« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の18件の記事

2009年11月22日 (日)

博多 新風@西鉄平尾

博多 新風@西鉄平尾
20〜22日にかけてフットサルチームの先輩方と九州旅行。

熊本→宮崎→佐賀→福岡の名所&名物をピンポイントで巡る旅。

つけめんの旅ではないので、いかに諸先輩方がラーメンを食べるタイミングでつけめん出すラーメン屋に行けるかがポイントになる。

一日目…福岡の料亭の和食ランチ、太宰府の梅ヶ枝餅、黒川温泉の旅館の飯。付け入る隙なし。

二日目…旅館で朝飯、高千穂峡で高千穂バーガー、熊本で馬肉コース。夜食で熊本ラーメン!
きました、チャンスが。
ここは下通りの外れにある大金豚に行くっきゃない。
と、思っていたが先輩がチョイスしてたので×。しかも、トラブルにより自分だけ熊本ラーメン食えず。。おいしくなかったらしいが。

三日目…朝マック、呼子でイカ刺し、博多ラーメン!
再びチャンス到来!
しかも先輩から店の決定権を託された。

博多市内、豚骨、つけめんというキーワードを兼ね備える店を脳内検索。

最初に頭に浮かんだのは、約三年の間、訪問の機をうかがい続けていた新風。

大つけ麺博で食べているが、やはりオリジナルへの興味は薄れることはなかった。

ということで、迷わず提案。

博多市内の大渋滞を抜け、席についてから30分待ちという苦難の道を乗り越え、とうとう「つけ麺(並盛)700円+白いごはん100円」に辿り着く。

並盛は200g(大盛は+100円で300g)というだけあって気持ち少ない。

2時間前にイカ刺し定食をガッツリ食べてる胃袋にはちょうどよい。

麺を茹でるのに10〜15分かかります、という表記があったため極太麺かと思いきや、それほどでもない。(太いにこしたことはないが)

若干の肩透かしを受けたが、麺自体はもっちりした歯ごたえでなかなかうまい。

スープはド豚骨With塩っ気。
濃厚な豚骨スープで、まさに博多ラーメンの街のつけめん、という感じなのだが、いかんせんしょっぱ過ぎる。
大つけ麺博で食べたものの方が完成度が高いスープだったように思える。

ただ、つけライス、ライス割には、合う。

◆店舗情報
所在地:福岡県福岡市南区高宮1-4-13 パルム高宮
営業時間:12:00〜14:00/18:00〜23:00
定休日:火

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

つけそば屋 北かま@神保町(30)

つけそば屋 北かま@神保町(29)
魚を求めて魚屋巡り。

しかし、どの店もお昼の営業を終了しており、気づいたら濃度魚介つけめんの北かまの店の前まできていた。魚つながりだし、まあいいか、と思い「つけそば780円+半ライス100円+九条ねぎ(クーポン)」を食べる。

味に安定感が出てきて嬉しい。相変わらず麺の水切りの悪さも安定してるけど。。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-24
営業時間:月〜金11:30〜21:00 土祝11:30〜19:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

らーめん Kaeru@中野

大つけ麺博の余韻覚めやらぬ中&余分なものも減らぬ中(体脂肪2%UP)、近所の未訪問つけめん屋巡り再開。

中野駅北口の繁華街にある、ぽっぽ屋系のつけめんを出すKaeruで「つけめん800円」を野菜増し、生卵で。

甘辛スープに太ちぢれ麺。麺をバキバキかためな茹で加減にしてたら、ほぼ、ぽっぽ屋。

生卵はスープ温くなるが、味的には好き。甘辛醤油に卵が合わないわけがない。

◆店舗情報
所在地:東京都中野区中野5-56-15
営業時間:11:00〜15:00/17:30〜23:00
定休日:月

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

つけめん四代目けいすけ@大つけ麺博

我が大つけ麺博全店制覇への道の大トリを飾るのは、つけめん四代目けいすけ。

10月に食べた伊勢海老の滴の記憶が新しい中、「伊勢海老と渡り蟹のつけ麺800円」を。

200911081516

このメニュー、けいすけで昼に出している渡り蟹スープと夜に出している伊勢海老スープを混ぜ合わせたスープ。この手法は第一陣のTETSUと同じ。

四種類の麺を使っているのは変わらず。

今回はじめて知ったのだが、小麦の香りが強い外粉(小麦の中心でなく皮に近い部分)

を使ってるらしい。

想像どおり、甲殻類が口の中で踊りだす、独特の味のスープ。どちらかというと渡り蟹が強い。

想像ついてた分、感動は皆無だったが完成度では第三陣でトップクラス。(というか自分の中では1位佐野JAPAN、同率2位新風、けいすけ)

はじめは全くその気のなかった二十四店完全制覇を成し遂げ、三週間で約2万円を胃袋の中に。
2万円もあれば相当高級でおいしいもの食べられるが、これがツケメニストの性。

つけめんに勝る食はなし。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/5〜11/11

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

前略っ。つけそばまるきゅう@大つけ麺博

せたが屋のあとに前略っ。つけそばまるきゅうで「阿波尾鶏の塩つけそば800円」。塩の食べ比べ。

200911081452

せたが屋の天日塩に対し、アンデスやモンゴルなど厳選の岩塩を数種類混ぜた「塩」を使用した塩。練り梅、とろろといった味に変化をもたらすオプションつき。
このあたりのアイデアは先人(きび、あぢとみ食堂)からインスパイアしたものなのか、はたまたオリジナルなのかは店主のみぞ知る。

そしてここの特徴は阿波尾鶏のチャーシュー、といいたいところだが麺。

なんと、第二陣に出店していた同じ池袋(といっても両店とも池袋駅からかない距離あり)のBASSOドリルマンの麺を使用。

まさに池袋友情パワー。

全店のなかで最もメンマが微妙だが、全体的にはよいと思う。

しかし、佐野JAPANの塩を食べた後だと、まるきゅう、せたが屋、どちらも霞んで見えてしまう…

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/5〜11/11

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひるがお せたが屋@大つけ麺博

大つけ麺博もいよいよ最終局面。

会場行ってビックリしたのが佐野JAPANのつけ麺を求める黒山の人だかり。

昨日行っておいてよかった。本当によかった。

さて「ひるがおの塩つけ麺800円」。

200911081436

通常、小さいホタテが丼の底に潜んでるが、今回のメニューにはない。

ホタテパウダーが入ってるが、あんまりホタテの味はしない。ホタテの甘みのあとにくるなんとも言えない独特の味のみ感じとれる。

普段のひるがおの方が確実においしい。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/5〜11/11

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:1点 +α:2点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

アイバンラーメン@大つけ麺博

佐野JAPANのあとにアイバンラーメンをもってきたのは失敗だったかも。

「全粒粉のWhite Chickineつけめん800円」

200911071725
※スープが残念な暗がりの中だが、ほんとは真っ白

佐野JAPANと同じく、全粒粉を使っているが、アイバンのものは香ばしさ重視、佐野氏のものは小麦の風味重視って感じ。

スープは丸鶏をメインに白はちみつやら豆乳やらを使ってるらしい。例によって!?夜撮影のため写真とった意味をなしていないが、ほんとは真っ白なスープ。

冒頭で述べたとおり、佐野JAPANとの味の格が違いすぎた。やっぱ佐野氏はとことんこだわってるんだなーと最認識。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/5〜11/11

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐野JAPAN@大つけ麺博

7日、8日限定で出店する佐野実氏率いる佐野JAPAN。

ちゃぶ屋の森住氏、69'N ROLL ONEの嶋崎氏など名だたるラーメン屋の店主が参加するチームらしい。凄い面子だ。

でも、正直なところ佐野氏のラーメンにはいいイメージを持っていない。
2000年頃に横浜ラーメン博物館で佐野氏の支那そばやのラーメンを食べたのでが、そんなにおいしいとは思わなかったのがその理由。

昔は繊細な味はあまり理解できなかったということもあるが、それが脳内で佐野=大したことない、と補間してしまうのだから、脳みそはコワイ。

でも、最近は一歩ひいて考えて、そのマイナスな思い込みを捨ててニュートラルに食べることにしている。本当は素晴らしいものなのに、単なる思い込みで1ランク味を落としてしまうのはもったいないから。(プラスのイメージは逆にもったままの方がいい。さらにおいしく感じるから)

45分並び、とうとうありつけた「つけ麺800円」がこれ。

200911071707japan

麺にこだわる、とブログに書いてあったので、期待していたが、その期待に応えてくれるおいしさ。

一口目は麺のみ、二口目は塩と山葵をつけて、三口目からは自由に食べてください、とのこと。

郷に入れば郷に従え。言われたとおり試してみる。

全粒粉の茶色いツブツブが練り込まれた細麺を箸でつかみ、ひと啜り。

口の中に広がる小麦の風味は尋常じゃない。このままでもいけてしまいそうな、美味しい麺。

二口目につけた塩、山葵も素材にこだわってるのがよくわかる。練り山葵じゃなく、本物の山葵なんて普通、出しませんよね!?っていうのが感想。

スープは50種類の食材を使ってるらしい。しかし、味わいはシンプルな塩。これがまた麺に良く合う。

スープの塩気により、小麦の豊かな風味がほとんどかんじられなくなったのだが、これは狙いだったのだろうか?口の中に塩分残って、その味がつよいんですよね。

葱も大好きな九条葱だし、チャーシューも旨い。

やはり、大したことない、という思い込みで食べない方が得する。
第三陣で今のところナンバー1。頑者という、つけめんの歴史でなくてはならない店(魚粉をブレイクさせた店、そして何よりつけめんがハンパなく旨い)を攻略してしまった今、これを超えるのは厳しそう。(おいしいつけめん出す、せたが屋、けいすけはだいたい味の想像つくので、超えられなさそう)

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/7〜11/8

◆評価
麺:5点 汁:4点 具:4点 CP:1点 +α:2点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

博多新風@大つけ麺博

博多新風@大つけ麺博
まさかの博多新風出店!

大つけ麺博参加店舗のラインナップを見て驚きと喜びを感じた。

過去の福岡出張にて訪問を試み、志半ばで断念してきた店だったからだ。

真っ先に行きたいと思ったのも、名だたる有名店ではなく新風。

本日のラスト、三杯目にした理由は、間違いないつけめんで締めたかったから。最後の最後にしなかったのは店を前にして我慢できなかったから…。

前の二店と同じく、ほとんど並び待ちせずに「博多豚骨つけめん800円」をGet。

これこれ!

求めていた味だった。

無心、六厘舎と豚骨つけめん食べてきたが、どちらも本物でなかった。(六厘舎は本物に近かったけど)
混じりッっけなしの濃厚な豚骨スープにかための細麺。チャーシューが薄っぺらいところも、博多ラーメンを彷彿とさせる。

ライトな豚骨ラーメンを出すらあめん英でつけめんに目覚めた自分にとっては、おいしい豚骨つけめんとの出会いは、達成感に満ち溢れるというかなんというか…豚骨つけめんはここまで進化したのかと感慨深いものがある。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/5〜11/11

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん潤@大つけ麺博

らーめん潤@大つけ麺博
蒲田店でチャーシュー入れ忘れという残念なミスをされてからイメージがよくなかった潤。

そんな過去のことは水に流し(書いてる時点で根に持ってるんだろうが…)、『燕三条流つけそば「背脂の乱」800円』。

シークヮーサー果汁をタレにつかってるらしい。

正直、うけつけなかった。。ごめんなさい。
奇抜なことせず、季節じゃないけどカボスとかを使ってほしかった。

あと、乱ってほど背脂がガッツリ入っているわけではない。(越後もち豚の厳選したA脂(背脂)らしいが、シークヮーサーの印象が強すぎて記憶に残っていないのが残念。

具はチャーシューと岩海苔。チャーシューにもシークヮーサー味が纏わり付いていてちょっと…

昨日食べた、新潟燕三条系インスパイアのどっかんの素晴らしさを再認識させられた。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/5〜11/11

◆評価
麺:3点 汁:1点 具:2点 CP:1点 +α:2点
合計:9点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑者@大つけ麺博

頑者@大つけ麺博
御成門での研修の後、大つけ麺博第三陣へ。

金曜日の夕方は飲みに行く人が多いからか、人が少ない。

まずは川越の城主、頑者。

自分が食べてきた麺のなかで最高ランクに位置する店。
それだけに、「ネクストレベル800円」のために用意した今回だけ限定のスペシャルな麺に超期待していた。

しかし、その麺が残念な出来。期待し過ぎただけになおさら。普段、最強の麺を出してる頑者らしくない。(理由は後述)

まず、スープから語った方が麺の失敗理由を説明しやすい。
バランス重視の動物魚介系で、味の濃さを抑えつつもおいしく仕上げた素晴らしいスープ。
中に入ってるチャーシューもいい仕事しており、申し分ない。

しかし、このスープと麺との相性が非常に悪い。

ネクストレベルの麺は極太麺なのだが、このスープをまったく引っ張ってこない。
否、麺が太いため麺表面に絡まるスープ量が少ない&スープの濃さ抑えめなため味を感じにくい。

若干水きりもよくなく、麺の表面が水でコーティングされていた。

細めにした方が良かったのでは?

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:11/5〜11/11

◆評価
麺:2点 汁:4点 具:4点 CP:1点 +α:2点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(21)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(21)
久々にどっかん。

「つけめん(300g)800円」。

表層の油(背脂ではない)の量、減らしたのかしら?

おいしいことに変わりはないから、問題なし。

大つけ麺博のどの店より格上(個人的に)。最強。


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:21:00〜24:00(スープなくなり次第終了)
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:4点
合計:20点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

大勝軒@大つけ麺博

大勝軒の甘辛酸スープに豚ロースの天ぷらを入れた「肉天つけ麺800円」。

200911031906

当然ながら天ぷらの衣はふやけ、スープには天ぷらの油が浸透している。

それが普段との違いであり、売りなのだろうが、油がくどい。

できれば肉天は麺上にしてほしかった。

でも、中本でダメージを受けた口の中がリセットされたので、いい仕事してくれた!と感謝の気持ちでいっぱいになった。

…嘘つきました。そんなに感謝してないです、ハイ。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:10/29〜11/4

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒙古タンメン中本@大つけ麺博

辛いもの苦手なので、はじめはスルーする予定だった中本。
第一陣で桃天花に行ってしまったことで、通らなければならない道となっていた。

辛いもの苦手な自分には最大の山場。本日の最後にすると、口の中が残念なことになるので、大勝軒を残し、こちらを攻める。

メニューは「味噌つけめん 誠スペシャル(主役)800円」。

200911031856
※写真のスープ黒いけど本当は真っ赤

味付玉子付きで麺は特盛まで無料。自分は大。暗くなってるけど、大盛りでも結構量があった。

しかし、麺たいしたことないネー。普段のものの方がおいしいのでは?というか、変えてるのかしら??

スープについて語ることは不可能(辛いもの苦手なんで)。
強いて言うならば、辛い!

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:10/29〜11/4

◆評価
麺:2点 汁:1点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:9点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば とみ田@大つけ麺博

昼に三杯食べた後、カロリー消費目的で皇居ラン。

腹が空いてきたところで四杯目、とみ田の「濃厚つけ煮干800円」。

200911031848

お昼時は会場外まで並んでるアホな長さの行列だったが、18:00過ぎはほとんど並ばずここのつけめんにありつけた。

メニュー名からもわかるとおり、普段より煮干しを強めたスープ。
そしてメインはこしの強い小麦粉の甘みの強い太麺。

肉の味を活かしつつ味付けしたチャーシューも旨い。

これを否定したらツケメニストではない。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:10/29〜11/4

◆評価
麺:5点 汁:5点 具:4点 CP:1点 +α:2点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ど・みそ@大つけ麺博

本日三杯目はど・みそ。

「幻のみそつけめん800円」

200911031236

公式ホームページによると、“一番の自慢は、やっぱりオリジナルの味噌です。信州、仙台、八町、江戸甘、そら豆の5種類をブレンドした味噌。味噌のうまさを存分に堪能いただける一杯を作りました。”

とのこと。その自慢の味噌。

濃い。

This is 味噌って感じ(意味不明)。

言い換えるならば、味噌を楽しませるために、他の味はおさえめに仕上げた感じ。
個人的にはもっと豚骨スープやら何やらの味も感じられる、どちらかというとアクセントに味噌を使っているものの方が好み。

ちなみに挽き肉はいってるけどチャーシューはなし。挽き肉×味噌は鉄板だけど、スープ割やライスがあってはじめて活きるような気も…

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:10/29〜11/4

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン凪@大つけ麺博

歌舞伎町でグデグデに酔っ払った後にしか行ったことのない凪。

素面で初凪が大つけ麺博。

通常よりニボッてる「ニボシボリ800円」が大つけ麺博限定メニュー。

200911031208

麺の食感はモチモチをとおりこしてソフトめん(昭和でなく平成版)に近い。
スープはやはり煮干し。良くも悪くも煮干し。好き嫌い二分される味
おそらく、好きな人にとっては食べれば食べる程はまる味だと思う。

しかし、肉、ないね…
具はスープ内のメンマだけ

ふざけてるのか、流行ってないからなのか…

食べ手からするとふざけてるとしか言いようがない…

ただですら800円は高いと思ってるのに、これはないね……

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:10/29〜11/4

◆評価
麺:3点 汁:4点 具:2点 CP:0点 +α:0点
合計:9点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑固麺飯魂 気むずかし屋@大つけ麺博

明日で大つけ麺博第二陣が終わるというのにまだ二杯しか食べてないという現実。

コンプリートは無理そうな予感がするが、とりあえず3杯食べに出陣。

昼時だけに人気店、準人気店は行列。なので、あまりならんでない気むずかし屋へ。

長野の店なだけに、完全にネームバリューだけで負けてる感じ。

自分はブランド力よりクオリティー重視なんで、そんなことはお構いなし。クオリティー重視と言い切ってたドリルマンはいまひとつだったが、ここのはメニュー名からして期待できる。

「限定プレミアム濃厚鶏白湯つけめん 石臼挽き麺800円」。

200911031200

石臼挽き麺に興味津々。

見た目、まさに信州そば。

おいしい!

おいしいだけでなく、つぶつぶっとした舌触りが面白い。

スープのみ啜ると味濃くしょっぱいが、麺に非常にマッチしており、つけめんとしての完成度はかなり高い。
スープ内の鶏チャーシュー、生海苔、生卵も合わさることでさらにGOOD!!

麺とスープの相性の良さは秀逸。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区有楽町1-4-4(日比谷パティオ)
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
出店日:10/29〜11/4

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:3点 CP:1点 +α:2点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »