« 麺屋 錦堂@桜上水 | トップページ | 京鰹節つけ麺 愛宕@新橋(2) »

2009年7月28日 (火)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(14)

本日4食目のゴハンはどっかんの「つけめん(300g)800円」。

前回訪問から中11日。

訪問間隔を空けるようにしたものの、前回同様、食生活的にどうよ!?って日に訪問することになった。

こういう食に対して貪欲な時ほどブログを書く筆もすすむ。

今回の訪問での大きな出来事は、どっかんのスープに対するイメージがいい具合に脳内補正され、スープを売りにする強豪店に匹敵する旨いスープへと変貌をとげたこと。
(実際の味は変わってないので悪しからず。あくまでイメージ上の話しなので。)

それに伴い評価点も1ポイント上げることにした。その決め手は、一杯のつけめんでありながら、味を大きく変化させるエンターテイメント性。

つけめんにおいて、元のスープ→スープ割りの二段階の楽しみは広く知られるところだが、どっかんはさらにその上をいく四段階+α。

1、2度その仕様について書き記した気もするが、改めてその全容を以下に紹介する。


【フェーズ1・背脂&脂スープ】
配膳直後のスープの色は白。
理由はスープの構造にあり、上から順に背脂→脂→煮干濃厚醤油スープ、という層ができているため。
この時点では醤油ダレが投入されてることが視覚情報から得ることができない。
背脂はわかるけど、どこが濃厚醤油?と思うはず。

フェーズ1での食べ方のポイントは混ぜないこと。

というのは、大きめにカットされたチャーシューがスープの器に5、6個沈んでいるため、麺を浸すと脂の部分までしか沈まないようになっている。
脂っこくてキモチ悪いと思うかもしれないが、以外とそれほど脂っこくない。その上、訪問回数を重ねるごとにヤミツキになってくる。
騙されたと思って試してほしい。


【フェーズ2・背脂煮干醤油スープ】
一般的なつけめんは食べはじめが最も濃く、食べ進めるにつれ、麺の表面をコーティングしている水により薄まっていく。

しかし、どっかんはその逆でどんどん濃くなっていく。

それが上層の背脂&脂と下層のスープを混ぜながら楽しむ背脂煮干醤油スープ。

ポイントはつけめんにおける基本動作である、麺を器の底まで潜らせ引き上げる、という上下運動のみで混ぜること。
こうすることにより、一口一口に微妙な味の変化をつけることができる。

スープを掻き混ぜてしまっては、あまりにもったいない。


【フェーズ3・背脂煮干濃厚醤油スープ】
そして、それは突然やってくる。ここのつけめんの完成系、背脂煮干濃厚醤油スープだ。

もう、濃厚ってレベルではない。超しょっぱい。麺を一定時間浸すと、白い麺が茶に染まるほど強烈な濃さ。

はじめからこの領域には足を踏み入れると、人によっては嫌悪感を抱くかもしれない。
正直、自分は初めてここのつけめんを食べたとき、あまり好みでないと思ったくらい。

家が近くにあるツケメニストは気軽に再訪できると思うので、はじめから混ぜてもよいと思う。
だが、遥々遠征し、一食入魂なツケメニストには、必ずフェーズ1、2とステップを踏んだ上でフェーズ3へと移行することを強くオススメする。

ここのつけめんのスープをいきなり混ぜるのは、温泉行って始めからサウナ、無免許なのに車購入、基礎工事せずマンション建築、村人と話し合わずに村をダム化、と同じくらいの暴挙。

逆に、サウナも車もマンションもダムもどっかんのつけめんも、手順を踏めば素晴らしいものになるってこと。


【フェーズ4・スープ割り】
麺完食後はつけめんの食べ方の定番中の定番、スープ割り。
自分的にはライスをレンゲですくいスープに浸けて食べる、つけライスをスタンダードな食べ方としているが、ここは別。

濃厚な醤油とライスがいまいち合わないというのもあるが、割るスープが美味しいというのが最大の理由。

上品な煮干し醤油スープへと変化し、背脂のトロッとした舌触り、玉ねぎのシャキシャキ感のハーモニーと相俟ってグビグビいける。

が、ここで我慢しなければならない。


【+α:ライス割り】

ここからは追加料金が必要。

ただし胃袋とほんの少しの財力(100円)に自信のある者のみが足を踏み入れることのできる領域。

煮干し醤油スープにライスを投入し、米一粒一粒がパラパラになるまでレンゲで混ぜる。(数回混ぜればOK)

それをレンゲですくい、食べる。

スープがライスに馴染み、一口一口が至福の時となる。ゴハン好きなら、まず間違いない美味しさなので試してほしい。

以上がこのつけめんの全貌。

しかし、書き疲れた…


◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:21:00〜24:00(スープなくなり次第終了)
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:5点
合計:21点(25点満点)

|

« 麺屋 錦堂@桜上水 | トップページ | 京鰹節つけ麺 愛宕@新橋(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/31639782

この記事へのトラックバック一覧です: 背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(14):

« 麺屋 錦堂@桜上水 | トップページ | 京鰹節つけ麺 愛宕@新橋(2) »