« 徳島つけ麺 東大@大つけ麺博 | トップページ | 東京らあめんタワー 芝大門本店@大門 »

2010年10月 5日 (火)

道場六三郎×大勝軒@大つけ麺博

大つけ麺博24店のラストは和の鉄人×つけ麺の神様。

今回のイベントの目玉である、有名料理人×有名店シリーズ。出来の良し悪しは別にして、川越達也×頑者には楽しませてもらったので、このイベントに敬意を表してラストワンに選んだ。

このコラボ、過去の2回との決定的な違いは、ちょいたしコラボでなく、道場六三郎がスープを作っているところ。

神様、山岸マスターは麺のみ、というなかなか興味深いコラボ。

その一杯の名は「つけ麺維新800円」。

Rimg0814

見た目、ヘルシー。

内容は山岸マスターのつけめんをリスペクトしつつ、全くの別物として仕上げた一杯。

冷たい濃い胡麻ダレに、中太麺。麺上には野菜。葉っぱがモッサリ。肉はなし。。

胡麻ダレ・冷製、という時点で大勝軒とは別物と化しているが、甘み・辛み・酸味の三拍子は引き継いでいる。私的には、ここがこのつけめんのポイント。

スープ内には木の実が入っており、食感にアクセントを加えている。

強調するほどの旨さではないが、前述のとおり大勝軒リスペクトっぷりに感心した。(たまたまの可能性もある。その場合、ガッカリ。)

さて、第三陣の私的TOP3だが、こんな感じ。

1位:とみ田
2位:魚雷
3位:桃天花

とみ田が圧倒的首位。大きく離れた2番手に魚雷と桃天花。2、3位の差は完全に好みの差。

さらに私的大つけ麺博2010ランキングは以下のとおり。

1位:道
2位:けいすけ
3位:とみ田

一、ニ、三陣のNo.1だった三店。

道は必ずやリアル店舗に行こうと思う。

最後にこのイベントに対する短評。ほんとは去年のつけ博終了後に書いた文章なんだけど、公開し忘れてたもの。今回も全く同じことを思ったので記しておく。

----

イベントの趣旨は多くの人につけめんの良さを広げることだと思うのだが、その視点ではイマイチな気がする。

大勢に振る舞うには器を使い捨てにしなければならないのはわかる。

しかし、800円であの量だと割高感は否めない。

一杯500円ぐらいで気軽に楽しめないと、つけめんファンを増やすのは難しいのではないか?

ただ、多くの店の大つけ麺博限りのメニューを食べられるのはツケメニストとしてはとても魅力的で嬉しいイベント。

上記ポイントを改善しつつ、ぜひ継続いただきたい。

----

イベント会社が分捕る金、運営スタッフに支払う人件費、ショバ代、お店の利益があるから高いのはわかる。しかし、だ。スポンサーからいくら貰ってるが知らないが、高いもんは高い。高いのなら、器を変え雰囲気くらいは演出してほしい。

◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6
◆評価
麺:3点 汁:3点 具:2点 CP:1点 +α:1点
合計:10点(25点満点)

|

« 徳島つけ麺 東大@大つけ麺博 | トップページ | 東京らあめんタワー 芝大門本店@大門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/37159130

この記事へのトラックバック一覧です: 道場六三郎×大勝軒@大つけ麺博:

« 徳島つけ麺 東大@大つけ麺博 | トップページ | 東京らあめんタワー 芝大門本店@大門 »