« つけ麺大臣@渋谷 | トップページ | ばんかららーめん@新宿 »

2008年12月24日 (水)

電撃羅愛麺 青空きっど零@遠州曳馬

本日は出張で浜松へ。
観光地でもあるし当然と言えば当然だが、駅前はかなり発展しててビックリ。
出身の埼玉国の首都、大宮といい勝負。

さて、本日は10:00にお客さんのとこいって、早めの昼飯を食べ、15:00過ぎに帰社というスケジュール。

結構時間がない(つけめん屋回る時間が)。

つけめん&うなぎを連食することも考えていたが、お客さんのとこで結構時間を使ってしまったため(仕事だから優先して当たり前)、つけめん一本に。

場所は浜松駅から遠州鉄道なる電車に乗り、遠州曳馬という駅に降り立つ。
30分後の電車に乗らなければ、新幹線に間に合わず死亡確定という状況。
ドキドキしながら店内に入ると店内で5名並んでいるという最悪パターン。
帰ろうとも思ったが、15分前になっても席に着けなかったら店を去るというルールを自分に課し、最後まで諦めず待つことに。

制限時間一杯の15分後、席につくことができた。
セレクトしたのは醤油味の「黒つけ壱号690円」。

200812241243

なぜ壱号かというと、月の夜限定の弐号(鶏だし)、金の夜限定の参号(和牛だし)があるから。忘れてしまったが、麺まで変える力の入れっぷり。

黒以外に白(潮)720円、赤(唐辛子醤油)750円、黄(カレー)750円、金(味噌)780円とバリエーション豊かなラインナップ。

辛そうな赤以外はどれも食べて見たかったが、今回は基本と思われる黒にした。場所的に二回目があるかはわからないが、こういう嬉しい悩みは大歓迎。

さて、内容だが、麺は中太麺。二種類の麺を混ぜてるらしいが、正直わからなかった。味に特徴はなく普通。が、六人前同時茹でだったので、さすがに少し水切りが甘かった。
そして何より量が少ない。このため、腹一杯食べたい人には大盛り150円をオススメする。

ここの特徴はやはりスープ。上述の計15パターンのつけめん麻婆豆腐、焼き肉タレに似た甘辛いスープ、チャーシュー(流行にながされない)、味玉、メンマ、スープ熱々、麺キンキン、実践してる。久々に麺を盛る器を意図的冷やしてる店に出会った。

ちなみに、着席してからつけめん出てくるまでに5分弱、食事時間も5分弱。
店から駅までは2~3分程度とかなり近いので、想定してたよりも余裕で帰ることができた。

◆店舗情報
所在地:静岡県浜松市中区曳馬5-24-19
営業時間:11:00~14:00/17:30~22:00
定休日:月(祝日の場合翌日)、第3火

◆評価
麺:3点  汁:4点  具:4点  量:2点  +α:4点
合計:17点(25点満点)

|

« つけ麺大臣@渋谷 | トップページ | ばんかららーめん@新宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/26644544

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃羅愛麺 青空きっど零@遠州曳馬:

« つけ麺大臣@渋谷 | トップページ | ばんかららーめん@新宿 »