« らぁめん ほりうち@新宿 | トップページ | 北海道味噌ラーメン専門店 北の大草原@曙橋 »

2009年4月 4日 (土)

しなそば 麺 風武@新高円寺

17:00ごろ朝+昼ごはんをとり、18:30に本日の晩飯。

最近の課題は自転車圏内の近所の制圧。中野富士見町の麺好を攻略せねばならないのだが、もう閉まっているので高円寺遠征。この街には宿題店がいっぱい。
今週中に1、2店落としておかねばと考えていたので、まずはその足がかりとして風武へ。

この店、かなり変わったところに店を構えている。商店街にある小さなスーパーの向かいって覚えてたんだけど、パッと見、ラーメン屋は見当たらない。

黒地に白い字で“風武”と書いてある小さな看板を見つけ、そこに張ってある案内図をみると、どうやら焼き鳥屋の路地を入って左にあるらしいことがわかった。

…とおもったら、道でなく建物と建物の間の路地を直進せよ、ってことだったことがわかった。人が1人通れるくらいの幅。を10歩くらいいったさきに店がある。

焼き鳥屋の裏、っていうトンでもない店構え。

場所は変なとこにあるけど、店内は清潔感があり洗練されている。この時点でかなり期待大。“綺麗な店にハズレなし”という格言があるくらいだから(嘘)

注文したのは「つけ麺750円」これがまた、ある意味衝撃的な一杯。

200904041827

おされな器に盛られてますが、麺、チャーシュー、水菜、メンマの盛られてるスペース、左上のコップの2倍弱の直径しかありません。(コップはよく飲食店で使ってるあの形のコップです)

と、いうことは、量が激少ない。

具はチャーシュー2枚、メンマ6、7本、水菜それなり、刻み海苔たくさん、と結構あるんだけど、肝心の麺が150g弱。この衝撃は記憶にある限りでは①めじろ@代々木→②MIST@表参道→③十兵衛@大泉学園→④彩流@浦和以来、五度目の衝撃。

この店はガッカリなんだけど、味はグッド・テイスト。1時間半前に食べたほりうち@新宿では、もっと潔くシンプル路線でいかんかぃっ!て心の中でシャウトしてましたが、ここのつけめんは潔くシンプル路線。そして上品路線。

濃くなく薄くもなくで、つけめんを楽しめるよい濃さの醤油スープ。インパクトないが、この潔さがよい。このスープに細麺をつけて、おいしくいただく。
上品路線、と評したが、味だけでなく店内や器、盛り付け、そういう部分で確実に演出してる、間違いなく。

チャーシューも丁寧な仕事してて肉の旨さが活かされてるおいしいチャーシュー。なんかほんのり甘みも感じた。何だろう?

しかし、いい仕事してる。

あと、私、ツケメニストですが、ここのラーメンを食べてみたいと思いました。おいしいと思う。満足できると思う。絶対おいしいラーメンだと思う。

◆店舗情報
所在地:東京都杉並区高円寺南2-20-15
営業時間:12:00~14:00/16:30~23:00
定休日:水

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:4点 CP:1点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

|

« らぁめん ほりうち@新宿 | トップページ | 北海道味噌ラーメン専門店 北の大草原@曙橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/28967171

この記事へのトラックバック一覧です: しなそば 麺 風武@新高円寺:

« らぁめん ほりうち@新宿 | トップページ | 北海道味噌ラーメン専門店 北の大草原@曙橋 »