« 麺屋 宗@高田馬場(2) | トップページ | えぞ菊 動坂店@西日暮里 »

2007年8月12日 (日)

つけめん TETSU@西日暮里

日曜の昼。山手線は夏休み恒例のイベント、ポケモンスタンプラリーに夢中の子供で大賑わい。
そんな中、自分の心はつけめんTETSUに対する期待で大盛り上がり。

何故なら、前々から行きたい店リストに入れていた店の中で一番期待していたから。
旨いと評判&行列で有名な店で、テレビでもつけめん特集とあらば、必ず取り上げられる。つけめん特集でもないのに、めざにゅ〜の東京!ランチ☆パラダイス(略してラン☆パラ)で取り上げられた時は衝撃的だった。
そのあたりから今夏中に制覇!と心に決めていた。

12:10着で約1時間待ち。が、あと35分ずらして訪問してれば、15分待ちで済んだ。くるりに並んだ時もそうだったが、行列店は昼どきを外すに限る。

先に買った食券を店員さんに伝えているので、入店してすぐに「強麺つけ700円」が出てきた。

200708121303tetsu

強い麺というだけあって、こしがかなりある。太麺なのに芯の残った茹で足りてない麺でないのが凄い。
昴神角ふじのように意図的に芯が残るように茹でた麺とは確実に違う。

麺の旨味を頑者とかじゃんずと比較すると物足りなさを感じるが、特徴のある麺であることと、冷やした丼に麺を盛っている(夏にこの一手間は非常に嬉しい)ことから、同評価とした。

200g程度なので、+50円で大盛りにした方が吉。

この麺に負けていないのがスープ。21世紀主流の濃厚豚骨魚介だが、レベル高すぎ。動物系スープの比率が高めで濃厚でクリーミー、このため太麺との相性◎、温くなったら焼石投入で熱々に…ときたらケチのつけようがありません。
特に焼石は画期的。これにより、自分がつけめんの理想としている“熱々のスープに冷たい麺を浸ける”を実現できたのが何より感動した。
というのは、スープが温くなったところで投入が定石の焼石を早めに入れることで熱々スープのつけめんをたくさん楽しむことができたから。
※最初から十分熱いスープなので、物好きでないなら定石どおりに食べることをオススメします。

具は短冊切りチャーシュー、メンマのみ。チャーシューは肉々しくて味もしっかりしており自分好みだった。

近所にあったらヘビーローテーション必至の店。

◆店舗情報
所在地:東京都文京区千駄木4-1-14
営業時間:11:30〜15:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:月

◆評価
麺:5点  汁:5点  具:4点  量:3点  +α:4点
合計:21点(25点満点)

|

« 麺屋 宗@高田馬場(2) | トップページ | えぞ菊 動坂店@西日暮里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/7508645

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん TETSU@西日暮里:

« 麺屋 宗@高田馬場(2) | トップページ | えぞ菊 動坂店@西日暮里 »