« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の9件の記事

2009年6月30日 (火)

中華ソバ 櫻坂@渋谷(14)

## ケータイに書き溜めてた記事データ消失により、自分の記憶を元に書いたエントリーなので悪しからず ##

たしか、この日に「つけソバ750円+ライス50円」を食べたはず。

手帳にはそう書いてある。

15:00〜渋谷のお客さん訪問、と。
渋谷のお客さんの所→櫻坂はもはや定番ルート。

あ、思い出した!

いつもより厚みのあるチャーシューが入ってて感動した記憶がある。
この一回限りだったけど。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区桜丘町17-10吉野ビル1F
営業時間:11:30〜22:30 土祝11:30〜22:00
定休日:日・第1月

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:4点  量:4点  +α:5点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

麺家いろは@射水

今年の新入社員の女子と富山出張。

研修の一環で、昼食含めスケジュールを組ませようと思ったところ、新入社員が「いいつけめん屋さん探しますよ!」と言うので、昼食は図らずしてつけめんに決定。
つけめんの“つ”の字も発してないので決してパワハラではない。決してパワハラではない。(大事なことなので二回言いました)

なんだかんだで自分がつけめん屋を選ぶことになった。射水市のお客さんのところから富山市のお客さんのところに行くまでの間に余裕を持っていける場所、と考えると、麺家いろはがベストの店舗だった。

この店、富山(2店舗)、石川(1店舗)、京都(1店舗)、神奈川(1店舗)にフランチャイズ展開しているが、訪問した店が本店。

小杉市役所の近くにあるので、そこを目指すといいと思う。(タクシーにしろレンタカーにしろ徒歩にしろ)

店内は座敷4席+カウンターの、まさに地方のラーメン屋さん。とても席数が多い。

座席でくつろぎつつ、「ブラックつけめん880円+ランチセット140円」を待つ。新入社員には無難そうな富山ブラックをおすすめしておいた。
なぜなら地方遠征でアタリだった確率が極めて低いから。新潟で痛恨の失態もしでかしてるし、鉄板を頼んでおけば問題ないだろうという考え。

うーん、ナイス判断。

このつけめんは自分は受け付けない一杯だった。
麺は明らかにラーメンのものを流用している。つけめん向きであればOKだが、つけめんに不向きな麺であったため、これが最大の不満点。
スープは超鰹(フレーク状のものが入ってた)の超濃い醤油スープ。残念ながら富山ブラックを食べたことがないため、このスープがいいのか悪いのか判断つかなかった。

ひとついえることは、自分は苦手だったということ。つけライスはほとんどせず、本日のランチのおかずであったメンチとおからと一緒に食べた。冷凍食品と思われるが、メンチが意外においしかった。

◆店舗情報
所在地:富山県射水市戸破1555-1
営業時間:11:30~15:00/17:30~24:00  土日祝11:30~24:00
定休日:無休

◆評価
麺:1点 汁:2点 具:3点 CP:2点 +α:2点
合計:10点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(9)

普段言葉を発さない生活をしているせいか、客先で計2時間40分話しただけで喉が腫れてしまった…

貧弱貧弱ゥ!

今日もどっかんにすがるしかない。

「つけめん(300g)800円+ライス100円」

心なしか喉の痛みが和らいだ気がする。

という奇跡。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:21:00〜24:00(スープなくなり次第終了)
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

つけめんTETSU@品川

新入社員を連れ、品達にあるTETSUへ。
やはり、社会人になったからにはつけ麺の何たるかを学ばねばならない。

「つけめん800円」。ごはんも注文したが、いくらだか忘れた。

このドロドロの濃厚スープに太麺、旨いつけめんのデファクト・スタンダード!

具材がいまいちなのは大宮の102と共通項。これは残念だが、あとは文句なし。

後輩も旨い、と言っていた。(本心か先輩に合わせたかは不明…)

◆店舗情報
所在地:東京都港区高輪3-26-20 品達ラーメン
営業時間:11:00〜23:00(スープなくなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:2点 CP:3点 +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(8)

23:00。

もう、どっかん以外考えられない。

「つけめん(300g)800円」
ごはんは抜き。膨張し続けるコノ体を抑え切れないため。

でも、つけめんは食う。胃袋がつけめんを渇望してやまないため。

たぶん食べなかったら死んでしまう。
そう思うくらい、食べたいってこと。

今日はスープを掻き交ぜずにつけつけしてみる。

見た目でわかりきっていたことだが、脂味。
写真ないので文で説明すると、上層が脂、下層が醤油ダレ&スープという構成だということ。上層にしか浸けなければ、当然脂の味しかしない。

そこでピカッとひらめいた。

麺を箸で掴んだまま丼の底まで潜らせ、サッと引き上げることで新味を引き出せのではないか、と。

直ぐさま実践。

下層で麺に絡んだ最高に濃いスープが上層の脂に削ぎ落とされ、スープを掻き交ぜたときよりも薄味で楽しめる。

どっかんのつけめんは奥深さに感嘆。

ますますヘビーローテーションになりそうな予感。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:21:00〜24:00(スープなくなり次第終了)
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

めん徳二代目つじ田 飯田橋店@飯田橋(2)

めん徳二代目つじ田 印刷飯田橋店@飯田橋(2)

おつかいついでにつじ田で「二代目つけめん980円」。

4人並んでいたが、座席数が多い&ホールスタッフがいるため、10〜15分後にはつけめんにありつけた。

とろみのあるスープ、ツルシコ太麺が旨い。

隙のないハイレベルな一杯だが、コストパフォーマンスが恐ろしく悪いのが弱点。
一食1000円はキツイな。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区飯田橋4-8-14 1F
営業時間:11:00〜22:00  土日祝11:00〜21:00(スープなくなり次第終了)
定休日:不定休

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:4点  量:1点  +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(7)

「つけめん(300g)800円」と「ごはん100円」

食に走るから、太る

拒食になる人は、痩せる

食に走るということは、健康の証

拒食は、体調不良の素

お、短歌思い付いた!

真夜中に
食に走れば
メタボリック
リアルに走れば
職務質問

…お粗末極まりない、とか言わないの〜てか言わせな〜い

前フリしてた夜食=健康とか拒食とか使ってねーし

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:21:00〜24:00(スープなくなり次第終了)
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

特麺 コツ一丁ラーメン@幡ヶ谷(6)

スポーツの後こそコツ一丁の「つけ麺800円」!
めんどいからPictureもReviewもなし。
呑ンデルしね。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷1-5-7-101
営業時間:18:00〜翌2:00
定休日:日
◆評価
麺:3点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

背脂煮干濃厚醤油 どっかん@幡ヶ谷(6)

どっかんの「つけめん(300g)800円」。

最近、疲れてるときに、やたらと食べたくなる一杯。

つけめん自体も好きだが、スープ割後の上質なとろける背脂×シャキシャキ玉葱のコラボレーションがお目当てといっても過言ではない。

背脂と玉葱がシンプルでわかりやすい煮干し醤油スープにベストマッチ。

つけめん時の超絶しょっぱいスープからの変化が楽し過ぎる。

ラーメンだと最初から最後まで味が変わらない。
つけめんほどの感動は味わえない。

つけめんはラーメンの上位種であることがよくわかる一杯。

つけめん、最高!

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:21:00〜24:00(スープなくなり次第終了)
定休日:土日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »