« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の12件の記事

2008年12月29日 (月)

つけ麺 Apple Basic@東中野(2)

年の瀬。2008年つけめんの旅もいよいよ終わりに近づいてきた。

とかなんとかいいながら、本日選んだ店は訪問済みのApple Basic。
前回、風邪ひいての訪問だったので、今年中に本来の味を確かめたいという理由があったから。

チャリで10分、あっという間に到着。

店に入り、入り口の右手にある発券機の前に立つ。そして思わずニヤリとしてしまった。
まさかの、サイドメニューご飯追加。わかってらっしゃる。

ということで、「つけ麺(地鶏の味玉付き)900円+美味しいご飯100円」をオーダー。

200812291903applebasic

前回と違って、流行の豚骨魚介な感じになっててちょっと残念。
でも、試行錯誤でスープを調整しているあらわれなのだから、今後に期待しよしとしよう。

味的には十分合格点なので、さらなる飛躍を期待したい。

しかし、この店は凄いよ。
何が凄いって、2008年12月31日19:00〜Midnight、年越しつけ麺営業という素晴らしい営業姿勢。

12月31日の再訪は確定的だな。

□□追記□□

結局、12月31日は埼玉の実家に帰ってしまったので再訪せず。
昨年に引き続き、今年の私的なつけめん新規開拓ランキング改めマイ・ツケメン・オブ・ザ・イヤー2008を発表しようと思います。

3位.そば処 港屋@内幸町
つけめんでなくつけ蕎麦だが、ホントにおいしい。そばつゆ×ラー油があんなにあうなんて目からうろこ。


2位.らーめん弥七@中津
自分が関東圏以外で食べた中で一番おいしいつけめん。東京最強を確信させてくれたつけめんでもある。

1位.つけめん102@大宮
鶏×魚介スープの破壊力が尋常じゃない。脳からいろんなものが溢れ出すほど感動した。麺とスープだけで楽しみたい至高のつけめん。

今年は2007年に比べ食べ歩くことができなかったが、上述3店舗との出会い、吉左右、つじ田といった超有名店訪問(どっちもやっぱり旨い!)と中身は濃かった。
来年は訪問店舗数増やし、かつ中身のある食べ歩きをしたい。

つけめん最高!!

◆店舗情報
所在地:東京都中野区東中野1-31-8 井上ビル1F
営業時間:17:00〜21:00
定休日:日

 

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 量:2点 +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん小江戸@西武新宿

つけめんの素晴らしさに気づく前、おそらく2000年。
つけ男は風来居という山頭火の暖簾分け店が大好きだった。
現在、山頭火は都内に多くのフランチャイズ店を構えているが、当時は恵比寿ぐらいにしかなかった。よって新宿のこの店の価値も非常に高かった。(今でも高いけど)

限定の塩のために、何回授業をサボったことか。

今回訪問したのは、その思い出の風来居のセカンドブランドである小江戸。
大好きだった店が別コンセプトで出す「つけめん780円」はどんなものなのか、あれこれ妄想を膨らませながら訪問。

200812291452

結果は期待が大きかった分、残念な結果に。
醤油つけめんなのだが、麺のイマイチなためワンランク下のつけめんに感じてしまう。
感じてしまう、というより麺が死んでるつけめんはワンランク下、と言い切りたい。

言い切ります。

ワンランク下。

スープは悪くないけど、洗練されてない。

あの洗練されたとんこつ塩/醤油/味噌を出す店のセカンドブランドとは思えないなー。
検討と健闘を祈ってます。


◆店舗情報
所在地:東京都新宿区西新宿7-9-15 ダイカンプラザ清田ビル 1F
営業時間: 11:30~17:00/18:00~22:00(売切れ次第閉店)
定休日:日

◆評価
麺:2点 汁:3点 具:2点 量:3点 +α:3点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

ばんかららーめん@新宿

なにやってんだか

200812250203

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-17-6
営業時間:11:30〜翌6:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:2点 具:2点 量:2点 +α:3点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

電撃羅愛麺 青空きっど零@遠州曳馬

本日は出張で浜松へ。
観光地でもあるし当然と言えば当然だが、駅前はかなり発展しててビックリ。
出身の埼玉国の首都、大宮といい勝負。

さて、本日は10:00にお客さんのとこいって、早めの昼飯を食べ、15:00過ぎに帰社というスケジュール。

結構時間がない(つけめん屋回る時間が)。

つけめん&うなぎを連食することも考えていたが、お客さんのとこで結構時間を使ってしまったため(仕事だから優先して当たり前)、つけめん一本に。

場所は浜松駅から遠州鉄道なる電車に乗り、遠州曳馬という駅に降り立つ。
30分後の電車に乗らなければ、新幹線に間に合わず死亡確定という状況。
ドキドキしながら店内に入ると店内で5名並んでいるという最悪パターン。
帰ろうとも思ったが、15分前になっても席に着けなかったら店を去るというルールを自分に課し、最後まで諦めず待つことに。

制限時間一杯の15分後、席につくことができた。
セレクトしたのは醤油味の「黒つけ壱号690円」。

200812241243

なぜ壱号かというと、月の夜限定の弐号(鶏だし)、金の夜限定の参号(和牛だし)があるから。忘れてしまったが、麺まで変える力の入れっぷり。

黒以外に白(潮)720円、赤(唐辛子醤油)750円、黄(カレー)750円、金(味噌)780円とバリエーション豊かなラインナップ。

辛そうな赤以外はどれも食べて見たかったが、今回は基本と思われる黒にした。場所的に二回目があるかはわからないが、こういう嬉しい悩みは大歓迎。

さて、内容だが、麺は中太麺。二種類の麺を混ぜてるらしいが、正直わからなかった。味に特徴はなく普通。が、六人前同時茹でだったので、さすがに少し水切りが甘かった。
そして何より量が少ない。このため、腹一杯食べたい人には大盛り150円をオススメする。

ここの特徴はやはりスープ。上述の計15パターンのつけめん麻婆豆腐、焼き肉タレに似た甘辛いスープ、チャーシュー(流行にながされない)、味玉、メンマ、スープ熱々、麺キンキン、実践してる。久々に麺を盛る器を意図的冷やしてる店に出会った。

ちなみに、着席してからつけめん出てくるまでに5分弱、食事時間も5分弱。
店から駅までは2~3分程度とかなり近いので、想定してたよりも余裕で帰ることができた。

◆店舗情報
所在地:静岡県浜松市中区曳馬5-24-19
営業時間:11:00~14:00/17:30~22:00
定休日:月(祝日の場合翌日)、第3火

◆評価
麺:3点  汁:4点  具:4点  量:2点  +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

つけ麺大臣@渋谷

靴のリペアをしに、渋谷のユニオンワークスへ。
安い靴なら駅によくある靴修理屋でいいけど、ちょい高めの靴だったのでココを選んだ。

オートロックのマンションの地下一階に店がある。知らなかったらまず店があるとはわからない。

先客が4名いたので少し待つ。

擦り減ったヒール、つま先のリペアを依頼し、店を出る。

ここからが本日の本題。

ユニオンワークスから渋谷不動のお気に入り店、櫻坂までは徒歩3分程度。しかし、今日は行かない。食べたいけど行かない。

本日のお目当ては、つけ麺大臣。空海(クオリティ高めのチェーン店、しかし、つけめんはいたってフツー)の系列店なので櫻坂休業ぐらいの展開でなければまず行くことはないと考えていた。

しかし、ど・みそ@京橋とコラボメニューを展開中ってことで訪問を決めた。

ど・みそは味噌ラーメンの店なのだが、評判は上々。自分も2、3年前の冬に店の中に入り発券機の前まで行ったものの、つけめんがなく何も食べずに店を出たという思い出の店。否、因縁の店?

「味噌つけ麺880円+ライス100円」頼んで待つ。

ちなみに、特盛(3玉680g)、大(2.5玉570g)、中(2玉450g)、並(1.5玉340g)、小(1玉230g)から選べる。茹で上がり換算なので、自分は中を選択。

200812231539

なかなか濃厚そうなスープに見えるでしょう?そうです、濃厚なんです、これ。
味噌つけめんとしては理想的な濃さ。ライトな味噌スープが出てくるとかなりヘコまされるけど、このスープは裏切りません。

ごはんにも合うし最高~。

ちなみに12月末まで。来月からは辛味噌(自分はスルー)、カレー味噌(興味あり)と続くらしいヨ。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区渋谷3-7-5 大石ビル 1F
営業時間:11:30~15:30/17:30~23:00(スープが無くなり次第終了)
定休日:日・祝

◆評価
麺:3点  汁:4点  具:4点  量:1点  +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

中華ソバ 櫻坂@渋谷(12)

渋谷のお客様各位に年末のご挨拶。

櫻坂に行く直前のアポでの雑談。(ちなみに自分がおいしいつけめん屋として大プッシュしオススメしたお客様)

お客様曰く、「櫻坂は食いすぎてもう、飽きました。」

なんと贅沢でもったいない話しなんだろう、うらやましい。OKAZAKIは行かない方がいいこと、櫻坂意外だと凪がおいしいと思うことを伝え、自分は2ヶ月ぶりの櫻坂へ。

あれ?「つけソバ750円」??

まさかの50円値下げにビックリしつつも、少し嬉しくなり、「ライス50円」も追加でオーダー。

値下げ理由は麺見て納得。上のピンボケ写真からもわかるとおり、極太自家製麺はやめた模様。

そして量も元に戻した模様。

しかし、味には一片の曇りなし。

いつもどおりの美味しいスープでつけめん、つけライスを堪能。スープ割りせずにライスだけでガツガツいきたくなるこの出来は最強といっても過言ではない。自分の中では。

あと、知ったことじゃねーと思いますが、来年は採点基準を見直します。はい。

◆店舗情報
所在地:東京都渋谷区桜丘町17-10吉野ビル1F
営業時間:11:30~22:30 土・祝11:30~22:00
定休日:日・第1月

◆評価
麺:4点  汁:5点  具:4点  量:3点  +α:5点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

ラーメン東横@新潟

ラーメン東横@新潟
新潟出張帰りに最後のつけめん。最後に残しておいたラーメン東横に合流した上司と二人で訪問。

店構え、昭和の食堂。「引」「押」の字が消え、「いて下さい」「して下さい」ってなってるドアが笑える。

笑えたのもつかの間、店内には店員のおばちゃん&客のにーちゅん一人。…笑えない展開を予感。

メニュー見て予感はほぼ確信に変わり、顔も引きつる。味噌の店なのに和風ダシの醤油スープのつけめん。何故?

これはやばい、と思い上司には強く味噌ラーメンをすすめる。店にくる前に「腹減ってる」って言ってたからマズいものは食べさせられない。さりげなく、かつ何度も味噌を猛プッシュ。食う前だがメニューの写真から間違いなく、おいしくはないことが感じとれる。だが、上司は自分と同じ「つけめん700円」を注文。

やあ無情。

一口目でオワタ、と心の中で叫んだ。

過去最低のマズさ。

つけめんなのに麺食べるのが苦痛という今日最後の孔明の罠。

ラーメンの麺使ってるのは大目に見よう、メニューの写真でわかったから。
でも、明らかに茹ですぎフニャフニャな麺出すのは飲食店やってるものとしてどうなのよ?

スープは説明書きどおり和風ダシの醤油スープだけど、微妙かつ辛み強すぎ。

具はスープに茹でたコマ切れ豚肉が入っており、メンマ、葱、炒りタマゴが別皿。
全て家庭的な味、プロの味ではない。なかでも炒りタマゴは微妙すぎる。つけめんに合わない上に、タマゴ同士がくっついてる素人料理…。

店出てすぐ上司に弁明。
チクショウ、ラーメンデータベース、ラーナビで新潟市中央区No.1の店である東横は、どうやら味噌ラーメン食べないと意味がない。
特に観光、出張で新潟いったついでにこの店行く人はお気をつけください。書き込みで支持されてる味噌にいくのが王道です。

◆店舗情報
所在地:新潟県新潟市中央区南笹口1-1-38 コープオリンピアア笹口1F

営業時間:11:00~22:00   日祝11:00~21:00  火11:00~15:00
定休日:無休

◆評価
麺:1点 汁:2点 具:1点 量:2点 +α:1点
合計:7点(25点満点)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラーメン亭我聞@新潟

ラーメン亭我聞@新潟

新潟つけめん、第二弾はラーメン亭我聞。いっとうやとは目と鼻の先(道はさんで斜向かい)

ここも郊外型ラーメン店で、駐車場がバカ広い。

迷わず「つけめん730円」。

麺はもちもちで旨みある中太麺。タイプは違うが、いっとうやよりこっちの方が好き。ちなみに麺上にはナッツがまぶしてある。

スープは魚介香るWスープ、バランスいいし、ウメーウメー。

スープ内のブロックチャーシューは柔らかくしっかり味が染み込んでいて旨い。柔らかめのメンマも普通にいい。

お会計後、サービスでお口直しのアイスがある。これは嬉しい。ひとくちサイズ雪見だいふくを貰い、口にポーンと放りこんで店をあとにした。

連食でなくベストコンディションで望みたい一杯。

◆店舗情報
所在地:新潟県新潟市中央区紫竹山3-3-30
営業時間:11:00〜21:30
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:4点 量:4点 +α:3点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンいっとうや@新潟

ラーメンいっとうや@新潟
新潟出張に合わせて前日入り以下の計画をプランニングゥ〜。

12/13(土)昼
阪神JF前日投票

12/13(土)夜
飲み会(ほどほどにして帰る)

12/14(日)朝
ガーラ湯沢で初滑り。

12/14(日)夜
新潟市へ移動。看板に書いてある店名が達筆過ぎて読めないと評判の孔明でつけめん堪能。ホテルで一泊。
ちなみに、自分、ニコ厨なんで一番興味ある店。店名w、テラ孔明の罠w、とコメ…もとい、書かざるを得ない。と文章のイメージを膨らます。

12/15(月)朝
ブログ等でよくとりあげられていたの我聞でつけめん。

12/15(月)昼
仕事。

12/15(月)夜
青葉インスパイア系のいごっそうで新潟つけめんフィニッシュ。

このプラン、土曜の夜までは順調だった。しかし、ここで孔明の罠(平たくいうと、不意打ち、よくわからってん人はニコ動で改造マリオシリーズを見ましょう)。
積雪量不足により山開き延期…。

つけめんのために前日入りする気分にならなかったので、つけめん連食→仕事→つけめん、という日帰りプランに変更。

朝、孔明の場所をケータイで調べる。
しかし、ここでまた孔明の罠。新潟駅から2.4kmという立地。他店からも離れているため、今回の出張での訪問を断念。(罠というか事前の下調べ不足)

いっとうやと我聞が近いことがわかったので、狙いをこの二店に定め、帰り際にラーナビDB、ラーメンで新潟No.1のラーメン東横(味噌ラーメンがメイン、つけめんもあるようだが圧倒的な味噌人気)に行くことにした。

まずは味的に一番期待してた、いっとうや。
連食なので先に旨いもの食っておこうという寸法。

店は駐車場完備の一軒家タイプ。席数もめちゃめちゃあるし、注文とる人も3人いる。
まさに郊外型ラーメン店。

店に入ると厨房から威勢のよい「ぃらっしゃいませ−!」、ホールからは愛想よい「いらっしゃいませぇ〜」の声。

「つけめん(大盛り)700円」をオーダー。ちなみに大盛り無料。

麺は平打ちで多加水。冷水でキューっとしめられており、水切り、盛り付けも丁寧。限りなく4に近い評価3。

スープは甘・辛・酸の三拍子揃ったタイプ。コレだけだとありきたりだが、大葉、みょうが加えることにより、サッパリ感を演出し、独特の味に仕立てている。

具はドデカ長い炙りチャーシュー、極太メンマ、味玉半分。味は普通にイケてるし、なかなかのボリューム。

これは、この後食べる新潟つけめんにも期待できそう。

◆店舗情報
所在地:新潟県新潟市中央区紫竹山3-5-23
営業時間:11:00〜22:00 (スープなくなり次第閉店)
定休日:無休

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 量:4点 +α:4点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

みそ膳 丸ノ内店@大手町

チェーン展開している、みそ膳が今日のお目当て。行くところなくて選んだのでなく、客先行ったあとに行くつもりで計画してた。

なぜなら、この前の火曜のめざにゅ~で丸の内の紹介されてたから。その昔(たぶん去年)つけめんTETSUを紹介していたぐらいだから、ラーメンマニアなスタッフがいて、選んできているんだろう、と考え訪問するに至った。

「ざるらーめん800円+ライス100円」を頼んだが、麺がらーめんの麺。いっきに冷めた。例えるならば、つけめんの麺をスープにジャブジャブつけ、後半に温くなったスープのごとく冷めた。

でも、いちおう食べた。お腹空いてたし。そしたら、それなりにいい発見が。

レタス2枚、もやし、メンマ、チャーシューって内容だったのだが、肉が旨い。とくにコラーゲンの塊部分。いい仕事してる、肉は。

しかし、全体的評価は低くせざるを得ない。

スープがライトな口当たりなのでイマイチ。自分の経験上での話しだが、味噌つけめんは濃厚でないと、イマイチ感極まりない。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区丸の内1-4-5 三菱UFJ信託銀行本店ビルB1
営業時間:11:00~23:00  土日祝11:00~23:00
定休日:無休

◆評価
麺:1点  汁:2点  具:2点  量:4点  +α:2点
合計:11点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

めん徳 二代目 つじ田@飯田橋

めん徳二代目つじ田@飯田橋
ハヤシライスを求めて九段下の津つ井を目指す。

なぜハヤシライスかというと、言わずもがな流星の絆。
ほとんどドラマにハマらない自分が久々に見てるドラマ。

つけめんブログで何故ハヤシライス?って疑問をお持ちでしょう?

だってコレ、前フリだから。(ジェロニモ風に)

では、話しを前フリのハヤシライスに戻します。

津つ井まで行ったところで、放心状態。閉店し他の店に変わってた。。途方にくれて飯田橋方面に歩いていくと、なんと、つじ田の飯田橋店ができていた!(ここに繋がるわけです、はい)

先日、本店で味をしめた、すだち絞りかけた麺の記憶が甦り、フラっと吸い込まれるように店内へ。

「つけめん880円+チャーシューごはん320円」

うーむ、まだ店が開店してまもないからなのか、味は本店より劣る。

しかし、何故に千代田区内に3店舗??

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区飯田橋4-8-14 1F
営業時間:11:00~22:00  土日祝11:00~21:00(スープなくなり次第終了)
定休日:不定休

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:4点  量:1点  +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

めん徳 二代目 つじ田@麹町

めん徳二代目つじ田@麹町

神田神保町店(実際は小川町が最寄り駅)には数度足を運んでいるが、本店は今回が初。

ここは並ぶ前に食券を買うルール。「つけ麺880円」

すだちを絞らずそのまま食べる。
うーむ、神田神保町店な時と同じく、大してグッとくる味わいではない。。

そこで、すだち。

今まではスープに絞り入れてたが、郷に入れば郷に従え、ってことで つじ田つけ麺流儀に従い、麺に絞りかける。

…間違っていた。

今までのつじ田は偽モノだった。麺をすだちの果汁でコーティングすることで、ほどよい酸味がつけめんにプラスされ、サッパリした口当たりになり、やたら箸がすすむ用になる。

ということは、浦和の匠も同じようにレモンを麺に絞りかければ凄くおいしいのかも、って考えが頭に浮かんだ。これは年末の帰省に合わせて匠訪問を考えねば。

…と話しが本線からそれたが、そういう事を考えてしまうくらい、この変化が素晴らしかったってこと。

具もレベル高めなので、皆様に是非オススメしたい。・・・とか言わなくても有名店ですけどね。(先に自分でつっこんでおきます)

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区平河町1-4-11
営業時間:11:00~15:30/17:00~21:30  土祝11:00~20:00
定休日:日

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:4点  量:1点  +α:5点
合計:18点(25点満点)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »