« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の8件の記事

2008年5月29日 (木)

そば処 港屋@虎ノ門

最近流行ってきた、つけ蕎麦の聖地。

お客さんのビルのはす向かいの黒い建物が、有名店だったとは…

まさに灯台もと暗し。

お客さんが、訪問時間何時でもいいよー、て言ってたのでお言葉に甘えて13時アポ。
で、14時ちょい前に港屋へ。

「冷たい肉そば850円」の食券をレジで買い、列に並んで待つ。

内装オシャレな立ち食い蕎麦屋。奥に厨房で蕎麦を受け取り、真ん中にドデカイテーブルで食べる。

ひかりや安土とは違う、ホンモノのニュー・ジェネレーション・ソバを堪能。

蕎麦、そばつゆ、肉、全て旨い!

蕎麦通のアビリティーポイントが無きに等しい自分だが、それでも旨いって事実は認識できる。ちょい値が張るが、女房を質に入れてでも食べたくなる旨さ。(注:B級グルメとして)

港屋インスパイア系のひかり@神保町のつゆはラー油辛いし、つゆそのものがイマイチだが、ここはさすが本家、だしが違う。間違いない。

◆店舗情報
所在地:東京都港区西新橋3-1-10
営業時間:11:30~17:00/17:30~20:00
定休日:土日祝

◆評価
麺:4点 汁:5点 具:4点 CP:3点 +α:4点
合計:20点(25点満点)
※取り敢えず、ひかりを基準に採点。数こなして経験積んだら補正予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

麺屋 宗@高田馬場(12)

遅ればせながら宗の限定メニュー「トマト王子950円」

200805251152

今回の限定は、麺&スープにトマトを使ったまぜ麺。同じ野菜シリーズ?ではカボチャの王様が大ヒットだったので期待してた一杯。

去年はなかなかのペースで訪問していたが、今年はこれが初の宗。限定終了一週間前という状況になって今週行っとかないとまずい、と思い訪問。

紅白の平打ち麺(赤はトマトを練り込んだ麺、白はつけめんで使っているノーマル麺)が色鮮やかで、さすが宗の限定メニュー、と感心した。

まぜ麺としては薄めに味付けされている。トマト麺の味を楽しめるようにした配慮and/or後述するスープが強烈だからだと思われる。

ただ、麺があつもり?なのが残念。
つけめん=冷たい麺+熱々スープが最強と考えてる自分としては温かい麺はダルッとしてて好きじゃない。
やはり、冷水でキュッと締められた麺がいい。
まあ、このメニューはまぜ麺なのでつけめんじゃないと言えばそれまでなのだが。

次にスープ。辛みがちょい感じられるトマトスープ。濃厚魚介らしいのだが、味というフィールドをプリンス・オブ・トマトが完全に支配している。

最後に具。麺上にはここの定番といえる水菜、針唐辛子。合わせて、ほうれん草、鶏そぼろ。これらは特徴ないが、スープ内に潜んでいた肉はテームズ川で喧嘩マンを待っていたビッグザ武道の如く、まさに完璧超人。
ここの限定メニューの肉は自分の知るつけめん屋・ラーメン屋の中ではイチバーン。

値段など含めた総合評価でいうと、正直、同じトマト使ったメニューだと、ajito@大森のつけ麺ロッソには敵わない。けど、限定でこういう挑戦的でいて意欲的なメニューを出してくれることは大歓迎。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場1-4-21 サンパークマンション高田馬場B102

営業時間:11:30~15:00/17:00~23:00
定休日:第2日

◆評価
麺:3点  汁:3点  具:5点  量:1点  +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

つけそば屋 北かま@神保町(13)

久々に北かま「つけそば750円+半ライス850円+クーポン葱」を注文。


Image3841

最近、明大&日大の新学生、ここら辺一帯の会社の新入社員効果で昼どきは常に行列している。

この影響かどうかはわからないが味が落ちていた。もっと正確にいうと、スープが薄く味気ないものだった。(水切りのイマイチさは相変わらずだった)

残念でならない。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-24
営業時間:11:30〜19:00(売切れ次第終了)
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 量:3点 +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

青梅街道 大勝軒@南阿佐ヶ谷

酒を呑み、つけめんを喰らう。

デブ街道まっしぐら。

ここの「もりそば700円」は劣化大勝軒って感じ。

江古田とか新宿(十五夜)の方がいい。

◆店舗情報
所在地:東京都杉並区成田東5-40-10
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

◆評価
麺:2点 汁:2点 具:3点 CP:4点 +α:2点
合計:13点(25点満点)
200805182052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

つけ麺 蕾@大宮

埼玉から東京への帰路、埼玉県一の繁華街、大宮で途中下車。

以前訪問した桜の関連店、蕾を訪問。

「つけめん(中盛り)780円」。ちなみに並220g、中330g、大440gとのこと。腹ぺこや食いしん坊でなければ中で十分。サービス精神旺盛な量。

200805061447

味は桜と同じ(流行りを通り越して供給側が飽和してる感のある豚骨魚介+魚粉)。
桜より濃く脂多めに感じた。麺を浸け浸け繰り返すのに比例して、スープ内の脂が凝固し、背脂をふりいれたのかと見紛うほど白い粒々が出現する。
このあたりの仕様?は東京のつけめんだと、きん@東長崎が該当する。

具は平凡な感じで記憶に残ってない。

極太麺はちょいカタメだけどよかったと思う。

桜もだが現時点ではオリジナリティが感じられない。ただ、大宮駅近辺では上位のつけめんと思われる

駅近だし夜遅くまでやってるので、飲んだあとや仕事終わりに立ち寄れる方々にはよいかも。

◆店舗情報
所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-152-1
営業時間:11:30~15:30/17:30~22:30
定休日:日

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

らあめん波華@北浦和

交換したばかりの愛車(チャリ)のタイヤチューブがパンクして高田馬場から家まで1時間強歩かされたり、天皇賞でサムソン切ったら二着に来たり、かしわ記念ではブルコンがボンネビルに差し切られたりと、運のなさを感じるGW。

実家帰るついでに浦和で途中下車してつけめん食べることにしてたが、上述の運のなさから不安なので二店ピックアップ。そしたら二店ともシャッター閉まっているという展開。

ここで引き下がるわけにはいかない、どげんかせんといかん!ってことでチャリで実家帰るときに行く予定だった隠し玉、北浦和の波華(はばな)に向かう。閉まってても自然洞って店へGO!という隙を生じぬ二段構え。(浦和はそれでも×だったけど。。)

北浦和着いたら雨降ってきたけど、これを折りたたみ傘で華麗に回避。
運気が下降線を描いていたが、周到な用意のお陰でそれをかわすことができた。
これはいい店に巡り会える予兆か?とか思いながら駅から徒歩三分。

波華に到着。

暖簾かかってるし、店内も明るい。

一安心。

「つけ麺」は200gで720円、300gで780円、400gで850円という値付け。基本的に未知の店で麺の量増やすのにお金使いたくない(まずかったときが悲劇)ので200gを選択。

200805051816

ワンパンチ足りない濃厚魚介スープに浅草開花楼の中細麺という内容。

渡なべを意識した内容で、メンマも気持ちゴツめ。メンマ好きの自分にとっては嬉しい。味も合格点。
肉はトロトロ、可もなく不可もなく。

最後のスープ割りはスープをしっかり温めなおしてくれたのが嬉しかった。

◆店舗情報
所在地:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-33-3 ピサロビル1F
営業時間:11:30~14:30/17:30〜21:00  土日祝11:30~19:00
定休日:火

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:3点 CP:2点 +α:3点
合計:14点(25点満点)

200805052055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋一正@新宿

新宿で行ったことない店の開拓。麺屋一正。

店内は昭和後期な古臭い内装。大理石のテーブルがスナックっぽさを漂わせている。訪問したことはないが、間違いなく以前ここにあったラーメンレストラン日高のままと思われる。

コストパフォーマンス悪そうな、「つけそば並盛(170g)820円」を異国人の店員さんに注文。

200805041405

思った程悪くなかったが、微妙であることは間違いない。
敢えて感想はかかないので気になる方はどーぞ。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区新宿3-17-11
営業時間:11:00〜24:15  日11:00〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:2点 汁:2点 具:2点 CP:1点 +α:2点
合計:9点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

つけ蕎麦 安土@高田馬場

ラーメン雑誌に載ってて、スゴく気になってた蕎麦屋、安土。

つけめんスープと蕎麦のコラボだと思い込んでいたが、ネットで調べてみたらつけめんというより、最近流行りつつある?ラー油入りのそばつゆにつけて食べる蕎麦に近いメニューであることがわかった。
港屋という西新橋(最寄り駅は御成門、虎ノ門)にある蕎麦屋がはしり(だと思う)で、神田〜神保町界隈で続々と店ができはじめている。
会社の近くにある、ひかりという店にちょくちょく行っているが、そんなにハマッているわけでもない。

妄想と違い、ちょっとガッカリだったが行きたい店には変わりないのでGW1日目の晩飯にすることにした。(ちなみにGWは久々に連チャンつけめん予定)
基本のつけ蕎麦はざるそば、豚肉入り、鶏肉入りの三種類。他バリエーションで豆乳、カレー、カレーチーズがある。
カレーチーズにかなり惹かれたが、初訪問なのでまずはつけ蕎麦豚肉でお手並み拝見、と心に決め暖簾をくぐる。

しかし、食券発売機みて愕然。
豚肉売り切れっ!

鶏肉は苦手(鶏肉のニオイ、脂身がダメ)なため、カレーチーズにすることも考えたが、基本メニューが食べたい、という気持ちに従い「つけ蕎麦 鶏肉 780円」の食券を購入。

同一価格で量を並(200g)、大(300g)、大大(350g)から選べる。自分は大大を選択。

無料のあげたまを皿に盛ったり、胡麻をすり鉢で擦って蕎麦が茹で上がるのを待つ。

結構待ったが、配膳された蕎麦&そばつゆ(スープ?)をみて、心の中でオッという声が出た。

200805032036

そばつゆ+ラー油の枠ではおさまっていなさそうなスープだったからだ。どうやら鶏ガラスープ、魚介スープも使ってるらしい。
盛り方も綺麗で食欲をそそり、いい感じ。

まず、そのままつけて食べる。辛い。でも、ひかりの単調な味と違い、プラスされたスープの効果で味わいに幅が出ている。
蕎麦が香り豊かでなかったのが残念だったが、胡麻をふりかけることで胡麻の風味が楽しめ、さらに、スープに生卵を投入することでマイルドな味に変化させられたりと、最後まで楽しませてくれる一杯だった。

最後にもうひとつコメント。

鶏肉は嫌なニオイなく、脂身(皮)もなく旨かった。まあ、理由は部位がささみだったからなんだけど。
香味揚げ、とかなんとかだったと思うが、和風チキンナゲットって感じの味だった。

つけめんと比べるとインパクトは小さいが、結構よかった。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場4-18-9
営業時間:11:30~15:00/17:30 ~ 21:00
定休日:日

◆評価
麺:3点 汁:3点 具:4点 CP:3点 +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »