« 支那そば やぐら亭@初台 | トップページ | 魂麺@本八幡 »

2010年11月 3日 (水)

麺屋 杏爪-ANSOU-@西大島

麺屋 杏爪-ANSOU-@西大島

JBCを見に南船橋へ。

電車賃節約のため、新宿→本八幡間は都営新宿線。秋のワンデーパスなる500円ポッキリの切符で都営線全線乗り放題だからだ。

で、ただ遠回りするだけではもったいないので西大島途中下車。

かなり気になっていた今年8月オープンの新店、杏爪へ。

この店の看板メニュー「香泡えび魚介つけめん890円」と「ぎんシャリ+チーズ250円」をオーダー。
英世超えだが気にしない。

まず、一番の売りである香泡について解説。
帆立や香味野菜、スパイス等の香りを牛乳にうつし泡状にしたもの。
…とメニューカードに書いてあった。
泡だけ味わうとミルキーな味わい。もとが牛乳だから当然か。

スープの味わいは名前のとおり。海老はガツンとくるほど強くなく、風味程度。ドロドロしたスープなのだが、以外と味薄めで程よい濃さ。

香泡が混ざることにより、クリーミーなり、味変が楽しめる。

続いて第二の特徴、器。
石鍋のような器のため、めちゃくちゃ熱い。ボコボコ泡だつ熱さ。
しっかり水でしめた麺をジャブジャブ浸けても全然温くならない。

理想のスープ提供方法。

麺は浅草開花楼のコシのある太麺。

スープが麺によく絡むため、ちょい浸け、じゃぶ浸けどちらでもいける。

トッピングはチャーシュー、海老、たけのこ(メンマ。スープ内に沈んでいるため鬼熱。

気をつけないと火傷する。

最後の〆はごはんとチーズを投入してリゾット風に。
食べ終わったスープを店員さんに渡すと作ってくれる。

麺屋 杏爪-ANSOU-@西大島

チーズと塩気が前面に出た味わい。つけめんとは、全然別ジャンルの味が楽しめる。

限定のカルボナーラつけめんとかスタンダードメニュー塩つけめんなんかも気になる。

熱々過ぎて正直スープをじっくり味わえなかったので、次回以降に真価を判断したい。

◆店舗情報
所在地:東京都江東区大島1-33-9
営業時間:11:00〜22:30
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:1点 +α:4点
合計:16点(25点満点)

|

« 支那そば やぐら亭@初台 | トップページ | 魂麺@本八幡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/37533818

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 杏爪-ANSOU-@西大島:

« 支那そば やぐら亭@初台 | トップページ | 魂麺@本八幡 »