« 光麺 新宿歌舞伎町店@西武新宿 | トップページ | 竈@麺屋空海 渋谷店@渋谷 »

2007年7月16日 (月)

和風汁そば じゃんず@練馬

今日は朝から極太麺が食べたい気分だったので、昼飯にらー麺きんに行くつもりでいた。家出る前に店がやっているか不安になり、念のため定休日でないか調べたところ月曜定休だった。危うくシャッターが閉まった店の前まで行くところだった。近所で新規開拓する店を考えていなかったので、家から自転車で15分程度のところにある、じゃんずに久々に行くことにした。
(帰宅後、撮り貯めているつけめんの写真を見たら、ちょうど1年前の7月15日、16日に連続で食べに行って以来の訪問だということがわかった。)

12時20分頃に店に到着。さすがに人気店だけ6人行列してて20分待つことになった。
今回食べたのは「つけそば(極太麺)730円+とんがりごはん180円」。

200707161254

麺は細麺、平打ち麺、極太麺(限定)から選べる。つけそばのスープは濃い豚骨魚介スープなので、極太麺がベストマッチ。ただし、限定なので夕方にはなくなっている。
ちなみに、もうひとつのメニュー、梅塩つけそばには細麺が合う。

ここの麺は間違いなく自分の食べた麺のなかでも1、2を争う美味しさ。小麦の旨味・甘みを感じることができる凄い麺。歯ごたえはモチモチとモサモサの中間という、あいまいな食感だが、それはそれでなかなかいける。
何よりも麺の旨味がずば抜けていて、最近食べた頑者の極太麺を軽く凌駕していた。何で1年も訪問していなかったのか不思議なくらい美味い。

また、この麺には健康によいと言われるビール酵母が練り込まれているらしい。ただし、それが味に変化をもたらしているのかは謎。ビール酵母だけで食べたことないから何とも言えないが、とりあえずそれらしき味はわからなかった。

豚骨魚介スープは麺との相性もよく、バランスもとれていて優秀な一杯。スープ割りしても最後まで楽しめる味わい。

具は味はいいのだが、残念ながら量が少ない。短めの短冊切りチャーシュー(4,5本程度)、固めのメンマ(3,4本程度)、白菜の切れ端(2,3切れ)という内容。味にバリエーションが欲しい場合は、ちょい高いが+170出して特製(味玉、炙り焼きチャーシュー、メンマを追加)にした方がよい。

限定のとんがりごはん(端チャーシュー+刻みミョウガ+1/4味玉がのったごはん)はまあまあ。チャーシューはタレの味が強すぎてイマイチだが、チャーシューのタレが絶妙に絡んだごはんが甘く、とても美味しかった。

麺のおいしさを再認識したので近々再訪したい。

◆店舗情報
所在地:東京都練馬区豊玉北4-21-3
営業時間:11:30~14:30 17:00~スープがなくなり次第終了
定休日:火・水

◆評価
麺:5点  汁:4点  具:4点  量:3点  +α:4点
合計:20点(25点満点)

|

« 光麺 新宿歌舞伎町店@西武新宿 | トップページ | 竈@麺屋空海 渋谷店@渋谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184350/7165476

この記事へのトラックバック一覧です: 和風汁そば じゃんず@練馬:

« 光麺 新宿歌舞伎町店@西武新宿 | トップページ | 竈@麺屋空海 渋谷店@渋谷 »