« 麺や もったいない@伏見桃山 | トップページ | 山崎麺二郎@円町 »

2010年11月15日 (月)

和醸良麺 すがり@烏丸

福知山で一泊。なぜ京都市内からかなり離れた兵庫よりの街に来たかというと、今が旬の福知山動物園に行くため。

お目当ては赤ちゃんザルと赤ちゃんイノシシの名コンビ、ミワちゃん・ウリ坊の自由散歩。

ウリ坊の背中にミワちゃんが座り、園内をテッテコ、テッテコ走り回るというもの。

10〜15分もあればグルッと回れる小さな動物園なのだが、二匹の愛らしい姿をみにきたお客で、園内は連日大盛況。

それだけを楽しみにきたのに、起きたら本降りの雨…。

ミワちゃんはまだ赤ちゃんなので、風邪をひかないよう雨の日は自由散歩を中止する、という情報を得ていたのでショックを禁じえなかった。

10:00くらいに一度雨が弱まったタイミングで自由散歩を行うのか動物園に問い合わせようと思い電話したところ、ひたすら話中。

待っていても何も始まらないので、駄目元で動物園に行くことにした。

結果、この判断が大正解。

着いた頃には雨は止み、園内には自由散歩を見に来たであろう人々が数十人たむろしていた。

15分くらい園内をフラフラしたところで園内アナウンス。

“これからミワちゃん・ウリ坊の自由散歩をはじめます。”

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ちょうどお散歩のスタート地点にいたので、一番前(観光客が道の両脇に並び、そこをウリ坊が駆け抜ける)だった。

これがまたラッキーで、ミワちゃんウリ坊、スタートと同時に観光客の花道を避け、明後日の方向に行ってしまった。

まともに写真撮れたの、この瞬間だけ。あとは2匹とも好き勝手放題。

ミワちゃんは滑り台とか手摺りを駆け回り、ウリ坊はひたすらエサ探し。地面に鼻をつけフガフガいってるものだから、皆ミワちゃんの方へ。

2月くらいまでしか見れないみたいだから、気になる人は早めの訪問をオススメする。

あと、自由散歩はスタート地点で見るに限る。

福知山動物園を楽しんだあと、福知山線で京都を目指す。途中、亀山からはトロッコ列車で観光気分を満喫。

で、嵐山から京都市内へ。

京都御所側の民宿に泊まり、晩飯食いに街に出た。

食べたのはもちろんつけめん。

昔訪問した高倉二条の系列店、すがりへ。

今回の京都つけめん巡りで一番楽しみにしてた店。

京都の繁華街の路地裏にある店で、入口が凄く小さな扉。
扉を開けた先も店のスペースではあるが、店内に入る入口はさらにその先。食券を買い、さらに奥にいった右手の引き戸から店内に入る。
店内は和テイストでありながらもモダンでシックな作り。
いわゆる隠れ家的なお店。(ラーメンデータベースで人気のため、真の隠れ家ではないが…)

ここで食べたのは、「もつつけめん(2玉)880円+つけめんの〆ごはん150円」。奮発して1000円超え。

Rimg0996

高倉二条や同じく系列のろおじと同じく日本蕎麦のような麺が特徴的。全粒粉入りのため風味が豊かで旨い。

もつの部位は小腸。もつ鍋に入っているアレ。舌の上でトロッと溶ろけて旨い。小ぶりで量少なめなので大事に大事に食べるべし。

スープ内にはニンニクの芽やら針唐辛子やらが入っていてこだわっている、という印象。

値段は高いが、京都的な雰囲気を楽しめる店なので、一度訪問してみるとよい。

◆店舗情報
所在地:京都府京都市中京区観音堂町471-1
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜21:00
定休日:日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:2点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

|

« 麺や もったいない@伏見桃山 | トップページ | 山崎麺二郎@円町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/38881433

この記事へのトラックバック一覧です: 和醸良麺 すがり@烏丸:

« 麺や もったいない@伏見桃山 | トップページ | 山崎麺二郎@円町 »