« つけめん あびすけ@日吉 | トップページ | フジヤマ製麺 高田馬場店@高田馬場 »

2007年8月18日 (土)

麺屋 宗@高田馬場(3)

MURASAKIに引き続く限定メニュー、「ホワイトインド◆カレーつけ麺◆950円」をベストコンディションで食べるために計画を立てて生活。以下がその13時間の記録。

5:00
起床。卵かけごはん+黒豆を食べる。

5:50
モーニング・ラン。50分程度走り、5分程度歩く。
7:00
風呂入って寝る。寝たのは予定外。

10:30
へこみ起きる。ショックで30分ぐらい何もせず。時間の無駄遣い。

11:00
昼ご飯。ampmの菓子パン、メープルタルト。賞味期限ギリギリ。

11:05
お盆中休み中にやろうと思ったが暑くて出来なかった家の掃除をする。ひたすら、する。

15:30
掃除ひとまず終了。
微妙な時間。とりあえず読書で時間の帳尻合わせ。

16:45
機は熟したとばかりに、自転車を駆り高田馬場を目指す。

17:05
麺屋宗に到着。しかし、工事の関係で開店が30分遅れるとのこと。何の工事かは不明。

17:10
空腹を紛らわすために、エクセルシオールカフェでカフェモカのMサイズを飲む。食物は口にしない。

17:11
想定外の待ち時間が発生したため、この文章を書く。

17:45
再度、宗訪問。先客6名。一瞬ヒヤッとしたが、カレーつけ麺はまだあった。

18:00
実食。

200708181759_

このつけ麺、数十種類のスパイス使った本格カレースープというだけあって辛い。辛いものが苦手な自分にとってはアウトな辛さ。
にも関わらず完食できた。というのは、豆乳&生クリームを大量に使ってまろやかに仕上げており、辛いだけのスープではなかったから。
このため、苦手な部類なのに美味しく食べることができた。

具は豚バラを黒胡椒で焼いて冷ましたもの(旨い!)、水菜と人参のみ。あとは、箸休めのサラダ(レタス、水菜、ミニトマト)、最後のお楽しみ穀物米が添えられている。
この穀物米が最高で、最後に残ったスープの中に入れることでスープカレーとして楽しめる。麺なくても単品メニューとして成り立つと思う。
今は亡き福のれん神保町店の男前カレーつけ麺、最近食べに行ってない北かまのカレーつけそばのつけライスよりも確実に美味しかった。

ベタ褒めできるつけめんかというと残念ながらそうでもない。麺とのバランスがイマイチ。最後のスープカレーのために、そのままでもいける濃さのスープであるため。これは致し方なし。

麺の量が少なく(150gぐらい?)、コストパフォーマンス的には満足いかなかったが、スープカレーには大変満足した。

◆店舗情報
所在地:東京都新宿区高田馬場1-4-21サンパークマンション高田馬場B102
営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00
定休日:第2日

◆評価
麺:3点  汁:4点  具:4点  量:1点  +α:4点
合計:16点(25点満点)

|

« つけめん あびすけ@日吉 | トップページ | フジヤマ製麺 高田馬場店@高田馬場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/7585445

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 宗@高田馬場(3):

« つけめん あびすけ@日吉 | トップページ | フジヤマ製麺 高田馬場店@高田馬場 »