« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の10件の記事

2009年1月23日 (金)

元祖脂そば 背脂醤油 のあ@神保町

元祖脂そば 背脂醤油 のあ@神保町
はじめに、手ブレですみません。。

本日は前々から気になってた、背脂醤油のあのレポートです。

ティーヌンの入っている雑居ビルの3階。ビルの案内板には、とんかつ、とか書いてあるから、いつも躊躇して入れなかった店。
今日は勇気を振り絞りエレベーターに搭乗、3階へ。

扉が開くと鏡のドアが2つ、発券機が1つ。ドアの向こうからは食器を洗うようなカチャカチャという音が。

「つけ麺(渋谷型)(大)800円」の食券を買い、音のする方のドアを恐る恐る、そ〜っと開ける。

視界にお客さん2人がうつり一安心。

店内は、昔スナックだったのかな、と思わせる大理石のカウンター、ラーメン作るには狭すぎる、否、細長過ぎる厨房。
そして奥には何故かドデカいテーブル。そのテーブルでは学生達が飯を終え、まったりしてた。

店内はさておき、客もそこそこ入っており、怪しい店でないことがわかった。

と、いうことで以下から本題。

まず麺。並220g、中330g、大440g、全部同額。細麺を固めに茹で冷水でしめている。悪くない。

スープ。豚骨。醤油ダレは弱め。

トロントロン、プルプルの大きな背脂が浮かんでる。コラーゲン。

具はサクサク縦にほぐれる、ごっつい肉の塊が3つ。チャーシューじゃありません、塊です。
味はウーム…って感じ。まあ、まずくはないです。
あとメンマ、ノリが入ってる。

しかし、この量はプチ暴力。脂っこい一杯だから、アラサーな自分としては大盛りはギブです。顔がテカってしまいます。

10代の若人向け。もしくはテカりたい人向け。

因みに何故“渋谷型”なのかというと、もともと渋谷にあった店だかららしい。でもって、この店、昼はとんかつ屋やってるらしい。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-6 樋谷ビル3F

営業時間:11:30〜15:00/18:00〜21:00
定休日:不定休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:2点 CP:5点 +α:2点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

中華蕎麦 とみ田@松戸

ラーメンDBで通算ランキングNo.1ながら今だに訪問してない中華蕎麦とみ田。

T氏から訪問レポートが届いて以来、敗北感を感じていた。

そして今回、一念発起して松戸遠征。店には迷わず到着。

常軌を逸した超行列、最長待ち時間の自己ワーストを更新。

寒風吹く中、2時間、外で並びました。

ここでは先に食券を買うルール。「つけめん800円」をオーダー。

200901181538


このつけめん、味的にもサービス的にも、かなり濃い内容。

濃厚な豚骨魚介フルボディ・スープ、まさに流行りのスープの中でも至高の一杯といえる。じゃなかったら、ラーメンDBでつけめん部門一位にならんでしょ。
この一位ってイメージの刷り込みで脳内補正されてるかもしれないけど、そういうのもそのつけめん屋の力だと思う。

次に麺。味だけを他店と比較すると、格上はまだまだ存在するが、仕事っぷり&脳内補正を含めると十分満点に値する内容。
冬だからってこともあるけど、キンキンに冷えた水でキュッと引き締められた素晴らしい麺。

冷水に臆すことなく水切りされてるのも好感が持てる。

麺300g、厚めのチャーシュー2枚と、量的にも満足できる。
ちなみに200gに減らすと半玉子になる。

ごはん売り切れが非常に残念だったが、代わりにしたスープ割りが手厚いサービスでよかった。
こってり/あっさりを選択でき、スープ温めてもらえ、細かく切ったチャーシューまで入れてくれる。

自分は変化を楽しみたかったので、あっさりを選択。ほんとにあっさりした、まったく別スープになるのだから面白い。

15時ぐらいに並んだ方々で売り切れだったので、この店目当てで遠征する場合、余裕をもって訪問する必要あり。

しかし、待ち時間:2時間待ち、食事:10分はなぁ。。。知名度ここに極まれりな店。うろおぼえだけれど、確か30分とか40分とかが料理の旨さを倍増させる待ち時間だった気がする。この待ち時間はさすがにその領域をとおり越してしまう。

このため、待ち時間を待ち時間としない対策(話しのつきない友達と訪問orPSPとかDSとか本とか持参)を打つことをオススメする。

◆店舗情報
所在地:千葉県松戸市松戸1339 高橋ビル1F
営業時間:11:00〜19:00(スープ売り切れ次第終了)
定休日:水

◆評価
麺:5点 汁:5点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特麺 コツ一丁ラーメン@幡ヶ谷

昨日の夕方、川口方面のつけめん開拓部長T氏より「櫻坂@渋谷、感動したっ!」ってレポートがありました。

飲んだ後なんですけど、愛しの櫻坂のこと考えると、どうしてもつけめんを食べたくなり、幡ヶ谷でつけめん食べてしまいました。

0時過ぎに…(-_-)

メタボリック、ドントコイ!

我武者羅のサードブランドどっかん(煮干し×背脂)の予定だったものの既に売り切れ。

仕方なく、背脂つながりで、背脂チャッチャ系のこの店へ。

「つけ麺700円」をオーダー。

200901180034

この店、はじめてきたけど大繁盛しております。
人の良さそうなオヤッサン一人で切り盛りしてるんだけど、確実に若人の胃袋をガッチリ掴んでる感じ。

醤油濃いめな豚骨醤油に背脂という、この系統では王道な味。

麺は固めの細い麺だし、スープも無難な味付けだし、チャーシューはなかなかだけどモヤシ、メンマいまいちだし、物足りないなー、と思ってたけどニンニク&入れ放題の葱を投入するといい感じに。

まさにB級グルメを地で行く一杯。確実に太るけど、飲んだ後にオススメ。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷1-5-7-101
営業時間:18:00〜翌2:00
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:4点 +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

つけ麺屋 ごんろく 水道橋店@水道橋

つけ麺屋 ごんろく 水道橋店@水道橋
両国に本店を置くごんろくで昼飯。ネット上のレビューから、やすべえ系だとわかっていたのであまり期待せず訪問。

並220g、中330g、大440gってのもやすべえっぽい。

「つけ麺(大)720円」

モニュモニュした太麺に甘辛酸っぱいスープという予想どおりの味。

スープがライト過ぎて麺に全然絡まない。あと、甘酸っぱさが強すぎる。

ちなみに短冊切りチャーシューとメンマと海苔が入っており、お好みで玉葱、魚粉を投入できる。

量は十分過ぎるくらいあるが、残念ながら飽きる。

◆店舗情報
所在地:東京都文京区本郷1-4-4
営業時間:11:00〜翌4:00  日11:00〜21:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:3点 CP:5点 +α:2点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

中華そば・特製もりそば 満帆@伊勢崎

今シーズン初雪山。つけめん大好きT氏と小島よしお的なS氏と群馬県の川場へ。

一昨日買ったばかりの新しい板で足がパンパンになるまで滑る。筋力のなさを実感。正直、3本目の途中で限界でしたから、T氏。

本題に入ります。

川場のゲレンデから1時間半かけて群馬のラーメン・つけめんスポット伊勢崎へ。

しかし、渋滞まじ疲れますね…。

お目当てはラーナビでだるま大使と並び群馬No.1と言われる満帆。

大勝軒系の常勝軒系という情報を得ていたので、20世紀のつけめんなんだなーと思いながら訪問。

オーダーしたのは「もりそば690円」(300g)。

200901122030

ちなみに、+60円で中盛400g(T氏オーダー)、+120円で大盛500g(S氏オーダー)、+240円で特盛700g。

予想どおりの味だが、完成度高い。

若干柔らかめ(許容範囲)のモチモチ麺。
スープは甘辛しょっぱい濃い豚骨魚介。
口の周りがベトつくくらい濃い。

スープ熱々でなかなかいいね、と思っていたらさらなる感動が!

チャーシューが熱々!
これは嬉しい配慮。これにより、具材による不必要なスープの低温化が起きない。

スープ割もなかなかいい感じで群馬もなかなかやるね、と思った。
ただ都内でもありそうな味感は否めない。ワンランク上のメニュー(ぶたぶたor塩)頼めばよかったと、ちょい後悔した。

ちなみに、群馬初つけめんかと思ってたけど、ブログ見返したら何気に2007年2月に高崎で連食してた。うっかりわすれてた、北関東麺類研究所

◆店舗情報
所在地:群馬県伊勢崎市宮古町142-2
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:4点 +α:3点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

新潟越後味噌らーめん 弥彦@幡ヶ谷

我武者羅の2ndブランド、弥彦。

我武者羅は鯛だし豚骨という変わり玉(月~金営業)、そして弥彦は味噌らーめん(土日営業)、と全く別の味で勝負している意欲的な店。(ちなみに、深夜営業の3rdブランド、 背脂煮干濃厚醤油 どっかん もある)

「越後味噌流麺800円+ぶっこみ飯100円」をセレクト。ちなみに、流麺がつけめん、剛麺がらーめん。

200901111341

麺は平打ち麺。可もなく不可もなく。量は300g弱。

スープは辛み気持ち強めな味噌スープ。自分は汗が出てくるほど辛かったが、周りのお客は問題なさそうな顔してたので、こう表現。

中にもやし、挽き肉、胡椒や香辛料的な粒々がドーンと入っている。
そして一番存在感があったのが角煮。よく味が染み込んでおりなかなか。ただ、意図的かどうかは知らないが生姜が強すぎだった。生姜キライな人にはきついかも。
(甘辛く漬けた生姜が付いてたので意図的な可能性あり)

ちなみに、他の具は麺上のメンマ、ほうれん草。

あと、焼き石あり。投入すると元のスープよりも熱々になるという素晴らしいサービス。生粋、TETSUでもやってるが、これはいい。ほんとにいい。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
営業時間:土11:30~15:00/18:00~23:00  日11:30~16:00
定休日:月~金、不定休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

重厚煮干し中華そば 大ふく屋@赤羽

注文してたスノボの板を買うためT氏の車で戸田へ。

T氏もつけめん好きなので、板買った後は暗黙の了解でつけめん。

今回は2008年12月にオープンしたばかりの大ふく屋。せたが屋グループの新店。せたが屋は自分的にそうでもなかったが、ふくもりが自分の中でヒットだったためかなり期待してた店。


このクソ寒い中3人待ち。そんな中、お客を気遣いストーブが設置されてるのが嬉しかった。

10分ほど待ち、店内へ。

迷うことなく「重厚つけそば780円+半ライス120円」の食券を購入。

200901102054

このメニュー、先に言ってしまいますが、まったく隙のない一杯です。

まず、麺。北海道小麦100%使用の極太ちぢれ麺とのこと。茹で加減、水切りともにパーフェクト。ふくもりもそうだったが、仕事が丁寧で非常に素晴らしい。この麺が並で300gあるのだから、大食漢でない限り、+150円で大盛り(400g)にする必要はないと思われる。

店内にある説明書きによると、長時間丁寧に炊き出した豚骨スープに野菜を組み合わせた野菜豚骨魚介のスープが売りとのこと。たしかにこのスープ、豚骨によって粘度の高さをだし、野菜の甘み+魚介でアクセント、とつけめんにはもってこいの内容。ただ、物理上、麺にスープがめちゃくちゃ絡んでいるのに食べるときそんなに絡んでいるように感じなかった。なぜだろう?とT氏と話しをしたが結論はでず。

ちなみに、スープ割りは魚介スープを足してくれるので、まったく違った印象のスープになる。変化を楽しみたいならばスープ割りを、この重厚なスープを最後まで楽しみたいならば、つけライスをオススメする。

ここのつけライス、近年稀にみる旨さだった。自分的には麺よりライスがメインだった。

◆店舗情報
所在地:東京都北区赤羽1-18-4
営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00(スープなくなり次第閉店)
定休日:月

◆評価
麺:4点 汁:4点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

つけそば屋 北かま@神保町(22)

つけそば屋 北かま@神保町(22)
2ヶ月ぶりに北かまで「つけそば780円+海苔(クーポン)」

めずらしく尖ってないスープだった。少し嬉しかった。

けだ、スープ温かったのと相変わらずの水切りの悪さが(ノ_・。)

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-24
営業時間:11:30〜19:00(売切れ次第終了)
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

つけ麺 翼@笹塚

つけ麺 翼@笹塚
今日は仕事はじめ。
初日から酒を呑み、つけめんを喰う。

会社の帰り道、笹塚駅前の翼で「濃厚つけ麺(大盛)780円」。

豚骨魚介×太麺という内容。スープはややインパクトに欠ける印象、麺は固めに茹でられており、咀嚼に力を要する。
そのボリュームだが並盛り220g、大盛り330gが同じ値段というのは嬉しい。

あとは薄いチャーシュー③枚とメンマ。チャーシューは塩気ちょい強めで麺と一緒に食べるとイイ感じ。

スープをもうちょい頑張ってくれれば、帰り際に立ち寄るにはちょうどいい店になるんだけどな。夜遅くまでやってるし。

最後に一言。今年は心を入れ替え、高頻度更新でいきます!(現時点でアップしてない記事が20件強…)

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区笹塚1-47-2
営業時間:11:30〜24:00 (LO23:30)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

つけ麺専門店 三田製麺所@新宿

2009年最初の一杯目は、大学時代のラーメン好きの友達になかなかうまい、とオススメしてもらった三田製麺所。11月にオープンしたらしいが新店探しを怠けているため、完全にノーマークだった。

20時からの大学の友達(と思ってもらってるかは知らんが…)との宴の前に、変なガチムチっぽいヤツと一緒に訪問。

並(200g)、中(300g)、大(400g)どれも同額という気前のよさ。自分の歳考えると“中”までだと判断し、「つけめん(中)700円」をオーダー。

200901031809_3

麺は極太麺。茹で時間に8分要するだけあって力強い。自分の好みの麺。

スープは流行の動物×魚介のWスープ。ラーナビによると、鶏をメインに使っているらしい。中には縦にパラパラとほぐれるチャーシューとメンマ、葱が入っている。麺は多いが具は少なめ。まあ、このご時世致し方ないところか。

で、このつけめんの特筆すべきポイントは、スープのドロドロさ加減。

極太麺にスープがめちゃめちゃ絡むので、麺をジャブジャブつけるとあっという間に、スープがなくなる。
ひと啜り目でスープの引っ張り具合の凄さを確認したため、基本、掴んだ麺の5割程度を浸けて食べるルールを自分の中で作って食べてみた。それでもスープは1/4程度しか残らなかった。
隣の隣に座っていた大盛りを食べていたヤンキー的なおにーさんなんか、スープが途中でなくなってしまったらしく、足してもらっていたほど。

ただ、残念かな、味に関しては何とも形容し難い中途半端な感じ。旨味が足りない気がする。これまたラーナビ情報だが、“ほぼ無化調”だからかもしれない。だとすると、“ほぼ”をやめ化学調味料を正々堂々使うか、完全に無化調にして、それを売りにしていくかだと思う。
個人的には前者を押したいが、あくまで自分の好み。あと、かなり私見の入った勝手な意見なので悪しからず。

ちなみに、一緒にいったガチムチっぽいヤツ曰く「もう一回行きたいかっていうと、行かない」とのこと。

自分は、今回の訪問でつけライス試さなかったため2回目訪問の可能性を残しつつも、近々にいくつもりは今のところない。少し期間を空けて再チャレンジしてみたい。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-9-6
営業時間:11:30~14:30/18:00~スープなくなり次第終了  日祝11:30~21:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »