« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の6件の記事

2008年2月24日 (日)

西永福駅前 臨機@西永福

今週末の一杯は久我山の甲斐。

…の予定だったが、強風で電車遅延&行列必至により、次の予定に間に合わないと判断。

西永福にある臨機に変更。大久保の弟子の店(店名失念)はイマイチだったがホンモノを味わいたいと思っていたので、この変更は大して痛くない。というかどっちの店でもよかったというのがホンネ。

あんまり乗らない井の頭線、一回も下車したことのない西永福に降り立つ。

永福町といえば、自分の中では永福町大勝軒ってイメージが強い。暖簾である梅ヶ丘大勝軒によく行っていた。今は閉店し、勝やと店名を変え弟子が切り盛りしているらしい。

あの昭和な、そして煮干しが前面に出た味わいの中華そばが好きだった。

永福町大勝軒の話しが長々と続きそうなので、その想いを綴るのはここまで。ここからは臨機のレビュー。

食べたのは「つけ麺(大盛300g)800円」。

200802241319

つけ麺ガンジーなるカレーつけ麺も魅力的だったが、基本のスープで楽しみたいという気持ちが強かったので、こちらをオーダー。

魚介と野菜のみで作ったスープらしいが、これがグー(^3^)g
豚骨魚介Wスープ全盛のこの時代にあって、敢えてこれで勝負するってのがいい。
当然のことながらインパクトはないがホッとする味わい。あとひく野菜の旨み、甘み。

麺はツルツルシコシコした平打ち麺。丁寧な仕事してるし、うまいし、言うことナッシングー(^3^)g

値段の割に量が少ないのが残念だが、具のレベル(細かく切った炙り焼きチャーシュー、小さめにカットされたメンマ)も高く、スープ割りも旨い。行列もないので、近所にあれば結構通いたいお店。

と、ベタ褒めしたものの何か物足りなさを感じたのも事実。(よって+αを-1点にした)垢抜けるためには、もうひとつ趣向を凝らした何かがほしいところ。
もしかしたら、それはガンジーなのかもしれないし、つけライスなのかもしれない。
ということで時期未定ながら必ず再訪する店リストにリストアップしておく。

◆店舗情報
所在地:東京都杉並区永福3-35-8
営業時間:11:30〜15:00/18:00〜23:00(スープ終了時閉店)  日祝11:30〜21:00(スープ終了時閉店)
定休日:無休

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:4点  量:2点  +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡なべ@高田馬場

晩飯は今年初の宗かなー、と考えながら高田馬場のサンマルクカフェで読書。

世界ぐるっと朝食紀行という本。写真家であり文筆家である筆者が世界各国で食べた朝食について、その土地柄、その国でのエピソードを朝食中心に綴った本。

読んでると唾液が出てきて食欲が増す便利な一冊。

コーヒー(ブラックのL)、チョコクロ1個で2時間ほど居座る。

お腹が空いたのを確認、つけめんを目指す。席を立つときには昼飯に引き続き予定変更していた。
ただし、今回は昼飯のように環境的要因で変更したのではなく、 ただの心変わり。

渡なべの濃厚な魚介スープのつけめんが無性に食べたくなったからだ。

閉店ギリギリに滑り込みで入店。先客1名のみ。
当たり前のことながら待ち時間ほとんどなしで晩飯にありつけた。

2年ぶりに「味玉つけ麺900円」と対面。その出で立ちからして雰囲気が出ている。

200802242105

スープはかなりこってり。でも味はどう考えてみても動物系ではない。完全に魚介系が支配してる。
ラーナビによると豚骨スープに宗太鰹、鯖などの出汁をを加えているとのこと。うろ覚えだが、通常の5倍の鰹使ってスープ作ってる、とかなんとかだった気がする。
魚介系なのに唇がベトつくほどに濃い。よって、太麺によく絡む。麺が引っ張ってくるというより、スープが麺に纏わり付いてくるイメージ。
このこってりなのに魚魚魚ってスープが味わいたくなり宗から渡なべに変更したが、実は一度もこのスープを素直に旨いと思ったことがない。系統違うがスープとしては上品な宗の方が好み。
でも、何故か惹かれるものがある特徴あるスープ。

店じまいの時間で店員さんがお疲れだったのか水切りが甘かったのが気になったが、麺は存在感のある太麺で、弾力のある心地よい噛み応え。
味玉、チャーシューも旨く、ペロッと平らげ颯爽と店を後にした。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場2-1-4
営業時間:11:00〜21:00(スープなくなり次第閉店)
定休日:不定休

◆評価
麺:3点  汁:3点  具:4点  量:2点  +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

つけそば屋 北かま@神保町(9)

小麦値上げという緊急事態。

今のうちにつけめんを食べまくろう!

と短絡的な考えで北かま訪問。

「味玉つけそば+大盛り950円」を注文、麺で腹いっぱいになった。

3月10日の健康診断までに5キロ減を目指しているが、つけめん食べまくると達成が限りなく不可能になるというもどかしさ。

とりあえず、3月10日までは週3杯まで(多過ぎ?)という縛りをつけて生活することにする。


◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-24
営業時間:12:00~18:00
定休日:日

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:4点  量:3点  +α:4点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

つけ麺屋 桜@大宮

大宮駅を降りてニューシャトル(埼玉新都市交通って名前なのに田舎に向かって伸びているボロいモノレール)方面へ。

途中にジャーナル、ナノ、アローズなどメジャーなセレクトショップがあった。昔は新宿まで行かないと買えなかったけど便利になったものだ。

外に出ると風が強く、寒い。ダウンジャケット着てきて正解だ。
手をポケットに突っ込んで足速にニューシャトルと並行した通りを歩く。

暫く歩いていると道端に車が数台路上駐車されているのが見えてきた。

そして、その先には予想外の老若男女12名の列。覚悟を決めてなかっただけに一瞬怯む。
昨年11月オープン、自分の知る限りではあまりメディアに露出してないが、つけ麺屋桜は既に人気店らしい。

行列の最後尾に並び、小刻みに震えながら待つこと30分、L字型カウンター8席のこじんまりとした店内に入る。

「つけ麺750円(中盛)」の食券を買い、着席。

200802171352

店主一人で切り盛りしているが、手際よくひとつひとつの仕事をこなしている。

さらに10分程待ったところでスープと麺が配膳される。隣のオジサンの並盛、斜向かいの兄チャンは大盛だったが、目測だけでも大盛は並盛の倍はあった。これで同額なのだからお得感がある。
推測するに、並200g、中300g、大400g(もっとあるかも)と思われる。

噛み応えのある極太麺はインパクト大。どこの麺なのか気になるが標準以上。

この麺を浸けるスープは見た目ライトな感じ。
大崎の六厘舎に似てるという書き込みをラーナビで見ていたが、濃さが違う。どちらかというと錦糸町の璃宮に近い、サラっとした普通のスープ。
とはいえ、濃厚魚介豚骨Wスープとうたっているだけのことはあり、口あたりが軽いだけで味は濃いめで旨い。スープが麺を活かしきれていない感は否めないが、優等生な流行りの味。

また、スープ割りもなかなかよい。塩辛さが削ぎ落とされた、ほんのり柚子が感じられるまろやかなスープに舌鼓。この柚子の量が絶妙で好感が持てた。

JR大宮駅近辺はつけめん不毛地帯だったが、とうとう真打ちが現れたという感じがする。
まだまだ伸びる可能性を秘めた店だと思う。また再訪して確かめたい。

◆店舗情報
所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町3-90-1
営業時間:11:30〜15:00 /17:30〜23:00
定休日:月

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:4点  量:4点  +α:3点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

創新麺庵 生粋@神保町

神保町店のみの30食限定メニュー「秋刀魚鶏白湯つけ麺780円」が本日の昼飯。



見てのとおり色彩豊かなカラフルつけめん。(手ぶれ、すみまめーん)

赤、黄共にパプリカと思いきや、なんと黄はたくあん。これにはびっくりした。

弾力ある噛み応えの中太麺をスープにつけて啜るわけだが、パプリカ&たくあんが麺に絡まり、モチッ、サクッ、ボリッとした三つの食感が楽しい。
それだけでなく、たくあんがつけめんスープと以外に合うのが新しい発見だった。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区神田神保町1-54-3 原田ビル1F
営業時間:11:45〜15:00/16:30〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点 汁:3点 具:3点 量:2点 +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

六角家 御徒町店@御徒町

御徒町歩いてたら、ラーメン横丁なるものを発見。興味本位で入ってみる。有名店のチェーン店がパラバラ入ってるラシイ。青葉、六角家、匠屋。なぜか銀河高原ビールのお店も入ってる。メニューにラーメンがないのに何故あるのかは不明。

水道橋の田中が間違った方向につけめんをリニューアルしてしまい、食べたいときに家系つけめんが食べられなくなったのでこれ幸いにと六角家に入店。

「特製つけ麺850円+ライス100円」をあじこめ、かため(*)でオーダー。

(*)家系の定番オプションである好みに応じた注文
【正油味の濃さ】
あじこめ、ふつう、うすあじ
【スープの味の濃さ】
多め、ふつう、少なめ
【麺のゆでかげん】
かため、ふつう、やわらかめ

あんまりおいしくない。というか高い。お店の雰囲気そのままに覇気のないつけめんだった。

◆店舗情報
所在地:東京都台東区上野5-20-3 御徒町らーめん横丁
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休

◆評価
麺:3点  汁:2点  具:2点  量:2点  +α:3点
合計:12点(25点満点)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »