« 牛すじ・野菜つけそば 竜馬@神保町 | トップページ | 麺屋一正@新宿 »

2008年5月 3日 (土)

つけ蕎麦 安土@高田馬場

ラーメン雑誌に載ってて、スゴく気になってた蕎麦屋、安土。

つけめんスープと蕎麦のコラボだと思い込んでいたが、ネットで調べてみたらつけめんというより、最近流行りつつある?ラー油入りのそばつゆにつけて食べる蕎麦に近いメニューであることがわかった。
港屋という西新橋(最寄り駅は御成門、虎ノ門)にある蕎麦屋がはしり(だと思う)で、神田〜神保町界隈で続々と店ができはじめている。
会社の近くにある、ひかりという店にちょくちょく行っているが、そんなにハマッているわけでもない。

妄想と違い、ちょっとガッカリだったが行きたい店には変わりないのでGW1日目の晩飯にすることにした。(ちなみにGWは久々に連チャンつけめん予定)
基本のつけ蕎麦はざるそば、豚肉入り、鶏肉入りの三種類。他バリエーションで豆乳、カレー、カレーチーズがある。
カレーチーズにかなり惹かれたが、初訪問なのでまずはつけ蕎麦豚肉でお手並み拝見、と心に決め暖簾をくぐる。

しかし、食券発売機みて愕然。
豚肉売り切れっ!

鶏肉は苦手(鶏肉のニオイ、脂身がダメ)なため、カレーチーズにすることも考えたが、基本メニューが食べたい、という気持ちに従い「つけ蕎麦 鶏肉 780円」の食券を購入。

同一価格で量を並(200g)、大(300g)、大大(350g)から選べる。自分は大大を選択。

無料のあげたまを皿に盛ったり、胡麻をすり鉢で擦って蕎麦が茹で上がるのを待つ。

結構待ったが、配膳された蕎麦&そばつゆ(スープ?)をみて、心の中でオッという声が出た。

200805032036

そばつゆ+ラー油の枠ではおさまっていなさそうなスープだったからだ。どうやら鶏ガラスープ、魚介スープも使ってるらしい。
盛り方も綺麗で食欲をそそり、いい感じ。

まず、そのままつけて食べる。辛い。でも、ひかりの単調な味と違い、プラスされたスープの効果で味わいに幅が出ている。
蕎麦が香り豊かでなかったのが残念だったが、胡麻をふりかけることで胡麻の風味が楽しめ、さらに、スープに生卵を投入することでマイルドな味に変化させられたりと、最後まで楽しませてくれる一杯だった。

最後にもうひとつコメント。

鶏肉は嫌なニオイなく、脂身(皮)もなく旨かった。まあ、理由は部位がささみだったからなんだけど。
香味揚げ、とかなんとかだったと思うが、和風チキンナゲットって感じの味だった。

つけめんと比べるとインパクトは小さいが、結構よかった。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場4-18-9
営業時間:11:30~15:00/17:30 ~ 21:00
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

|

« 牛すじ・野菜つけそば 竜馬@神保町 | トップページ | 麺屋一正@新宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/26643920

この記事へのトラックバック一覧です: つけ蕎麦 安土@高田馬場:

« 牛すじ・野菜つけそば 竜馬@神保町 | トップページ | 麺屋一正@新宿 »