« 麺屋33@神保町(8) | トップページ | 井の庄@お取り寄せ »

2010年7月 8日 (木)

神保町 可以@神保町(15)

MY胃袋のつけめん枯渇問題が深刻化したため、可以でつけめん補給。

「味噌つけめん850円+ご飯100円」。

自分でちょうどご飯切れだった様子。ご飯枯渇。

さて、まったく面白くない&うまくない前フリは無視して本題。

いつも麺を5〜8割ぐらいスープに浸けて食べていたのだが、2割浸けで食べてみた。

病的濃さはなりをひそめ、小麦のほのかな風味、麺の歯ごたえと冷たさが口内の感覚の大多数を占め、所々で味噌が控えめに主張してくる。

なんだ、ちょい浸けで食べればよかったのか、と15食目にして気付く。
超濃い八丁味噌の虜になっていたことが原因だろう。

この濃さが最近飽きてきたので、いい発見だった。

最後にスープ割り。
薄めに割ってくれたようで、煮干しが感じられるおいしいスープだった。ご飯との相性も抜群。

しかし気になるのは、客入り。
昼過ぎだったこともあると思うが、客は自分一人。
この時間で完売する二郎とは天と地の差。(ここは客一人)
おいしいのに何故だろう?
二郎は別格としても北かまですら数人入る時間帯のはず。
やはり価格設定か?


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町2-2-12 サンエスビル1F
営業時間:11:00〜20:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:2点 +α:5点
合計:19点(25点満点)

|

« 麺屋33@神保町(8) | トップページ | 井の庄@お取り寄せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/35779827

この記事へのトラックバック一覧です: 神保町 可以@神保町(15):

« 麺屋33@神保町(8) | トップページ | 井の庄@お取り寄せ »