんと比較すること。

まず見た目。
似た色だが、我武者羅のものには黒い粒々が練り込まれている。何だろうか?

次に食感。
我武者羅はコシが強いタイプ。どっかんはもっちりした弾力のあるタイプ。

我武者羅はスープはキリッっしたスープなのでコシのあるものを選択し、どっかんはド濃厚醤油なので、もっちりしたものを選択しているのだろう。

どっかんリピーターであるにも関わらず前、以前、同じ麺だと勘違いしたのが恥ずかしい限り。

スープにあわせて麺を選んでいれこだわりの一杯であることを意識して、噛み締めて、ありがたくいただくようにしたい。

これで本日の目的は達したわけだが、ここからは辛生姜のレビュー。

醤油生姜スープにドカッとラー油を入れ、辛みを出している。個人的にはアウトな辛さ(ワタクシ、辛いものが苦手です)、常人にはピリ辛な辛さ。

麺上のトッピングがいつもより寂しく見えたが、麺上に置いてたメンマ、ほうれん草をスープ内に入れるスタイルにしたことが原因のようだ。

よって量は昔と変わってないということ。

辛いの弱いからよしとけばよいのに、スープ割して完飲。

コート着ても凍える寒さなのに、ひとり汗かいて店を後にした。

ラーメン<つけめん、辛いの大好き、芯から温まりたい、って人にオススメ。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:11:00〜15:30
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:2点 具:4点 CP:4点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

麺匠 ヒムロク@田無

川越いく途中に田無でつけめん。

池袋(最寄り駅は西武池袋線の椎名町)のBASSOドリルマン出身の店主が一人で切り盛りしているヒムロクへ。

カウンター7席で完全入れ替え制。自分のひとつ前の組の中にメチャメチャ食べるの遅い女子がいて、見えない凄いプレッシャーの中、黙々と5分くらい麺を啜っていた。

入れ替え制で味わいながら食べても最速な自分には無縁な状況だが、いたたまれない光景だった。

ということで、つけめん屋で最後に残らないための食べ方講座。

1.一度に啜れる量の麺を掴む
→一度に食べらない量の麺をスープに入れると必ず麺がスープ内に残る。これを食すためにスープ内から麺を見つけ出す行動がタイムロスに繋がる。

2.麺はスープにどっぷり浸けすぐ啜る
→スープ内で5〜10秒ジャブジャブする人がいるが、あれ、意味なし。スープがすぐ温くなってしまうし別に味変わらんし。どっぷり浸けて3秒くらいで啜ることをオススメする。一食につき20回浸けるとしたら40秒〜2分20秒短縮できる

3.啜れないならレンゲを使う
→啜らないとスープを楽しめない。啜れないなら麺を口に入れた後にスープを少量口に入れる。

これで大分スピードアップするはず。それだけでなく美味しく食べられるはず。

さて、ヒムロクのレビューに戻そうと思う。

店主が器を置く音、厨房から出てくるときの扉の音(膝蹴りした?)が大きく、客から食券をもらうときのやりとりの機械的なやりとりから、あまり接客向きな方でないなと思った。が、つけめん作りは麺の茹であがり具合を自分の舌でチェックしたり、スープの器をレンジで温めたりと、結構気を遣っていて感心した。職人気質なのだろう。

その職人気質(と思われる)店主の作った「つけそば(中盛り)780円」。

Rimg1617

麺は角張った極太麺。全粒粉を混ぜこんでおり、風味が豊か。かため(芯が残っているわけではない)で荒々しい食感。

ラーナビによると三河屋製麺特注の麺とのこと。さすが三河屋、といいたくなる旨さ。(自分の大好きなどっかんも三河屋。ここの麺とは全く異なるタイプの麺だが)

スープは流行りの濃厚動物魚介系。悪くないけどちょい塩気がつよく尖った味。よってこのスープに沈んでいるチャーシュー、メンマもスープの塩気を纏ってしまっている。

まだまだ改良の余地がありそうな一杯。

※私的な話しですが、今年から麺評価が若干甘くなります。昨年末、道で辛口過ぎることに気づいたので。麺に対して夢見すぎ。現実をみることにしました。

◆店舗情報
所在地:東京都西東京市田無町3-9-10
営業時間:11:30〜16:00(スープ終了時閉店)
定休日:水

◆評価
麺:5点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

丸め 〜背脂煮干〜@武蔵小金井

立川の晴からの連食。

丸めの「燕三条系つけ麺750円」。

Rimg1616

背脂煮干し食べ比べ。

晴は上品な路線だが、こちらはジャンキー路線。

太麺×甘じょっぱいこってり醤油スープ。油っこさで鼻がツンとするほど強烈な濃さ。

麺量は目測350〜400gとかなりある。

スープ内にはトロトロチャーシュー。これまた甘じょっぱい。

スープだけで飲んでもおいしくないのでやめた方がいい。

麺を浸けることで、はじめて存在意義を主張することのできるスープ。

店内に漂う煮干しの香りに反して、煮干し感が全くない一杯。ジャンキーな一杯を求めているときにオススメ。

◆店舗情報
所在地:東京都小金井市本町2-20-4
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜22:00(売り切れ時閉店)
定休日:火

◆評価
麺:4点 汁:2点 具:3点 CP:4点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背脂煮干そば 晴@立川

昨秋から気になっていた、背脂煮干しそば晴。

なぜかというと、賢明な当ブログ読者には言うまでもないが、自分が愛してやまないどっかんと同じ背脂煮干しだから。

立川のアレアレア2の3Fにあるラーメンスクエアで催している、ラーメントライアウトで優勝し、昨秋、半年間の出店権を得た店。

ここでオーダーしたのは「つけそば800円」。

Rimg1615

上品な煮干しダシを使った醤油スープ。背脂はスープ表層に細かいものが浮かんでいる。スープが煮干し醤油ということもあり、こってりした感じはない。

麺は極細ストレート。かために茹でた粉感のある麺で、スープとのバランスもよい。

スープ割は当然煮干し。もとから煮干し感の強いスープなので、あまり変化はない。

おいしいがランク的には中の中といったところか。

どっかんの壁の高さを改めて再認識。

◆店舗情報
所在地:東京都立川市柴崎町3-6-29 アレアレア2 3F
営業時間:11:00〜23:30(LO)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

麺処 おかじ@神保町(2)

麺処 おかじ@神保町(2)
コロッケ・シューマイ一緒…
コロッケ・シューマイ一緒…
コロッケ・シューマイ一緒…
頭の中で呪文のように唱え続ける。
カレーにコロッケ・シューマイをトッピングして食べる!という揺るがない意思のもと、満天カレーを目指す。

ここまでは2010/06/07と全く同じ展開。しかし、ここからの心境の変化、行動が所々違う。

昼時外して訪問したにも関わらず、満席二人待ち。

この時点でコロッケシューマイ断念。

向かいにあるおかじを覗いてみるとちょうど一席空いている。

半年前にはやっていなかった「おかじつけ麺750円」を食べてみようと思いそのまま入店。

かための平打ちちぢれ麺に鶏白湯ベースでクリーミーなスープ。スープ内には長芋?を入れシャキシャキした食感をアクセントにしたつくね、味玉入り。そして味変用の肉みそ。

半年前に食べた普通のつけめんより明らかに旨い。

つけめん食べようと思ったら33か可以に行ってしまうので、満天に入れない日にまた使おうかな。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-52-8 Jスペース31 ファーストビル1F
営業時間:11:00〜19:00(スープなくなり次第終了)
定休日:日祝
◆評価
麺:2点 汁:3点 具:3点 CP:4点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

二代目けいすけ 海老そば外伝@東京

二代目けいすけ 海老そば外伝@東京
東京駅八重洲口前のビルから皇居付近のビルまで徒歩で移動。

途中、ラーメンストリートのけいすけ海老そば外伝で「濃厚海老つけめん(300g)850円」。

太さの違う平打ち麺×濃厚海老スープ。

四代目けいすけと同じ麺のような気がする。四代目は表面を焼きかためているが、ここは水でしめる正統派。

スープはThe甲殻類。海老感がかなり強く、ドロッと重たい濃厚なスープ。旨いのだが、残念なことにかなり温い。

許容範囲外。

また、なぜか麺とスープの絡みが悪い。かなり海老が強いのにこれは不思議。
これは四代目けいすけ、紅蓮、蒼、杏爪など、他の海老メインの店でも感じたこと。

経験値4+αの男がでしゃばるのもおこがましいが、海老系のつけめんは麺を口にした後にスープをレンゲで掬い飲んだ方がよい。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 ラーメンストリート内
営業時間:10:00〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

つけ麺工房 浅草製麺所@浅草

つけ麺工房 浅草製麺所@浅草
お経あげに浅草へ。

帰り道、老舗和菓子屋からのつけめん。

一軒目、言問団子の言問団子600円。

食べたのは、おそらく15年ぶりくらい。

凄く美味しいという記憶と、うちのオヤジが、威張りくさってる店だから嫌いだ!(おそらく団子一玉200円というコスパの悪さにケチつけてる)と言っていたことが記憶に残っている店。

こしあん、白あん、みそあんの三色の団子(あんこ玉)とお茶のセット。

団子の餅は結構柔らかめだが、しっかりもちもちしている。その団子を覆っているあんこは、糖度高めだが、上品な甘さにまとめられており素晴らしい。

ただ、言問最中なる1個250円する小ぶりの鳩型の最中はオススメできない。中のあんこはおいしいが、皮がソースせんべいみたいで×。

ちなみに、店入って右手奥の席の後ろの窓からスカイツリーが見える。
が、店員さんが席決めるので狙っては座れない。

まとめると、高いけど言問団子は一食の価値あり。以上。

続いて二軒目、長命寺桜もちの桜餅250円。

3枚の桜の葉で桜餅を挟んでいるのが特徴的。

あんこは甘さ控えめで小豆本来の味を活かしたタイプのもの。これと共に桜の葉の葉っぱ感と塩気により甘味を増幅させ味わうのが、この和菓子の全容。

個人的には甘ったるいぐらいの菓子が好きなので、再訪は…。

そしてオーラス。本日のメイン、浅草製麺所の「担々つけ麺800円」。

店イチ押しのメニューだったのであえて選択。

金ゴマ練り込んだ麺に濃厚な坦々スープ。

麺は茹で上がり300gとのこと。生麺200gぐらいの量に見えた。空腹な男子には物足りない量。

具はスープ内の少量のひき肉&青菜。

高くつくが、追加オーダーで麺の量増やしたり、トッピング増やした方がいい。

ちなみにスープはなかなか旨いが、ラー油がそこそこ入っているので、辛いの苦手な人はやめといた方がいい。

つまみや酒がそこそこ揃っているので、飲んだ後に〆の一杯として食べるのがちょうどよいかもしれない。

◆店舗情報
所在地:東京都台東区浅草6-9-4
営業時間:11:00〜翌3:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:2点 CP:1点 +α:3点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

らーめん工房 みそ伝@桶川

らーめん工房 みそ伝@桶川
桶川の庄やで新年会。

ビールが激マズ&おばあちゃんコロッケ(でっかいコロッケ)の芋が水っぽいことに落胆。アルバイト店員のオペレーションレベルが下がったんだな…。

飲み食い以外は楽しかったからまあいいや。

庄やでの飲みを途中で切り上げ、つけめん組、桶川残留組、南銀組、に分かれた。

当然ながら自分はつけめん組の組長。

北本の優勝軒に行こうと思って電話したら、今日はもう店じまいしてるとのこと。

酔っ払った勢いで行くこと決めた店なのでたいして期待してた店ではないが、なぜか残念な気持ちでいっぱい。

おそらく酒のせいなんだろう。

どうしてもつけめんが食べたいので、やっていそうなみそ伝にターゲットを変更。

店前まで行ったら営業してたのでそのまま入店。

頼んだのは「特選みそつけめん800円+半ライス100円」。

サラっとした魚介ベースの味噌スープ。味に奥行きがない、表面的な味わい。

麺は極太麺。このスープとの相性悪い上、茹でたりない。ラーメンと同じ黄色いちぢれ麺にすればいいのに。

酔っ払ってるだけに評価が辛口。

◆店舗情報
所在地:埼玉県上尾市地頭方406-3
営業時間:11:00〜23:00  日祝11:00〜22:00
定休日:無休(元旦を除く)

◆評価
麺:2点 汁:2点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋武蔵 神山@神田

麺屋武蔵 神山@神田
電話したら、営業してるエヨー、くるエヨー、と返事してくれた麺屋武蔵神山へ。

食べたのは「つけ麺(中)750円」。

ちなみに小200g、中300g、大400g、全て同料金。400gまでサービスとは太っ腹。

甘めの蕎麦つゆよりの優しくスープ。

麺は茹でたりない。太ちぢれ麺。

甘辛い角煮は旨い。メンマかたい。

そんな感じの一杯。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区内神田3-8-7
営業時間:11:00〜21:30(スープ終了時閉店)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:4点 CP:4点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »