« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の17件の記事

2007年8月26日 (日)

麺屋 宗@高田馬場(4)

麺屋宗にて限定メニューとして7月15日~7月28日まで市中(高田馬場)に赴かれ、昼夜それぞれ10名のみの謁見が許されていた「カボチャの王様900円」。

前回は王様が行幸なさるとの情報を得ることができなかった(というかHP知らなかった)ためお目にかかることができなかったのだが、今回とうとう謁見することができた。

そして、このお方こそがネット上で絶賛の声多数のキング・オブ・パンクラ...じゃなくてキング・オブ・パンプキン!いやさ、ロワ・デ・ポティロン!!

200708261715

麺は多加水の平打ち麺で推定200g。MURASAKIとかホワイトインドと同じもの。というか、王様の方が先に登場したから、前述の2つけめんが王様と同じだったてことか。
このモチモチ麺を冷製カボチャポタージュスープにつけて食べる。

一口食べての感想は、“美味!”
二口目で“これはつけめん?”
三口目で“アレ?ここってラーメン屋でしたっけ??”
四口目で“はっきり言ってこれはもうラーメン、つけめんの延長線上にあるメニューではない。むしろフレンチ系の創作料理。”
と自分の中で勝手に解釈、そして完結。ここからはフレンチつけヌードルを楽しむ。

カボチャのポタージュが麺とこんなにも相性がいいとは思わなかった。期待はしていたが、それ以上。熱々スープのつけめんが自分の好みなのだが、冷たいスープのつけめんで美味いって思ったのはこれが初めて。

具は香草を揉みこみチーズを中に包み一緒に焼いた大山地鶏、ローストトマト、スライスオニオン、水菜。中でも地鶏は最高に美味。ここの具材には訪問するたびに感服させられる。

最後にスープ割り用の豆乳を入れ、完全なるカボチャポタージュにして〆。

麺200gぐらいで900円なんて、CP悪すぎだろっ!て考えてはいけない。
900円出して一食する価値のあるつけめん。某オシャレスポットの某有名店のつけめんよりオシャレ度も美味しさも数段上。
ただし、スープが極少&麺絡み抜群なため、ペース配分に注意が必要。

こういう変わったつけめんをあまり食べたことがないのだが、今のところ、自分の中では変り種カテゴリつけめんの王様。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場1-4-21サンパークマンション高田馬場B102
営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00
定休日:第2日

◆評価
麺:4点  汁:4点  具:5点  量:1点  +α:5点
合計:19点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

台風。@茗荷谷

大塚まで来たのにこのまま帰るのは勿体ない。
ということで、茗荷谷の台風まで足を延ばす。

以外に近く、10分程度で到着。しかしながら、中休み中だったため少々暇つぶし。
東京ドームの周りをウロウロ。どうやら今日は都市対抗野球の日らしい。
LaQuaの中をウロウロ。
遊園地エリアとショッピングエリアがくっついていてタダで入れること初めて知った。

そんな無意味そうに思える時間を過ごし、満を持して?17:30に再度訪問。「まぜつけ。850円」をオーダー。客は自分ひとり。このため、若干躊躇しながら被写体を撮る。下手くそなのはいつものことだが。。

200708251745

まぜつけ。の“まぜ”は2種類の麺(細麺と太平打ち麺)が混ざってるの意。異なる2つの啜り心地、食感、喉越し、が一度に楽しめるのが面白い。

若干伸びすぎだったのと(固めなら最高だと思う)、水切りのあまさが気になったが、ドンブリを冷やしておく気遣いはとても嬉しかった。

スープは流行りの豚骨魚介系、濃いめ。ライムを搾って酸味をプラスできる。

具はかための短冊切りチャーシュー&かためのメンマのみ。味は特記事項なし。

CP悪いと思いきや、400gという大盛りっぷりでお腹一杯。スープ割りをすすめられたが、胃袋が悲鳴を上げていたため、“お腹一杯になったんで大丈夫です。おいしかったです、ごちそうさまでした!”と店を後にする。

店内はシックな感じでオシャレ。コップはカラフルでオシャレ。他にもピンク、イエロー、グリーンなコップもありオシャレ。しかし、メインのつけめんは男気溢れる一杯。

かなりポテンシャルは秘めてるお店だと思う。涼しくなってからまた自転車で訪問して確かめてみたい。

◆店舗情報
所在地:東京都文京区小石川5-34-6シャルマン小石川104
営業時間: 11:00-15:00/17:30-売切れまで
定休日:水

◆評価
麺:2点  汁:3点  具:3点  量:3点  +α:4点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多長浜ラーメンぼたん@大塚

まるきゅうらーめん@池袋の塩つけめんを本日の昼飯にする予定だったが、まさかの大行列。心折れるほどの並びっぷりだったので、あたかもラーメン屋の前に並ぶ人達を“物好きな人達がいるもんだ”って顔でその前を通り過ぎる若者の如き振る舞いで素通り。
正直、店閉まってるよりもショックだった。開いてるのに食べられない、このもどかしさ。

ヘコんでいても空いた腹を満たすことはできないので、他の店にターゲットを変更。夏季限定のつけめんを求め、大塚にあるぼたんを目指す。

池袋→大塚は道を覚えていなかったため、勘を頼りに、そして、明らかに遠回りし、数十分迷いに迷ってやっと到着。(ちなみに足はチャリ、それ以上早い乗物は所持しておらず)

店内は豚骨臭で満たされており、たぶん苦手な人はそれだけでダメな店。自分は経堂の百麺ファンだった(過去形)のであまり気にならず。

メニューを見づらいとこに座ってしまい、かつ、つけめんの“つ”の字も見つけられない状態で店員さんに“何にします?”と問われる。無駄に困惑しつつも勇気を振り絞り、「つけめん+ごはん950円」をオーダー。普通にオーダーが通り一安心。

200708251558

麺は豚骨つけめんにしては太めな中太麺(といっても、つけめんの中では細い部類)。麺上に氷が乗っており、麺を冷やす工夫が施されている。が、残念なことに、水切りのあまさとあいまって、最後は水浸し状態。簀の子が敷かれていれば高評価だったのに。おしい。

スープは劇的に濃い豚骨スープ。毒々しいしょっぱさだが、好きな人は好きだと思う。これも自分の許容範囲。つけライスする時はちょい浸け程度がちょうどよい。

具は、チャーシュー、メンマ、キクラゲ、ノリ、ネギ、と豚骨ラーメン定番の具材が別皿に盛られている。中でも肉の旨味をしっかり感じられるチャーシュー、シャキシャキとした面白い食感のメンマはオススメ。

会計時に100円割引券を貰ったが、つけめん終了したらまず行くことはないので、使えるかどうか微妙。

◆店舗情報
所在地:東京都豊島区北大塚2-12-3
営業時間:月~土11:30~翌2:00 日・祝11:30~23:00
定休日:無休

◆評価
麺:2点  汁:2点  具:4点  量:1点  +α:4点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

横浜家系ラーメン 田中@水道橋(3)

横浜家系ラーメン 田中@水道橋(3)
帰り道に田中で「つけ麺(中)+並ライス800円」をたべる。

スープが濃すぎるのが気になり(醤油ダレ入れ過ぎ?)、思わず白ゴマ投入。これではつけライスも楽しめない。

麺は固めでオーダーしてみたが、悪くはなかった。

他には、書くことない。。

◆店舗情報
所在地:東京都千代田区三崎町3-1-10水道橋ビル1F
営業時間:11:00〜22:00 祝11:00〜17:00
定休日:日

◆評価
麺:3点  汁:2点  具:2点  量:3点  +α:4点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

ぶらり@日暮里

日暮里でぶらり途中下車。ぶらり旅は敢えてせず(始めからその気なし)、ぶらりで「魚鶏百湯つけめん800円」を食べる。

200708192038

神田(最寄り駅は小川町)にある“きび”で修業した人が開いた店らしい。
3年前にきびで食べた梅塩つけめんは、その頃の自分にとっては高評価だったので、そこそこ期待していた。

その内容は麺200g程度、具もそんなに多くない(むしろ淋しい)、というもので、量的のみで見てみるとかなり強きに感じる。

が、味はなかなかのもので損した気分にはならない、水準以上のレベルのつけめん。

鶏百湯ってどーよ?と思っていたが、かなり濃いめなため、つけめんとして成り立っている。

チャーシューには鶏が使われており、茎わかめ?(ボリボリしてたから違うかも)など変わったものを使っており、新鮮だった。

◆店舗情報
所在地:東京都荒川区東日暮里5-52-5
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜23:30  土日祝11:30〜22:00
(スープ無くなり次第終了)
定休日:無休

◆評価
麺:3点  汁:3点  具:3点  量:2点  +α:4点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

フジヤマ製麺 高田馬場店@高田馬場

麺屋宗のホワイトインドには満足したのだが、如何せん空腹を満たすことができなかったため、すぐ側にあるフジヤマ製麺を訪問。ここは中野にある頑徹のセカンドブランド店で、中目黒店に次ぐ2店舗目。

まあ、頑徹や中目黒店との違いはないんだろうなとあまり期待はせず、満腹になればいいやという気持ちで「つけめん(大盛り)750円」をオーダー。

200708181814

予想通り、頑徹や中目黒店と同じで甘辛酸のスープに太麺。頑徹とフジヤマ製麺の違いは大雑把に言うとスープに柚子使っているか否かの違いのみ。
ちなみに高田馬場店は中目黒店よりも柚子控えめで好感が持てた。(中目黒店は入れ過ぎ)

具は小さめにカットされたチャーシュー、硬めのメンマ、ナルト。あまり量が入っておらず、チャーシューに獣臭さが残っていたことが気になった。

麺は並で200g、大盛りで300gなのだが、どちらも同額なのが嬉しい。当然お腹いっぱい。空腹を満たすという目的を達成できたので満足った。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場2-1-1
営業時間:11:00~15:30/17:00~23:00  土日祝11:00~21:45
定休日:無休

◆評価
麺:3点  汁:3点  具:2点  量:3点  +α:3点
合計:14点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 宗@高田馬場(3)

MURASAKIに引き続く限定メニュー、「ホワイトインド◆カレーつけ麺◆950円」をベストコンディションで食べるために計画を立てて生活。以下がその13時間の記録。

5:00
起床。卵かけごはん+黒豆を食べる。

5:50
モーニング・ラン。50分程度走り、5分程度歩く。
7:00
風呂入って寝る。寝たのは予定外。

10:30
へこみ起きる。ショックで30分ぐらい何もせず。時間の無駄遣い。

11:00
昼ご飯。ampmの菓子パン、メープルタルト。賞味期限ギリギリ。

11:05
お盆中休み中にやろうと思ったが暑くて出来なかった家の掃除をする。ひたすら、する。

15:30
掃除ひとまず終了。
微妙な時間。とりあえず読書で時間の帳尻合わせ。

16:45
機は熟したとばかりに、自転車を駆り高田馬場を目指す。

17:05
麺屋宗に到着。しかし、工事の関係で開店が30分遅れるとのこと。何の工事かは不明。

17:10
空腹を紛らわすために、エクセルシオールカフェでカフェモカのMサイズを飲む。食物は口にしない。

17:11
想定外の待ち時間が発生したため、この文章を書く。

17:45
再度、宗訪問。先客6名。一瞬ヒヤッとしたが、カレーつけ麺はまだあった。

18:00
実食。

200708181759_

このつけ麺、数十種類のスパイス使った本格カレースープというだけあって辛い。辛いものが苦手な自分にとってはアウトな辛さ。
にも関わらず完食できた。というのは、豆乳&生クリームを大量に使ってまろやかに仕上げており、辛いだけのスープではなかったから。
このため、苦手な部類なのに美味しく食べることができた。

具は豚バラを黒胡椒で焼いて冷ましたもの(旨い!)、水菜と人参のみ。あとは、箸休めのサラダ(レタス、水菜、ミニトマト)、最後のお楽しみ穀物米が添えられている。
この穀物米が最高で、最後に残ったスープの中に入れることでスープカレーとして楽しめる。麺なくても単品メニューとして成り立つと思う。
今は亡き福のれん神保町店の男前カレーつけ麺、最近食べに行ってない北かまのカレーつけそばのつけライスよりも確実に美味しかった。

ベタ褒めできるつけめんかというと残念ながらそうでもない。麺とのバランスがイマイチ。最後のスープカレーのために、そのままでもいける濃さのスープであるため。これは致し方なし。

麺の量が少なく(150gぐらい?)、コストパフォーマンス的には満足いかなかったが、スープカレーには大変満足した。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場1-4-21サンパークマンション高田馬場B102
営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00
定休日:第2日

◆評価
麺:3点  汁:4点  具:4点  量:1点  +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

つけめん あびすけ@日吉

城ヶ島(神奈川の右下)に行ったついでに、家系ラーメンが幅を利かせているこの神奈川の地で、つけめん専門店として気を吐いている、あびすけを訪問。神奈川でつけめん食べるのはこれで生涯5度目。

このブログの神奈川のカテゴリーにある過去訪問した3件(全て同日に訪問)と、ラー博に昔入っていた春木屋(たしか2004年)。それが食べた神奈川つけめんの全履歴。

いかに自分が東京都内しかウロウロしていないかがよくわかる。

この店では「味玉つけめん(大)750円」と「白めし100円」をオーダー。

200708151453

オーソドックスな魚粉をふんだんに使った豚骨魚介スープのつけめん。ここに太麺を浸けるわけだが、この麺がうどん的な食感、味。このため、好き嫌いが別れそう。

具は柔らかチャーシュー2枚、歯ごたえのあるメンマ数本。黄身がとろりとしたオプションの味玉を含め、至って普通。

追加で100円出した割にごはんの量が少ないなと感じたが、麺が300gあったので結果的にちょうどよい量だった。

ちなみに、つけライスが旨かったことは言うまでもない。

◆店舗情報
所在地:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-1-10
営業時間:11:00〜翌1:00
定休日:無休

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:3点  量:4点  +α:4点
合計:18点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

づゅる麺 池田@目黒

六厘舎かこちらかで迷ったが、日曜定休で行きづらく、何よりも未訪問だった、づゅる麺池田を選択し訪問。

この店の隣、その隣の隣
もラーメン屋という激戦区にあるのに、店内は満員。期待して「つけ麺(大盛り)750円」を待つ。

10分ほど経ち、つけ麺が配膳された。

200708131353

麺は見るからに加水低めの好みのタイプのもの。
食べてみると、多少モゾモゾ感はあるものの、やっぱり自分好みのものであった。
普通で250g、大盛りで370gらしいが、どちらも同額というのが嬉しい。

スープには短冊切りチャーシュー、メンマ、キャベツが入っている。また、麺上にあるグレープフルーツをスープに絞ることで酸味をプラスすることができる。(ただし、この使い方が店側の思惑とあっているのかは不明)
スープ自体があまりはっきりしない味であるため、麺に負けてしまっている感は否めないが、総合的にはおいしいつけめんの部類に入ると思う。

◆店舗情報
所在地:東京都目黒区目黒1-6-12
定休日:日
営業時間:11:30〜15:30/18:00〜23:00  土11:30〜17:00(スープがなくなり次第終了)

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:3点  量:4点  +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月12日 (日)

えぞ菊 動坂店@西日暮里

つけめんTETSUに行く途中に、“えぞ菊の挑戦、つけ麺、新登場。”って張り紙を見て気になっていたため帰り際に訪問。

「味噌つけ麺700円」並盛り210g、大盛り280g。大盛りはサービスらしいが連食なので自重。と言いつつ、味噌=つけライスってことで、お腹と相談せずライスを+100円でオーダー。。

200708121324

正直、自分の口には合わなかった。
というのは、自分が一番萎えるラーメンの麺とスープを分けただけのものだったから。

残念。

◆店舗情報
所在地:東京都文京区千駄木4-1-23
営業時間:11:00〜翌5:00
定休日:無休

◆評価
麺:1点  汁:1点  具:2点  量:3点  +α:1点
合計:8点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけめん TETSU@西日暮里

日曜の昼。山手線は夏休み恒例のイベント、ポケモンスタンプラリーに夢中の子供で大賑わい。
そんな中、自分の心はつけめんTETSUに対する期待で大盛り上がり。

何故なら、前々から行きたい店リストに入れていた店の中で一番期待していたから。
旨いと評判&行列で有名な店で、テレビでもつけめん特集とあらば、必ず取り上げられる。つけめん特集でもないのに、めざにゅ〜の東京!ランチ☆パラダイス(略してラン☆パラ)で取り上げられた時は衝撃的だった。
そのあたりから今夏中に制覇!と心に決めていた。

12:10着で約1時間待ち。が、あと35分ずらして訪問してれば、15分待ちで済んだ。くるりに並んだ時もそうだったが、行列店は昼どきを外すに限る。

先に買った食券を店員さんに伝えているので、入店してすぐに「強麺つけ700円」が出てきた。

200708121303tetsu

強い麺というだけあって、こしがかなりある。太麺なのに芯の残った茹で足りてない麺でないのが凄い。
昴神角ふじのように意図的に芯が残るように茹でた麺とは確実に違う。

麺の旨味を頑者とかじゃんずと比較すると物足りなさを感じるが、特徴のある麺であることと、冷やした丼に麺を盛っている(夏にこの一手間は非常に嬉しい)ことから、同評価とした。

200g程度なので、+50円で大盛りにした方が吉。

この麺に負けていないのがスープ。21世紀主流の濃厚豚骨魚介だが、レベル高すぎ。動物系スープの比率が高めで濃厚でクリーミー、このため太麺との相性◎、温くなったら焼石投入で熱々に…ときたらケチのつけようがありません。
特に焼石は画期的。これにより、自分がつけめんの理想としている“熱々のスープに冷たい麺を浸ける”を実現できたのが何より感動した。
というのは、スープが温くなったところで投入が定石の焼石を早めに入れることで熱々スープのつけめんをたくさん楽しむことができたから。
※最初から十分熱いスープなので、物好きでないなら定石どおりに食べることをオススメします。

具は短冊切りチャーシュー、メンマのみ。チャーシューは肉々しくて味もしっかりしており自分好みだった。

近所にあったらヘビーローテーション必至の店。

◆店舗情報
所在地:東京都文京区千駄木4-1-14
営業時間:11:30〜15:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:月

◆評価
麺:5点  汁:5点  具:4点  量:3点  +α:4点
合計:21点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

麺屋 宗@高田馬場(2)

麺屋宗の限定メニュー「MURASAKI醤油つけ麺(特盛)900円」最終日。食べ納めに開店一番乗り。

200708111142

相変わらず、オシャレつけめん。

そして、相変わらず美味しい。

詳細レビューは前回長めのを書いたので、本日は割愛。

ひとつ違いがあったのは、チャーシューが麺と一緒に食べやすいサイズになっていたこと。(=小さく、薄くなっていた)

追加で得た情報は、特盛で500gあるということ。

自分が食べてきた醤油つけめんの中では1、2を争う美味しさ。否、間違いなく1番。

甘辛い上品な醤油スープに何気にハマった。あのなんともいえない絶妙な甘みがたまらない。シンプルな味だけど、この完成度には脱帽。

限定なのが残念でならない。デフォルトメニューになったら、泣ける。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場1-4-21サンパークマンション高田馬場B102
営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00
定休日:第2日

◆評価
麺:4点  汁:5点  具:5点  量:3点  +α:5点
合計:22点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

麺酒肴 梯子@椎名町

麺酒肴 梯子@椎名町
昨日訪問予定も浮気してらー麺きんに行ってしまったが、今日はしっかり梯子を訪問。

住宅街の細い路地にあるお店だが、まったく迷わずに到着。ガラッと引き戸を開けて中に入ると、時間が時間なだけに数人先客あり。で、よーく見回してみると、お客の皆さん全員お酒を飲まれてます。

居酒屋って事前情報は得ていたけど、ラーメン(つけめん)オンリーのお客はいらっしゃらない様子。つけめんのみのオーダーは許されないのでは?という妄想プレッシャーに耐えられず、生ビールを注文。

普段は一人外でお酒を飲まないから、やっつけで飲むつもりだったけど、これがまた五臓六腑に染み渡る。ひとりだろうが飲み会だろうがどんなシチュエーションでも仕事終わりの生ビールは命の水であるということがよ〜くわかった。

ビールが1/3ぐらいになったところで「特製はしごつけめん650円」をカウンターごしに受け取る。

このつけめん、味の変化が楽しめるようにちょっと工夫が施されている。

ニンニクがアクセントになっている背油浮いた気持ち動物っぽい30種類の材料を使った無化調スープ。このスープがすごいのかというとそうではなくて、麺がすごい。硬めに茹でられた麺に醤油ダレが絡ませてある。これだけのことだけど、なかなかよかった。

スープに浸ける時間が長ければ薄味つけめん、短ければ濃味つけめんになる。そして、麺そのままは、シンプルな醤油ダレ味。麺に絡まった醤油がスープに溶けることで、スープは徐々に濃くなっていくという面白さ。

量はあんまりないけど、お酒と肴の〆にはうってつけの一杯だと思う。

◆店舗情報
所在地:東京都豊島区長崎1-18-21
営業時間:19:00~翌0:00
定休日: 火

◆評価
麺:3点  汁:3点  具:3点  量:3点  +α:4点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

らー麺きん@東長崎(3)

新規開拓で椎名町にある梯子に行くつもりだったが、急にきんの濃厚なつけめんが食べたくなり、すいーっと吸い込まれるように店内に入ってしまった。

辛つけめんなるメニューもあるのだが、辛いものが苦手なので、今日もまた「つけめん(大盛り)700円」をオーダー。

200708052042

確かに旨いんだけど、胃にダメージを及ぼすスープに少し飽きてきた(というか辛くなってきた)。しばらくは食べなくてもいいかな。

◆店舗情報
所在地:東京都豊島区長崎4-12-7
営業時間:12:00~15:00/18:00~翌1:00(売り切れ次第終了) 火18:00~翌1:00(売り切れ次第終了)
定休日: 月

◆評価
麺:4点  汁:3点  具:3点  量:4点  +α:3点
合計:17点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

天上らーめん本店@野方

本日の晩飯は天上ラーメンの「つけめん750円」。
この店、ラーメンデータベースの中野区のランキングで青葉についで2位らしい。

200708042301

加水率高めのつるっとした麺。ちょいと水切りがあまい感は否めないが、ギリギリ許容範囲。この手の麺を食べたのが前回の北かま以来久々だったので、なんか懐かしい?感じがした。

スープは豚&魚介のWスープ。魚粉を大量が投入されておりザラッと舌にまとわりつくので、好き嫌いが分かれると思う。自分は嫌いじゃない、むしろ好き。残念だったのは肝心のスープの味がぼやけていたこと。

具は小さめのチャーシューが4切れ程度スープに入っており、メンマ、白髪ネギ、ほうれん草が麺の横に盛られている。

麺が150g強ぐらいだったり、肉が寂しかったりとCPはよくない部類に入る。中野区2位なのは“ラーメン”なんだろうな、と思いますた。

◆店舗情報
所在地:東京都中野区大和町2-1-1
営業時間:12:00~翌2:00
定休日: 水

◆評価
麺:3点  汁:2点  具:3点  量:2点  +α:3点
合計:13点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺恋処 いそじ@代々木

昨日ラーナビで見つけた店、いそじでツケメンランチ。どうやら開店間もない店らしい。

店の説明をケータイで打つのが億劫なので、ラーナビの紹介文をコピペ。

---- ここから ----
イタリアン出身の店主が独学で作り出したラーメンは、動物系と魚介系をあわせたダブルスープ。見ためはこってりとした印象だが、あっさりしていて食べやすく仕上げられている。店主いわく、動物系素材に豚骨や鶏ガラだけでなく、牛骨や仔牛などを使っているのはイタリアンの名残とか。麺は自家製で、北海道産と九州産の小麦のほか、タピオカ粉をブレンドした滑らかな舌触りのストレートの太麺を使用している(中盛まで同料金)。
---- ここまで ----

ということで「つけめん(中盛)680円」をオーダー。

200708041542

麺はこしのある太麺315g。こしがあるというより、硬い。この前いった昴神角ふじ@新高円寺ほどではないが。

柚子の味わい、酸味が先行したタイプのスープは、フジヤマ製麺@中目黒を彷彿とさせるもの。わかりづらいので要約すると、柚子が強すぎる。柚子好きだから別にいいんだけど、ひと味違うスープを期待していただけに残念だった。

具はいたって普通な肉々しいチャーシュー、なんかの粉(魚粉?)が塗されたメンマ、のり。

イタリアン出身というバックボーンがあり、独学で作ったつけめんってことで期待していたが、無難に作った一杯、というのが感想。今後、もう少し何か冒険してくれると嬉しいかも。

◆評価
所在地:東京都渋谷区代々木1-14-5
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜日・祝日・第二、四月曜日(第四日曜日は営業)

◆評価
麺:3点  汁:3点  具:3点  量:4点  +α:3点
合計:16点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

古武士@新宿

古武士@新宿
閉店時間ギリギリに田中@水道橋の前で10秒ほど暖簾をくぐるかくぐまいか迷ってたら、それを察知したからなのかはわからないが、店員に看板の電気を消されてしまった。

電気消された(被害妄想?)ことがなんか悔しくなってきて、田中より断然旨い、きん@東長崎に行くことを決意! …したものの、あまりにもお腹空き過ぎて変な汗が滴り落ち出したため、新宿で下車。

そして、昔、歌舞伎町、アルタの横に店を構えていたがどちらも閉店し、昨年秋に小滝橋通りで復活した古武士を訪問。
ここで変な汗の根源を断つために「つけめん700円」と期間限定で無料提供中の大根おろしを食す。

麺は自家製麺の太麺。食感や茹で加減は悪くないが、水切りが悪い。

スープはモロ大勝軒系。甘味、辛味が先行してる感じだが嫌みがない分量。ありきたりな感じなので、大根おろしを麺に絡ませ味に変化をつけながら食べるのがGOOD。

具は固めでバラバラと崩れるタイプのチャーシュー(どの部位かはわからない)、メンマ、半茹卵。まあまあってところ。

閉店前の古武士に行ったのは5、6年前の話なので、はっきりとした比較はできないものの、いい意味で昔と変わらない感じだったと思う。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区西新宿7-4-6ストーク新宿井岡1階
営業時間:11:30~23:30
定休日:無休

◆評価
麺:2点  汁:3点  具:3点  量:4点  +α:3点
合計:15点(25点満点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »