« つけそば屋 北かま@神保町(22) | トップページ | 新潟越後味噌らーめん 弥彦@幡ヶ谷 »

2009年1月10日 (土)

重厚煮干し中華そば 大ふく屋@赤羽

注文してたスノボの板を買うためT氏の車で戸田へ。

T氏もつけめん好きなので、板買った後は暗黙の了解でつけめん。

今回は2008年12月にオープンしたばかりの大ふく屋。せたが屋グループの新店。せたが屋は自分的にそうでもなかったが、ふくもりが自分の中でヒットだったためかなり期待してた店。


このクソ寒い中3人待ち。そんな中、お客を気遣いストーブが設置されてるのが嬉しかった。

10分ほど待ち、店内へ。

迷うことなく「重厚つけそば780円+半ライス120円」の食券を購入。

200901102054

このメニュー、先に言ってしまいますが、まったく隙のない一杯です。

まず、麺。北海道小麦100%使用の極太ちぢれ麺とのこと。茹で加減、水切りともにパーフェクト。ふくもりもそうだったが、仕事が丁寧で非常に素晴らしい。この麺が並で300gあるのだから、大食漢でない限り、+150円で大盛り(400g)にする必要はないと思われる。

店内にある説明書きによると、長時間丁寧に炊き出した豚骨スープに野菜を組み合わせた野菜豚骨魚介のスープが売りとのこと。たしかにこのスープ、豚骨によって粘度の高さをだし、野菜の甘み+魚介でアクセント、とつけめんにはもってこいの内容。ただ、物理上、麺にスープがめちゃくちゃ絡んでいるのに食べるときそんなに絡んでいるように感じなかった。なぜだろう?とT氏と話しをしたが結論はでず。

ちなみに、スープ割りは魚介スープを足してくれるので、まったく違った印象のスープになる。変化を楽しみたいならばスープ割りを、この重厚なスープを最後まで楽しみたいならば、つけライスをオススメする。

ここのつけライス、近年稀にみる旨さだった。自分的には麺よりライスがメインだった。

◆店舗情報
所在地:東京都北区赤羽1-18-4
営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00(スープなくなり次第閉店)
定休日:月

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:19点(25点満点)

|

« つけそば屋 北かま@神保町(22) | トップページ | 新潟越後味噌らーめん 弥彦@幡ヶ谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/27035857

この記事へのトラックバック一覧です: 重厚煮干し中華そば 大ふく屋@赤羽:

« つけそば屋 北かま@神保町(22) | トップページ | 新潟越後味噌らーめん 弥彦@幡ヶ谷 »