« ラーメン屋 OKAZAKI@渋谷 | トップページ | 中華そば 旋@北浦和 »

2008年10月26日 (日)

つけめん102@大宮

スノボの板・ウェア(パンツのみ)を探しに御茶ノ水、戸田を徘徊。

一緒に行ったT氏、S氏から色々助言を貰うが、結局、以下の理由により今日は購入せず。

板→発注可能か店からメーカーに問い合わせる必要あり。

パンツ→赤、緑で迷い買わず。

自分は消化不良感否めないウィンドウ・ショッピングだった。各々見たいものを見尽くしたため、車内で晩飯会議を開催。

会議中、きん@東長崎でつけめんに目覚めたT氏が102@大宮を提案してきて、思わずニヤリ。戸田から距離があるものの、行きたいと思い候補に入れていた店だったためだ。今日行かなくても来月実家に帰るときに行こうと思っていた。なにせ日暮里の名店つけめんTETSUが品川に続き出店した第三の店なのだから。

ということで、満場一致で102へ。(S氏は詳しくないので有無を言わさず)

ちなみに、戸田の八頭龍が第二候補でした。もし、行っているようだったら感想をメールでお願いします。>T氏

T氏の華麗なカー・ドライビングで戸田から大宮へ移動。

20時頃に着いたが、既に外に待ち行列7名(3組)。本店のTETSUと同じように、昼と夜とで違うメニューを出している。ここでは、昼は豚×魚介、夜は鶏×魚介、のつけめんが楽しめる。

T氏は昼の部は実食済みだそうで、先に食券を買うローカルルールを教えてくれた。TETSUと同じシステムだが、食券が店内にあるため、初訪問だとなかなか実践しづらいと思う。

20分弱程待ち店内へ。カウンター15席と席数は多いが人が一人ぐらいしか通れるスペースがないため、出入口以外にもうひとつ出口がある。

並んでいる最中にオーダーをとるため、席についてからわりとすぐに「味玉つけめん900円」が出てきた。

200810262050102

一口麺を啜っただけで、思わずニッコリ。

久々のパーフェクト・スープ。そして自分が今まで出会ったことのない味。

豚骨魚介スープの攻撃的な味わいと違い、優しいまろやかさが感じられるスープ。でも、インパクト十分な濃度、粘度があり、麺によく絡む。

間違いなく今年一番の味。

そのスープに投入する麺は、こしのある太麺。見た目どおり?旨い。これが300g盛っているのだからお得感がある。

しかも、分厚いチャーシュー一枚半、メンマ、ナルト入り。肉はかたパサ(かたくてパサパサ)したタイプであまり好みでなかったが、悪くはない。手間隙かけてる感じは伝わってきた。

メンマはごく普通のものだが、玉子はうまかった。

食べる前は800円だとちょっと高いな、と思っていたけど、麺、具のボリュームからすると妥当な、いや、むしろお得感すらあるコストパフォーマンスに優れた一杯、と評価。

大宮にあるおいしい動物魚介系スープの店では桜、蕾があるが、遥かに凌駕している。

つけめん不毛の地だった大宮が、まさかこんな大化けするとは思わなかった。

つけめん激戦区川越も捨て難いが、埼玉は今、大宮が熱い!!

◆店舗情報
所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-446小島ビル1号館1階
営業時間:11:00~15:30/18:00~22:00
定休日:無休

◆評価
麺:5点 汁:5点 具:3点 CP:3点 +α:5点
合計:21点(25点満点)

|

« ラーメン屋 OKAZAKI@渋谷 | トップページ | 中華そば 旋@北浦和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/26644424

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん102@大宮:

« ラーメン屋 OKAZAKI@渋谷 | トップページ | 中華そば 旋@北浦和 »