« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の25件の記事

2010年10月30日 (土)

麺喰屋 澤@小岩

麺喰屋 澤@小岩

知り合いの知り合い(=知らない人)の招待で、SRC15へ。総合格闘技をライブ観戦したのは、2007年末の、やれんのか!以来。

足が遠退いた最大の原因は、日本国内の格闘技大会にパッとした海外選手、世界トップクラスのファイターがいないこと。

いや、原石がいるのだが、力付けると、更なる高み(とファイトマネー)を求めて米国に行ってしまうのが大きな問題。

日本人にも世界トップクラスの選手はいるが、海外選手の少なさから、日本人主体のおらが町の格闘技大会的な興行になり、魅力を感じなくなってしまった。

とか、ボヤキながらも何気に3〜7試合は楽しめた。
見たかった真騎士の試合見れたし、「田村さん頑張ってー!」という漢達の殴り合いの場に似つかわしくない子供達の声援とか、中原太陽vsしんしん(石渡伸太郎)とか、なかなか楽しませてもらった。

どうもありがとうございました!

さて、その帰り、当然ながら!?両国近辺でつけつけするわけです。

帰り道とは逆方向の千葉行き電車に乗り、小岩で下車。

この一帯では評価の高い澤で「醤油つけめん730円」。

麺はしっかりしたコシがあり水切りもよい。が、スープがいまいち。ワンパンチたりない、こってりめ動物系醤油スープ。

チャーシューや味玉、メンマは冷えているが味付けは良い。

木曜日のみやってる2ndブランドSAWAも気になっていたが、プライオリティはかなり下がった。

◆店舗情報
所在地:東京都江戸川区西小岩1-19-26
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜24:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

神保町 可以@神保町(20)

神保町 可以@神保町(20)

かなり久々に「醤油つけめん750円」。

味噌も旨いがこっちも捨て難い。何よりも味噌より100円安いのがいい。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町2-2-12 サンエスビル1F
営業時間:11:00〜20:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(38)

イライラがとまらない。
煮えたぎるマグマが、どっかん、どっかん、噴火中。昨日から。

と、いうことでイライラに即効性のある万能薬、「背脂煮干つけ麺(300g)700円」を摂取しにどっかんへ。

麺をひと啜り、ふた啜り。

やった!発作が治まった!!

さすがと言わざるを得ない。

トゥールットゥルー!うまい!!(ネルネルネールネ風に。昭和な感じで。)

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:17:00〜24:00
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:5点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

我武者羅@幡ヶ谷

今年の5月にメニューが一新されてから二度目の訪問。

が、前回は夏季限定メニューを食べたので、スタンダードメニューは初。

醤油、塩、辛の三種類あるが、基本中の基本、「生姜醤油つけめん(300g)700円」を。

Rimg0819

麺はツルツル・モチモチ感が特徴的な麺。夜のどっかんと同じもの。

スープは名前のまんま。生姜醤油。辛みをアクセントに加えている。
生姜のキリッとした口当たりが、こってり感を和らげているが、結構油多め。

トッピングは甘じょっぱい味付けの豚肉、メンマ、ほうれん草。

お肉の味付けは薄味なのだが、そのまま食べても十分おいしくいただけるし、スープにつけ、生姜醤油味をプラスしてもおいしい。

なかなか計算高い一杯。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:11:00〜15:30
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:4点 +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ちゃーしゅーらーめん 梅の家@中軽井沢

会社の先輩と第一回サンスポ軽井沢リゾートマラソンに参加。距離はハーフマラソンのみの一択。

5000人参加したそうだ。確かに尋常じゃない人数だった。

ゲストランナーとして安田美沙子が参加していたが、全く遭遇することはなかった。どうやら一番前スタートだったらしく、同じく一番前にいた先輩が後ろ姿を写メ撮っていた。(後日、サンスポに掲載されたスタートを正面から撮った写真に、先輩、安田美沙子と同じ絵におさまっていた!ちょ〜羨ましい。。)

自分は先頭から2分半遅れスタートだったので、どこかで追い付くか、折り返し時にすれ違うことを想定しキョロキョロしていたのだが、全くわからず。。

恐らく、ランナーが密集していたスタート5キロ地点ぐらいまでは前に行くことしか考えておらず、そのことに夢中で見落としたか、全てパスした給水所3ヶ所で見落としたのだろう。

楽しみ?のひとつを逸してしまったが、ただで帰るわけにはいかない。

ハーフマラソンで腹ぺこになった胃袋に、軽井沢グルメを収めるべく中軽井沢方面へ。

ここから親子丼→つけめんの連食。

まずは食べログで3.65点と、なかなか高めの得点のogossoで軍鶏の親子丼。

うーむ。おいしいけど、そこまで高得点ではないね。高級な肉の味をダイレクトに味わってもらおう、という薄めの味付けなのだろうが、味濃い方が自分の嗜好に合っている。安い舌なもんで。。

続いて、先輩を説得して徒歩数十分かけて中軽井沢へ。ありがとーございます!大先輩!!

なんでかというと、連食のための腹ごなし。だって、軽井沢きてつけめん食べない手はないでしょうに。

二店舗きになる店があったが、梅の家という店を選択。結構人が並んでいる。かなり待った。店の中でも待った。注文してから出てくるまで、眠くもなった。自分も先輩もうたた寝した。ハーフマラソンで疲労困憊してるなかでの待ち。

なんで待ち時間が長いのかというと、店主一人で20人くらい入れる店(カウンター+テーブル席)を切り盛りしているから。

店主、腕をテーピングしてたし、かなりの激務で疲労困憊なんだと思う。お客の入る店なのにも関わらず、何か悲壮感のようなものが感じられた。人雇おうにも、場所柄からか募集がないのだろうか。。初めてきた店だが、ちょっと心配。

さて、食べたのは「つけめん750円」。ちょっと写真がぶれているが、以下がそれ。

醤油がかなり強い濃厚動物系スープ。肉ががっつり入っているが、やはり醤油ダレが強い。もとのスープはおいしいのだろうけど、醤油が強すぎて口に合わなかった。

麺は普通にいいと思う。

◆店舗情報
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2989-1
営業時間:11:30〜14:30/17:30〜23:00
定休日:火

◆評価
麺:3点 汁:1点 具:2点 CP:2点 +α:2点
合計:10点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

麺匠 影武者@新御茶ノ水

麺匠 影武者@新御茶ノ水
未訪の今年の新店、影武者へ。

店構えみて、ちょっと不安になる。複数飲食店を出している会社のお店的な雰囲気。

おいしい店特有の覇王色の覇気を持っていない。

とはいえ、店構えで味が決まるわけではないので、「影武者つけ麺(大盛り)730円。」買って店内へ。

こってりめの甘辛酸っぱい醤油スープにツルツルっとした中太麺。

超ラーメンナビの紹介文には、素材にこだわっているようなことが書いてあったが、味は微妙。
私、文章なんぞには騙されません。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田小川町3-20-4
営業時間:11:00〜22:00  日祝11:00〜19:00
定休日:無休

◆評価
麺:2点 汁:2点 具:3点 CP:3点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

麺や 百日紅@新宿三丁目(2)

麺や 百日紅@新宿三丁目(2)
前回味噌を食べたので、本日はスタンダードな「濃厚煮干つけ麺(W盛)780円」。

並盛220g、大盛330g、W盛440g。全て同額。

敢えてW盛り。大つけ麺博3連食よりは楽だろう、という判断。

平打ちちぢれ麺×浅い味の豚骨魚介スープ。煮干し感は弱い。

平打ち麺とのバランスは悪い。

ハンパない量だが、バランスの悪さから飽きる。

ここは味噌の方がいい。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区新宿3-4-8 三和東洋ビルB2F
営業時間:11:00〜22:45
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:4点 +α:2点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

屯ちん@池袋

屯ちん@池袋
キャプテンとnokoさんと浦和レッズ戦を観戦。

昨晩3時間睡眠のため、うっつらうっつらしながらの観戦。けど、エジミウソン、原口元気の得点はちゃっかり堪能。いいタイミングで起きてたと思う。

で、そのあと2軒ほどお店にいき、飲んだくれ、〆に屯ちんの「東京とんこつつけ麺(中)650円」。

nokoさんいわく、8点?とのことだが、そんなに悪くはない。

キャプテンいわく、俺のお気に入り錦@新橋より評価高いのかよ!?

残念ながら価格が安いので、同じような点数。でも、辛うじての方が1点上ですよ!?

不満点はスープの温さ。これに尽きる。

しかし、池袋Loverな若者たちの舌は味覚音痴と言わざるを得ない。

この程度の店に並ぶ理由が理解できない。この店のレベルは並ばずに飲んだ後に食うレベル(断言)。素面がまじってたら、おそらく、池袋の麺事情を知らない田舎者、おのぼりさんだな!

◆店舗情報
所在地:東京都豊島区南池袋2-26-2
営業時間:11:00〜翌4:00
定休日:年末年始

◆評価
麺:2点 汁:2点 具:3点 CP:3点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

麺元素@天満

ラーメンデータベースで大阪No.2の群青にいったが、昼で完売しており夜営業なし。。

このため天神橋筋六丁目近辺にあるつけめん出してる店、必死に探しましたよ。
で、見つけました麺元素。

天神橋筋六丁目(天六って略すっぽい)から天満に行く途中にある、すごい大阪っぽい?商店街にある店。結構新しい店みたい。

注文したのは、「つけ麺(魚系しょう油)760円」。

Rimg0817

魚系は、うおけい、と読む。

ちなみに他に鶏辛みそもある。

味は名前のとおり。魚介強めの醤油スープ。小ぶりの煮干し、干し海老がまるまる数匹入っているのが面白い。

麺はなかなかイケてる、全粒粉入りの細麺。強い弾力があり、良い食感。

肉や玉子も旨い。

平均よりちょい上の優良店。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市北区天神橋5-2-16
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜21:00  日11:00〜19:00
定休日:月

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮田麺児@心斎橋

大阪出張帰りにアポなし訪問2件。

訪問先はもちろん…つけめん屋!

行き先告げたのは、お客さんと飯食いに行く先輩のみ。

つけめん開拓は一人行動がベストなため、東京に帰るだけの他の方々には一切行き先を告げなかった。

なぜなら、旨い/まずいを気にせずフラッといけるから。仮に一緒に行ったとして、まずかった時のガッカリ感漂う感じがイヤなわけです。

同じ志しを持つ、つけめん開拓者ならまだしも、つけめんに興味ない人に食べてもらうのなら尚更。

まぁ、それ以前に一緒に行く、という人が皆無なのだが…(泣)

前置きはこれくらいにして、1件目、宮田麺児のレビュー。

つけ麺王子こと、お笑い芸人のシャンプーハットてつじがプロデュースした店。

今年の大つけ麺博@浜松町に出店しつた店でもある。関東圏でのネームバリューの無さからか繁盛してなかったが、個人的には好評価だった。

なので、結構期待して訪問。

この店のコンセプトは“麺を楽しむ”

てつじ考案のオリジナル麺「T2G」、内麦平内麺「JF」、麦芽香太麺「NB50」の3種類の麺がある。特徴的なのは麺単品注文。350円で追加でき、一度に複数の麺を楽しめる。

食べたのはスタンダードな「T2G(並)850円」のみ。

Rimg0815

喉越しを楽しむタイプの麺だが、小麦の風味もありなかなか良い。

大つけ麺博のT2GDの方がおいしい麺だったが、オリジナルのT2Gも十分うまい。

スープは野菜比率の高い、トロミのあるスープ。大つけ麺博のときに、やるね!と思ったのだが、本日食べたコレはトマトの酸味が強めに出ててバランスを欠いていた。もったいない。

具は穂先メンマに半味玉。肉はなし。

…これは驚いた。麺180gと少なめで、肉なし。

実店舗の一杯が、大つけ麺博と同等のコストパフォーマンスの悪さとは…。

味もよく、コンセプトも素晴らしいのに、この金儲け主義的なスタイルには嫌悪感を覚える。

肉をつけるか、150円引きにすべし。

◆店舗情報
所在地:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-13-5
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

麺や 百日紅@新宿三丁目

麺や 百日紅@新宿三丁目
遅い昼飯(早い晩飯ともいう)を食いに、2010年9月にできた新店、百日紅(さるわたり)へ。

豚骨魚介スープの濃厚つけ麺がメインメニュー。

けど、それではつまらないので「二段味変味噌つけ麺(大盛)880円」を。

並盛220g、大盛330g、W盛440g。全て同額。

平打ちちぢれ麺。ベストな茹で加減。水切りもよい。旨い。

麺上にはフライドオニオン、玉葱のみじん切り、青葱。そして、味変用の肉味噌。

豚骨魚介味噌スープ。濃い。後味は魚。凡庸。

スープ内にはサイコロチャーシュー。

そして、ここからがメイン。

一段階目の味変は肉味噌。スープに辛みがプラスされる。

二段階目の味変はマー油。ニンニクの香ばしさがプラスされる。

はじめから肉味噌&マー油を入れてしまってもいいかもしれない。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区新宿3-4-8 三和東洋ビルB2F
営業時間:11:00〜22:45
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

麺場 ながれぼし@京急蒲田

麺場 ながれぼし@京急蒲田
久々に東京南部遠征。

京急蒲田にある、ながれぼし。美人おねえさんのいる愛宕@新橋で働いてた人が開いた店らしい。

店内はマリンテイスト。店長でなく船長らしい。(航海メニューなるメニュー表に書いてあった)

「つけ麺750円」の売りは、スープにキノコを使っていること。ベースは和風豚骨スープ(少々辛みあり)なのだが、麺をつけ、啜ると口の中にキノコの味がフワッと広がる。

少し温めだが、オリジナリティのある味で○。

麺は、細めでプリップリの食感。全粒粉入りで風味豊かくレベルが高い。

その麺上には、火を通して温めたチャーシュー、のり、もやし、キノコフレーク。

最後にスープ割したのだが、和風豚骨率が高まり、絶対にごはんが合うと確信。

「ごはん100円」を追加投入。

サイコロ大の切れ端チャーシューがのってる。

これは嬉しいサプライズ。さらに食がすすむ。

読みどおり、ごはんとの相性抜群。はじめはつけライスで白米感を楽しみ、最後はごはん割で〆。

あまりの満足度に、ご馳走様でした!の声がいつもの1.5倍になってしまった。

このお店の近所の方々、オススメです。

◆店舗情報
所在地:東京都大田区南蒲田2-6-5
営業時間:11:30〜15:00/17:30〜22:30  土祝11:30〜22:30(スープなくなり次第終了)
定休日:日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:5点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

麺屋33@神保町(12)

麺屋33@神保町(12)
会社で自分の目の前に座っている先輩に、つけめん6杯分の貸しがあるので、1杯消化してもらうために33へ。

奢ってもらったのは「つけめん33(醤油・中盛り・極太麺)+昆布玉子850円」。

普通の麺の方がバランスいいことを頭では理解しながらも極太麺。

旨い麺が食べたいのです。

スープから甘みが消えたような…。けど、旨い!

やはり、私的神保町TOP3の一角の座は揺るがない。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-44
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜21:00(スープなくなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬灯@大門(2)

龍馬灯@大門(2)
大門近辺は、今後いく機会がないので強行軍の連投策。

東京らあめんタワー→龍馬灯。

龍馬灯で食べたのは、つけめんでなく蕎麦。「鰹つけ蕎麦(あっさり)800円」。

鰹だし使った野菜スープって感じ。あっさり×蕎麦はミスマッチ。以前食べたココで食べたつけめんと同じ濃い鰹節をふんだんに使ったスープとは相性良さそう。

具はスープ内にゴルフボールサイズの鶏つみれ1個。

ちなみに、蕎麦はイマイチ。蕎麦の風味が弱く、安っぽい味わい。辛辣な一言だが、蕎麦屋を名乗るのであれば、さらにこだわってほしい。

つけめんが良かったからこその改善のお願い。

◆店舗情報
所在地:東京都港区芝大門2-8-9
営業時間:17:00〜20:30  土祝17:00〜20:00
定休日:日

◆評価
麺:2点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

東京らあめんタワー 芝大門本店@大門

東京らあめんタワー 芝大門本店@大門
大つけ麺博を完全制覇したため、今日からは通常どおり路面店巡り。

忍八という店にいこうと思ったが、準備中だったため断念。龍馬灯で未食のつけ蕎麦というのも選択肢としてあったのだが、東京らあめんタワーという店があったので、何の情報も持たずに訪問してみた。

らあめん屋が複数店入っているテーマパークかと思ったが、普通の店だった。東京タワーのお膝元だから、この店名。

「つけ麺700円」は、魚粉をふんだんに使った、醤油スープ。油多め。

細麺との相性はよい。
麺上のすだちを搾るとさらによい。
というのは、こってりしているのですだちの酸味でさっぱりとさせることができるから。

全体的にインパクトよりシンプルでわかりやすい味を売りにしたつけめん。

◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町1-27-4
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜22:00  土祝11:00〜15:00
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

道場六三郎×大勝軒@大つけ麺博

大つけ麺博24店のラストは和の鉄人×つけ麺の神様。

今回のイベントの目玉である、有名料理人×有名店シリーズ。出来の良し悪しは別にして、川越達也×頑者には楽しませてもらったので、このイベントに敬意を表してラストワンに選んだ。

このコラボ、過去の2回との決定的な違いは、ちょいたしコラボでなく、道場六三郎がスープを作っているところ。

神様、山岸マスターは麺のみ、というなかなか興味深いコラボ。

その一杯の名は「つけ麺維新800円」。

Rimg0814

見た目、ヘルシー。

内容は山岸マスターのつけめんをリスペクトしつつ、全くの別物として仕上げた一杯。

冷たい濃い胡麻ダレに、中太麺。麺上には野菜。葉っぱがモッサリ。肉はなし。。

胡麻ダレ・冷製、という時点で大勝軒とは別物と化しているが、甘み・辛み・酸味の三拍子は引き継いでいる。私的には、ここがこのつけめんのポイント。

スープ内には木の実が入っており、食感にアクセントを加えている。

強調するほどの旨さではないが、前述のとおり大勝軒リスペクトっぷりに感心した。(たまたまの可能性もある。その場合、ガッカリ。)

さて、第三陣の私的TOP3だが、こんな感じ。

1位:とみ田
2位:魚雷
3位:桃天花

とみ田が圧倒的首位。大きく離れた2番手に魚雷と桃天花。2、3位の差は完全に好みの差。

さらに私的大つけ麺博2010ランキングは以下のとおり。

1位:道
2位:けいすけ
3位:とみ田

一、ニ、三陣のNo.1だった三店。

道は必ずやリアル店舗に行こうと思う。

最後にこのイベントに対する短評。ほんとは去年のつけ博終了後に書いた文章なんだけど、公開し忘れてたもの。今回も全く同じことを思ったので記しておく。

----

イベントの趣旨は多くの人につけめんの良さを広げることだと思うのだが、その視点ではイマイチな気がする。

大勢に振る舞うには器を使い捨てにしなければならないのはわかる。

しかし、800円であの量だと割高感は否めない。

一杯500円ぐらいで気軽に楽しめないと、つけめんファンを増やすのは難しいのではないか?

ただ、多くの店の大つけ麺博限りのメニューを食べられるのはツケメニストとしてはとても魅力的で嬉しいイベント。

上記ポイントを改善しつつ、ぜひ継続いただきたい。

----

イベント会社が分捕る金、運営スタッフに支払う人件費、ショバ代、お店の利益があるから高いのはわかる。しかし、だ。スポンサーからいくら貰ってるが知らないが、高いもんは高い。高いのなら、器を変え雰囲気くらいは演出してほしい。

◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6
◆評価
麺:3点 汁:3点 具:2点 CP:1点 +α:1点
合計:10点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島つけ麺 東大@大つけ麺博

徳島つけ麺 東大@大つけ麺博
研修帰りに「徳島つけ麺800円」。本日3杯目。

麺のびてやがる…。

つけめんの魂、核が死んでたら意味ないでしょうに!これ、なんて食い物??

…返事がない。ただの屍のようだ。


◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6

◆評価
麺:1点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:1点
合計:9点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五福星@大つけ麺博

五福星@大つけ麺博
10/0512:33
研修休み時間2杯目。

サクッと食べて戻らねば午後の研修がはじまってしまう。

急がねば。

仙台の五福星で「紫蘇とがごめ昆布のみぞれつけ麺 800円」。

青しそ使った極太麺はまさかのあつもり。これは減点せざるを得ない。

スープに入っている“かごめ昆布”が何かは知らんが、ぬめっとしてて麺に絡みつく。けどスープが薄味で微妙。スープを啜るとちょうどいい味わい。ラーメン向きの味ってこと。

揚げチャーシューはカリッとしてて旨い。

さて、戻りますか、御成門。


◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:4点 CP:1点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多 だるま@大つけ麺博

博多 だるま@大つけ麺博
あと2日…。

が、今日で決着をつける!

そういきり立って大つけ麺博へ。

外部研修中なのだが、研修施設で出る昼食をパスしてつけめん2杯。

1時間以内に戻る必要があるため、行列してない店へ。

まずは、博多だるまの「呼び戻し博多つけ麺800円」。

ライトだが胡椒のパンチの効いた豚骨スープにかための細麺。

あるようでない、なかなかお目にかかれない純粋な豚骨つけめん。

さあ、次行ってみよう!


◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6
◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

中華蕎麦 とみ田@大つけ麺博

中華蕎麦 とみ田@大つけ麺博
第三陣も残すところあと3日(全て平日)。

なのにまだ3杯という現実から焦燥感にかられる。

自分から自分へのプレッシャーに耐えられなくなり、昼飯の時間を16:00にずらし、電車に乗って会場へ。

さすが中途半端な時間帯。
第三陣、間違いなく最強のとみ田がたったの10分待ち。

これは嬉しい。

で、今回のココの大つけ麺博限定は、小麦選びからこだわった麺が売りの「厳選 国産小麦800円」。

コンセプトがまさにつけめん屋の鏡。

その麺だが、味もよいのだが真骨頂は食感。

少し平打ち気味で四つ角をもった、いわゆるエッジのある麺。

食感は咀嚼した際の跳ね返りが凄い。すさまじいコシの強さ。
オーション混ぜ混んだバキボキ麺とはレベルが違う。

これに合わせるスープは、期待を裏切らない、とみ田のフルボディな濃厚豚骨魚介スープ。濃い。歳を重ねるとたぶん受け付けられなくなる濃さ。

今はまだいける。

いける今だからこそ食べるべき一杯。


◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6
◆評価
麺:4点 汁:5点 具:4点 CP:1点 +α:2点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

桃天花@大つけ麺博

辛いもの嫌いだが、昨年安心して食べられた桃天花の「坦々つけ麺800円」。

Rimg0813

今回は香辛料の配合を変えての参戦らしい。

あまり辛みは強くない。けど、香辛料を楽しむ(味わう)余裕はなかった。辛い、というだけで拒否反応起こすのもいかがなものか、と思ってしまう。少しずつ苦手意識を改善していかねばならない。

スープ自体は胡麻と豚骨?主体でかなり旨い。辛み抜きで食べてみたいくらい。

麺が何の変哲もない平打ちちぢれ麺なのだが、スープとの相性ばっちり。この業界の王者、浅草開花楼のものらしい。(車でいうところのトヨタ)

そりゃ旨いはずだ。

◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6
◆評価
麺:3点 汁:4点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚雷×東京Walker@大つけ麺

黄金の69のあと、手堅く「信州牛つけそば 牛雷ウォーカー800円」。

Rimg0810

というのは、母体の烈士洵名がハイレベルな一杯を提供する店だから。まず間違いなく手堅い一杯は食べられるだろうという魂胆。

ここの麺は韓国唐辛子とパプリカを練り込んであるらしい。シャア専用ザクの赤に近い色合い。

辛みはないがスパイシーさは感じとれる。これはなかなか面白い。

スープははっきりいってすき焼き。見た目どおり。信州牛、えのき、豆腐、生たまごが入っているのだから、狙ってこの味にしているのだろう。
期待どおり(予想どおり?)の味だった。

特筆すべきは信州牛。肉のうまみの中に優しい甘みが内在されており、何度も何度も噛み締めてじっくりと味わいたくなる旨さ。

フルーツばかり食べた牛の肉らしい。

小麦ばかり食わせたら、麺的な味になるのだろうか。
と、馬鹿なことを考えたり考えなかったり。

◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6
◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:1点 +α:2点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

69‘NROLL ONE × Due Italian@大つけ麺博

大つけ麺博もあと4日。休日は今日で最後。にも関わらず、30日からはじまったラストの第三陣、いまだゼロ杯。

平日に洗濯できなかったツケが回り、土曜日の朝に洗濯→14:00からのフットサル・ユニフォームを乾かしていた時間がイタイ。

さらにいうと、飲みにいった後、大つけ麺博に行かなかったのもイタイ。

さらにさらに言うと、真夜中に凪でつけめん400g食べたのもイタイ。バカだった。今日の15:00になっても全くお腹が空かず、午前中を棒にふった。

夕方になり、やっと空腹感を覚えてきたので、大つけ麺博会場へ。

まずはサッと一杯といきたいところだが、万全な状態で気になるつけめんを食べたかったので、行列を成している69‘NROLL ONE × Due Italianへ。
40分くらい並び、「超純水による塩つけ麺BE COOL!黄金の69 800円」を食す。

Rimg0809

細麺にはタレ(みちゅ、という秘密の蜜らしい)がかけられている。そのままでもいける。

そして、スープこそがここのメイン。69‘NROLL ONEが“ラーメン”に超こだわりを持つラーメン屋であるから、麺よりも自分の土俵であるスープに力を入れるのは当然のこと。

で、こだわりは水。不純物が一切入っいない超純水という水をスープに使っている。
水だしでカツオ節と昆布からダシをとっただけの超シンプルな冷たいスープ。

トッピングは低温真空調理なる技法で作られた鶏チャーシュー。

この店の売りは売り子のおねーさん達だと思う。
たぶん、ドゥ・イタリアンの店員さん。顔で採用してるな、絶対。

◆店舗情報
所在地:東京都港区浜松町2丁目(世界貿易センタービルの隣にある駐車場)
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
出店期間:9/30〜10/6
◆評価
麺:3点 汁:4点 具:3点 CP:1点 +α:1点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン凪 新宿ゴールデン街店@新宿(3)

会社のフットサルのあと、大つけ麺博行こうと思ったら寝過ごし、新宿。。

松屋→会社外の先輩方と飲みも、つけめん欲を制御することができず、ゴールデン街へ。

もちろん!?狙いは凪の「つけめん(中盛り400g)800円」。

Rimg0807 

にぼにぼ。

モニュモニュした中太麺&極幅広平打ち麺に、煮干し醤油スープ。
旨いけど量あり過ぎ。

明日、大つけ麺博で4杯いけるかしら?今を生きる、的な食い方してしまってちょっと反省。。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10-2F
営業時間:11:30〜15:00/19:00〜翌4:00
定休日:日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:4点 +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

麺屋 豊蔵@水道橋

麺屋 豊蔵@水道橋
明日、明後日、明々後日、明々々後日と大つけ麺博予定。

このため、つけめん小休止中だったが、つけめん病発症により三田線の水道橋駅界隈にできた新店、豊蔵で治療することに。

この店、店内は松屋とかファストフード店に近い。悪くいうとチープ。

少し不安を抱きながら「つけ麺(大盛り330g)800円」を。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、カイワレ、のり、ねぎ。

ちなみに、つけ麺もり700円はチャーシュー、味玉なし。どう考えても、普通のを頼んだ方がいい。

こしのある平打ち麺にあっさりめの鰹スープ。

麺とスープがミスマッチ。麺を細麺にするか、スープを濃くするかふたつにひとつ。

スープに深みがないから、スープを改善すべきかな。

回復するどころか、症状がますます悪化。明日の大つけ麺博で治療するしかないな。

◆店舗情報
所在地:東京都文京区本郷1-33-6
営業時間:11:00〜23:00  土日祝11:00〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:3点 CP:3点 +α:2点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »